ブログ

AMPページに広告を掲載するメリットと注意点

「AMP」という言葉をご存知でしょうか?
近年Webマーケティング業界ではAMPの導入が推奨されています。
サイトをAMPに対応させると、SEO対策上のメリットがあることから大手メディアサイトも取り入れているほどです。
AMPはSEO対策のみメリットがあると思われがちですが、広告にも大きな影響を与えることは、あまり知られていません。

本記事では、APM広告について分かりやすく解説します。

AMPとは?

AMPはAccelerated Mobile Pagesの略で、一言で説明するとスマホでページを開く時に高速表示される機能です。
仕組みの特徴としてJavaScriptは禁止で、さらにAMP専用のフレームワークを用います。
厳密に言うとJSも使えますが、専用のコードのみ使用可能でそれ以外は使えません。
表示の高速化ができる理由は、不要なコード排除しているからです。

AMPがリリースされた当初は、静的サイト向けの機能であることもあり、導入するのはブログやニュースを配信するサイトが中心でしたが、その後ECサイト向けのテンプレートも公開されたことで、AMP対応済のECサイトも増えつつあります。

このように、当初は静的なサイトのみ対応を推奨されていましたが、その後ECサイトでも対応できるようになったことから分かるように、AMPプロジェクトは現在でも進行中で、AMPページの制限は徐々に緩和されており、またできることが増えつつあります。

AMPがもたらす効果とは?

ファイルのキャッシュ

AMP導入によるWebページの高速表示化のメカニズムは、従来のHTMLとは違う特別なAMP HTMLとAMP専用JSです。
そして、AMP HTMLページをキャッシュするためにGoogle AMP Cacheの機能を用い、ファイルをGoogleがキャッシュすることで、高速表示を可能にしているのです。
Googleの公式アナウンスによると、従来のページ表示速度の4倍、データ転送量は1/10に軽減されることから、ユーザーにも非常にメリットがあります。

広告クリック率・売上上昇

また、サイトをAPM化することで、広告のクリック率、売上が上昇する事例が報告されています。
これは、AMP実装化ルールに沿って正しくスマホ用サイトを設定すれば、従来の約4倍のスピードでサイトが表示されることから、待機時間の長さからもたらされるユーザーのストレスを軽減させ、サイト離脱率が低下するからだと考えられます。
他にも、検索結果の下部に写真と記事がカルーセル表示されることから、ユーザーの目を引くことで、クリック率が高まるのです。

AMPページにも広告は掲載できる

AMPページには、広告の掲載も可能です。
やり方は、AMP HTMLのheadタグ内に、AMP広告タグである、タグを入れることで、表示されます。
ただし、広告を掲載してもAMPページに内に表示される他のコンテンツに比べて表示が遅くなることがあります。
それは、タグに読み込まれる広告がAMP非対応の場合です。
そうすると、ページを訪れたユーザーは広告をクリックせずにスルーしてしまう可能性が高くなってしまいます。

現在ではAMP形式の広告配信に対応済のプラットフォームもあるので、AMP`ページに広告掲載を検討する場合は、このこと考慮して、プラットフォームを選択しましょう。

また、AMPの機能も改良を続けており、ランディングページとしてAMPページを利用することも可能になり始めており、今度もAMPページは増えていくことが予想されています。

まとめ

スマホサイトを高速表示することで知られるAMPは、公開当初はニュース配信メディアサイトを中心に導入されていましたが、最近ではECサイトでも対応が進んでいます。
導入すると、従来の表示速度よりも4倍の速さになり、データ転送量も1/10に抑えられることから、ユーザーのストレスも軽減され、ひいてはクリック率などのコンバージョンの向上にも繋がります。
またAMP導入ページでは、広告も掲載可能です。
そして、ランディングページとしてAMPページを使用することも増えており、今後もその需要は増加することが予想されますので、今からAMPに関する知識を学ぶことをお勧めします。





無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP