ブログ

パンくずリストとは?SEOで重要な理由と設定のポイント

パンくずリストとは訪問者がホームページ全体のどの階層にいるのかを内部リンクで示すリストのことです。

パンくずリストイメージ画像

「パンくずリスト」という呼び方は、童話『ヘンゼルとグレーテル』で主人公たちが迷子にならずに戻ってこられるようにパンくずを置いていったことが、由来となっています。
パンくずリスト辿っていけばスタート地点に戻ることができますから、パンくずリストはサイトの道案内の役割を果たしていると言えます。

パンくずリストがSEO対策で重要な理由

パンくずリストがあることで、検索エンジンのロボットであるクローラーが、サイト内の構造を理解しやすくなるというメリットがあります。
SEO対策を意識するWebサイトであれば、最も重要視する内部リンクの1つです。

検索エンジンはインデックス化されたページと他のページとの関連性をスコア化しています。この際、サイトがどのような階層構造をとっているかが重要な要素の1つで、パンくずリストがその役割を担うためです。
パンくずリストが正しく設定されていると、上層ページへのリンクも含まれているため、重要度の高い上層ページへの内部リンクを集中させることができるメリットもあります。

加えて、パンくずリストにはクローラーの巡回効率を改善する効果もあります。

検索エンジンにサイトの構造を伝え、クローラーの手助けをすることが、パンくずリストの重要な役割なのです。

ユーザーにとっての効果

パンくずリストを設定することで、ユーザーがi今どこのページにいるのか知ることができます。
検索結果のページが全てTOPページ表示しているわけではありません。階層構造を明確にすることで、検索結果にも反映されるようになります。

パンくずリスト検索結果イメージ画像

また、下層ページが表示がされても、ユーザーは今いるページがどの階層にあって、どのカテゴリーに分類されているのかを確認することができます。
どのページにいるのかをユーザーにとって分かりやすくすることで、サイト内の回遊率をアップさせる要素にもなるので、ユーザーにとっても有益なパンくずリストの設定をしていきましょう。

パンくずリスト設定のポイント

ここでは、具体的にSEOを意識してパンくずリストを設定する際に検討すべきポイントをご紹介します。

可能な限り全てのページに設置する

パンくずリストは、基本的にはすべてのページに掲載することが望ましいとされています。
必要に応じて、コンテンツ設計やカテゴリー分類、カテゴリー名の見直しを行いましょう。
ユーザーが検索することが予測されるキーワードを考慮してコンテンツを整理していくことで、パンくずリストを設置しやすくなります。
「ホーム>カテゴリー名>サブカテゴリー名>記事タイトル」というのがパンくずリストの基本形です。
キーワードを考慮してどのようなカテゴライズを行うかがSEOにとって非常に重要なポイントとなります。

パンくずリストには可能な限りターゲットキーワードを含める

パンくずリストは、ターゲットキーワードをアンカーテキストに含めるための有効な手段です。
また、すでに述べたように、パンくずリストの上層にあるページには、下層ページからのリンクが集中する設計になっているため、キーワードを意識したカテゴリ設計をすることがおすすめです。

他のページと矛盾しない階層構造

パンくずリストを辿ってカテゴリーに戻ったつもりだったのに、気づくとパンくずリストの表示が変わっていて、意図するページではないところに来てしまった、という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。
たとえば「TOP>求人>東京>渋谷区」というページから、パンくずリストの「東京」をクリックしたとします。本来であれば、パンくずリストの表示は遷移先で「TOP>求人>東京」となるべきところです。
しかし、そこで表示されたページのパンくずリストが「TOP>求人>関東>東京」となっているというケースがあります。
遷移前後のページ間でパンくず階層や、リンク先が変わってしまっているのです。
このように、パンくずリストの階層構造が崩れないように、設置するようにしましょう。

場合によって二重パンくずリストを検討する

もしそのページにたどりつくまでに複数の経路が考えられる場合はパンくずリストを二つ表示する(二重パンくずリスト)という方法もあります。
この際、検索エンジンは複数のパンくずリストを認識したとしても、最初に書かれているパンくずリストを優先して処理を行います。
2つ目以降のパンくずリストも補佐的に読まれていると考えられるため、大規模サイトや複雑なサイトで二重パンくずリストの設置がユーザビリティの向上に繋がると考えられる場合は、設置することでSEOにとってもプラス効果が見込めます。

可能であれば構造化データも併せて記述する

クローラーに対して、パンくずリストをより効果的に伝えるためには、構造化データも併せて記述することをお勧めします。

構造化データとは、ページ内の情報を検索エンジンなどロボットにも理解しやすい形式で記述したもので、パンくずリストを構造化データで記述することで、より明確に理解しやすい形でパンくずリストを検索エンジンに伝えることができます。

構造化データの記述にはschema.orgを使い、これがクローラーに認識されると、検索結果画面でURLの部分がパンくずリストに変化して表示されるようになります(リッチスニペット)。

これにより、ユーザーに対しても検索結果画面でサイトのカテゴリ構成を伝えることができるメリットがあります。

構造化データについては、下記記事にてより詳しく説明していますので是非参考にしてみてください。
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/structured-data

まとめ

パンくずリストは、クローラーとユーザー双方にとって有益なもので、SEO効果も期待できます。




監修者:山口 真司

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

学生時代、広告人材会社と起業家コンサルティング会社でインターンを経て2017卒としてサクラサクマーケティングの新卒1期生として入社。
SEOコンサルタントとしてインターン時代から案件を持ち、大手ポータルサイト等大型案件を中心に常時20サイト以上のクライアント様のWebマーケティング成功に注力。

サクラサク期待のエースとして、お客様のサポートだけでなく、社内業務効率化も取り組み日々奮闘中。



SEOトレンドレポート

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 第8回Web&デジタル マーケティング EXPOに出展【10/24~26 幕張】

    サクラサクLABOを運営するサクラサクマーケティング株式会社は、2018年10月24日~26日の3日間、幕張メッセで開催される「第8回Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】」に出展しております。 弊社は、SEO […]...

    1. 【インタビュー】株式会社オリエンタライズ様「4ヶ月でアクセスが4倍!1年で10倍!」BtoCのコンテンツマーケティング事例

      店舗販促品ECサイトのコンテンツマーケティングの実施のお手伝いをしました。 店舗装飾関連に課題がある人の悩みを解決できるようなコンテンツの発信を行い、装飾関連のキーワードで軒並み上位表示に成功しアクセス数も急増しました。 […]...

      1. 【インタビュー】株式会社バサラホールディングス様「内製化による目標大幅達成!」BtoCのコンテンツマーケティング×SEO弊社施策成功事例紹介

        着物の着付け・レンタルサービスを各種メディアの複合的な活用によるWebマーケティング施策を展開。 店舗担当者がコンテンツを発信できる体制の構築によりSNSとWebサイトを有機的に活用したプロモーションに成功しました。 ・ […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP