ブログ

301リダイレクトの設定方法と302との違い

今さら聞けないリダイレクト基礎知識

リダイレクトとは、英語で「方向を変える」という意味ですが、IT分野においては、ページを訪れたユーザーを指定したURLへ自動的に転送する設定のことを表します。
リダイレクトには301と302がありSEO担当者も混同しやすいため、正しい知識が必要です。

本記事では301/302リダイレクトとは何か、それぞれの違いと設定方法について解説します。

301リダイレクトとは?

301や302というのはW3Cが定めるステータスコードの一種で、301や302はリダイレクトを意味します。
301リダイレクトは、Permanent Redirect(恒久的な転送」を意味し、サイトやページを完全に移動させることです。
SEOにおいては、Googleに移転先のURLを伝えることができ、元のURLの評価PageRank(ページランク)を引き継ぐことから、築き上げた評価を下げることなくページを移動させることができます。
引越しで例えると、元の住所から完全にいなくなるので、住民票を移すと同時に記載されていた情報も、新しい住民票が引き継ぐイメージです。
仮に、転送設定を行わないで別の場所に移動してしまうと、以前の住所しか知らない人は、そこを訪れたときに誰もおらず、どこに移動したのかわからないため、移動先を訪ねようがありません。
ページがなくなってしまうだけでは評価も失われてしまうため、301リダイレクトを設定し、新しいサイトにユーザーを誘導するとともに、ページ評価も正しく引き継ぐ必要があります。

302リダイレクトとは?

302リダイレクトは、301リダイレクトと同じくGoogleの検索エンジンに対してサイトの移転を知らせることができますが、恒久的な転送である301リダイレクトと異なり、一時的な転送(Temporary Redirect)を意味します。

そのため、近い内に本来のページに戻ること前提とした引越しのような意味合いで、メンテナンスを行うときや、サーバーに何らかのトラブルが起きたときなどに使われていました。
ただし、後述するように現在では302の仕様が変更されています。

301と302の使い分けは?

2017年にGoogleより、リダイレクトについて仕様変更が発表されました。
かつては301リダイレクトとの違いとして、302リダイレクトは、転送前のページを評価し続け、ページランクは移転先のページに引き継ぐことはないと言われていましたが、現在では仕様変更が行われたことに伴い、引継ぎがされるようになったのです。
これにより、現在では301、302どちらのリダイレクトを設定しても、ページランクは引き継がれます。

また、301と302の使い分けについては、Google側の推奨はなく、好きなほうを使ってよいと発表されています。
上述したように、301と302のどちらを設定してもPageRankを失わないことからも、使い分けに関して気にする必要はなくなりました。

それでもどちらを使えばよいかという質問に対しての答えは、移転先URLを今後ずっと使い続ける予定なら301を使用したほうがいいでしょう。
理由はSEO上、移転が認識されるまでの速度の問題です。
元のURLの持つ評価を転送先に譲渡することは301/302とも同じですが、検索エンジンが移転したことを認識し処理するまでの速度が301の方が速いからです。

なお、W3Cの定義によると、現在の302はかつてのTemporary Redirectではなく、Found(発見した)となっています。
302の本来の意味である、一時的な転送以外での目的で使用するウェブマスターが増えたためと言われており、Googleもこうした事情を受けて仕様を変更した可能性があります。

リダイレクトを設定する方法は?

リダイレクトを設定する方法はいくつかありますが、「.htaccess」というファイルを用いて設定するのが一般的です。

詳細な設定方法については以下の記事をご覧ください。
htaccessによるリダイレクトの設定方法
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/htaccess-redirect

まとめ

何かしらの理由でサイトの移転が必要な場合は、必ず301リダイレクト、もしくは302リダイレクトを設定します。
どちらも移転元ページのページランクを引き継ぐので特に意識して使い分ける必要はありませんが、恒久的な移転の場合は、処理速度が勝っている点を考慮し301リダイレクトを設定するようにしましょう。

『いまさら聞けないリダイレクト基礎知識』を無料でダウンロードする
リダイレクトの基礎と実践の2部構成資料を公開しておりますので、ぜひご活用下さい。
https://sakurasaku.satori.site/free-document/redirect/





無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP