SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEOに効果的なアンカーテキストの設定

アンカーテキストを設定することは、SEO対策において極めて重要です。
アクセスやクリック率の高いサイトを作成する上でも、アンカーテキストの最適化は避けては通れません。

今回の記事ではアンカーテキストの基礎的な理解とポイントについてご紹介します。

アンカーテキストとは

アンカーテキストとは、リンクが張られたテキストのことです。別名リンクテキストとも呼ばれます。

Web上にはさまざまなテキストが載っていますが、そのテキストにはリンク設定されたものがたくさんあります。一部のテキストだけ文字色が異なっていたり、下線が引かれていたりするように、テキストにリンクが貼られていて、クリックすると別のWebページに移動できるようになっています。

HTMLのタグを使用することでアンカーテキストを作ることができます。
例えば、<a href=”URL”>リンク先URL</a>とすることで、「リンク先URL」の部分がアンカーテキストとなり、リンク設定することができます。

アンカーテキストを最適化する必要性とは

アンカーテキストを最適化する必要性の一つが「ユーザビリティの向上」です。

ユーザーは使いやすいWebサイトを好み、その使い勝手の良さが、さらなるアクセス数の向上を生みます。使い勝手の悪いサイト、ナビゲーションの見にくいサイトは「利用したい」という気持ちを減少させてしまいます。とりわけナビゲーションメニューはそのサイトの基礎になりますから、いかにユーザビリティを考えたアンカーテキストを設定するかが重要になるのです。

アンカーテキストはユーザーだけでなく、検索エンジンに対しても「リンク先のページがどのようなものか」を伝える役割を持ちます。たとえばアンカーテキストの文字が「リンクはこちら」という言葉だけなら、リンク先の内容がよく分かりません。しかし、アンカーテキストの言葉が「SEO対策のポイント」ならば、リンク先の内容がすぐに理解できるでしょう。

検索エンジンは常に情報収集(クローリング)を行っていますから、適切なアンカーテキストを表示することはSEO対策では必要なことなのです。

効果的なアンカーテキストを作成するためのポイントは?

単にアンカーテキストを設定するだけでは適切なSEO対策になりません。そこで効果的なアンカーテキストを作成するための基本的なポイントをご紹介します。

リンク先がわかるテキストにする

アンカーテキストの言葉が「こちらをクリック」とか「詳細はこちら」といったものではリンク先の内容が分かりません。リンク先のページの内容が分かるように「SEO対策のポイントはこちら」「SEO対策の基本ノウハウ」など、ページの意味が分かる言葉を設定しましょう。

説明が長すぎるのもNG

リンク先の説明といっても、あまりに長すぎると検索エンジンの情報収集や理解が遅れてしまう可能性があります。だらだらと長いアンカーテキストではなく、狙っているキーワードを含めたページの内容を押さえた簡潔なアンカーテキストがベストです。

キーワードは必ず含める

当然のことですが、キーワードを含めたアンカーテキストを設定すれば、それだけ検索エンジンに正しく評価されるようになります。例えば、ブログの作り方を説明するコンテンツであれば「ブログ 作り方」「ブログ作成 始める」といったキーワードを含めれば、それだけ検索でヒットする可能性は高くなるわけです。

キーワードを分散させる

いくら検索エンジンに評価されたいからといって、狙っているキーワードばかりを詰め込むとあまりにも不自然に見えてしまい、逆に検索エンジンから評価されなくなり、またはGoogleからペナルティを受けることがあります。キーワードは適度に分散させ、不自然にならないことが大切です。

SEO対策における適切なアンカーテキスト設定は、基本的かつ重要なものです。徹底したアンカーテキストの最適化は、サイトのアクセスアップに確実につながることでしょう。

一つ一つのアンカーテキストを細かく吟味し、いかにユーザビリティを向上できるか、いかに検索エンジンに評価されるかを考えていきましょう。

2020年7月16日監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top