ブログ

canonicalタグの書き方と使い方

ある程度の経験を積み、HTMLタグに関しては一通り理解しているSEO担当者でも、canonicalの書き方や使用方法については正しい知識を持っていない方も珍しくありません。
canonicalタグは、正しく用いることでサイトに悪い影響が生じるのを防いでくれますが、誤った設定を行うと、検索画面に表示されなくなることさえありえます。

本記事では、canonicalタグの価値、設定のやり方などを中心に解説します。これまでcanonicalタグを設定していなかった方は、URLの正規化を行って、SEO対策を強化しましょう。

canonicalタグとは?

canonicalタグとは、「優先するURL」「最も重要なURL」を正規化させる目的で使われるタグのことです。
URLの正規化とは、類似するコンテンツを含むURLの中から一つ選択し、正規のURLとして検索エンジンに認識させることを指します。
他にも、重複するページそれぞれのSEO評価を正規ページに合算させる役割も果たしています。

canonicalタグの記述方法は?

<head>内に記述

必ず<head>内に記述することがポイントです。

<link rel="canonical" href="http://example.com/">

上記の赤文字で強調した「example.com」の部分に、正規ページ設定を行いたいURLを入力します。
<>を全てコピーしてから、URLだけ変えると簡単です。

<body>の中に記述しない

Canonicalタグはbodyタグ内に記述しません。
もしbodyタグの中に書くと、検索エンジンに無視されてしまう可能性があるので間違えないようにしましょう。
また、canonicalの設定が本来のものより明らかに異なるとGoogleが判断した場合も無視されるので、設定を行う場合は何か見落としがないか、厳重にチェックしてください。

絶対URLを推奨

相対URLを使ってcanonicalタグを設定しても認識自体はされますが、不具合が発生する可能性があるので記述を行う場合は絶対URLで行いましょう。

なぜURLの正規化が必要なのか?

内容が酷似するコンテンツページが複数存在すると、Googleの検索エンジンは、重複ページだと認識していまします。
Googleの検索エンジンの仕組みとして、検索されたキーワードから予測されるユーザーの狙いや好奇心、欲求を満たすようなページを表示する機能があります。

同じ内容を含むページが複数ある場合、検索エンジンがどのページを、ユーザーが検索したキーワードに相応しいサイトとして表示していいのか正常な判断が出来なくなります。

重複するページがサイトに大量にある場合は、アルゴリズムによってサイト全体がクオリティーが低いと思われてしまい、SEOにも悪影響が生じます。

また大規模サイトなどではインデキシングの際、余計なクローラーリソースを消費させてしまうことにより、検索結果に表示させたいページが公開されず、意図しないページが表示されるデメリットが生じる可能性があります。

他にも、リンクポピュラリティーの分散防止も正常化を行う理由の一つです。

検索エンジンが、重複するページをそれぞれ独立した別ページだと認識してしまうと、あるページからはAのURLへ飛び、別ページからはBのURLへリンクするようになってしまい、ページ内に貼られているリンクの効果も薄れます。

これらの事態を防止するために、canonicalタグを用いてURLの正規化を行うのです。

その他の解決方法

canonical以外のやり方でURLの正規化を図る方法としては、内部リンクの統一(重複しているページにはリンクを貼らない)や、Googleが推奨する301リダイレクト設定などがあります。

まとめ

サイトの中に内容がほとんど同じページがあると、本来自分が検索結果に表示したいページでないものが、表示されてしまう可能性があります。
Googleに意図するURLを認識しもらうために、<head>内にcanonicalを記述して、URLの正規化を行いましょう。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 【速報】2020年1月コアアルゴリズムアップデートの変動事例

    2020年最初のコアアルゴリズムアップデートの予告は日本時間1月14日未明になされました。 その後同日早朝から変動率の上昇が確認されていました。 本稿執筆はそれから2日たった16日ですが、依然として変動率が高い状態が長く […]...

    1. 2020年 新年のご挨拶

      新年あけましておめでとうございます。 サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長の根岸でございます。 杓子定規のご挨拶は割愛させていただき、この場を借りまして新年のご挨拶に代えさせて頂ければと存じます。 昨年2019年 […]...

      1. Google検索で順位が下落したときの原因とSEOによる対処法

        大事に運営してきたWebサイトであっても、突然検索順位が下がってしまい、アクセスが激減することもあります。 実際当社でも、このような想定外の事態からWeb担当の方にお問い合わせいただくことも少なくありません。 検索順位が […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP