SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

パンくずリストにjavascriptを使う際の注意点

SEO対策の中でもパンくずリストの設置は基本であり、ユーザーのためにも必ず行いたい施策です。
ですが、サイト運営者からはパンくずリストの設置が難しいと言った声も聞こえてきます。

本記事では、パンくずリストに関する基本的知識やパンくずリストにjavascriptを使う際の注意点について解説しますので、参考にしてください。

パンくずリストとは

パンくずリストとは英語で「breadcrumbs(ブレッドクラム)」と言い、パン粉、パンくずを意味します。
Webマーケティングの世界で使われるパンくずリストは、ページを訪れたユーザーに、現在自分がサイトの中でどこにいるのかを分かりやすく伝えるナビゲーションリストのことです。
パンくずリストは、通常ページの最上部に表示され、トップページを最上階する階層順にページを表示し、それぞれにリンクを設置します。
パンくずリストがあると、ユーザーは迷うことなくサイト内を移動することが可能になることから、ユーザービリティを高めると同時にSEO対策にもなります。
パンくずリストがあれば、検索エンジンのクローラーがサイト内をスムーズに巡回できるため、ページ内コンテンツを適切に評価することになり、その結果Googleからの評価も高まり検索結果に良い影響をもたらすのです。

パンくずリストを設置するメリット

上述の通り、パンくずリストはユーザーの現在地を視覚的に知らせる役割を担います。
サイトを訪れるユーザーは、毎回トップページからアクセスするとは限らないため、パンくずリストを設置する意味は非常に大きいです。
また、コンテンツが沢山ある比較的大きなサイトでは、階層も深くなることが多いです。
コンテンツが充実しているサイトは、読み応えがあり魅力的な反面、階層が深くなりすぎるとユーザーが自分の位置を見失いがちになります。
そのような大規模サイトの場合に、パンくずリストはユーザーの大きな助けになるのです。

そして、パンくずリストはGoogleの検索結果画面上にタイトルの下部に表示されることから、サイトを訪れる前段階で、ユーザーに目的のページへたどり着きやすくする効果もあります。

その他にも、階層を示すテキストにはリンクを設置(アンカーテキスト)することでSEO対策にもなるのです。
アンカーテキストにキーワードを含むことで内部リンクが整備され、ユーザービリティを重視するGoogleアルゴリズムからも高評価を獲得できます。

javascriptでパンくずリストを設置する際の注意点

Webサイト構築をある程度経験積まれている方の中には、javascriptで動的なパンくずリストを設置してみたい方もいらっしゃるでしょう。
ですが、javascriptでパンくずリストを設置する際には注意が必要な点があります。

Googleで javascript の実行は可能ですが、認識が遅れる場合があるのでパンくずリストを設置する際は、テキストで記述することを推奨します。

また、Googleのクローラーにパンくずリストを認識させる手助けを行うため、構造化データでもパンくずリストを記述しましょう。
構造化データは、検索エンジンがページ内の情報を認識しやすくするようマークアップ行うことで、リッチスニペットとして検索画面に表示されるという特徴があります。
そして、構造化データはjavascriptでは記述が出来ないので、テキストを用いなければなりません。

以上のことから、SEO的な観点で見ると、パンくずリストの設置にjavascriptは使わないほうが賢明です。

まとめ

Webサイト運営には欠かせないのがパンくずリストです。
ユーザーがどのページにいるのかを視覚的に素早く伝えることができ、クローラーの巡回速度を高める効果があるので、数ある内部SEO施策の中でも重要になります。
また、パンくずリストを導入する際の注意点としては、javascriptを用いずテキストでの記述をお勧めします。

無料メルマガでSEO関連情報を手に入れましょう!

パンくずリストはクローラーにサイト構造を理解させるうえで必須の要素となります。
基本的にはPC、スマホどちらにおいても設定し、合わせて構造化データでマークアップを行うことが推奨されます。

こうしたSEO上の推奨要素や最新情報をサクラサクラボでは無料メルマガで発信中!

どなたでもお名前とメールアドレスのみで簡単に登録がいただけます!

↓↓↓メルマガ登録はコチラ↓↓↓
 

2020年7月8日監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top