SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

canonicalを使ったURL正規化が必要なケースとは

canonicalタグは、類似するコンテンツが複数存在している場合、Googleのアルゴリズムによって評価が下がってしまうことを未然に防ぐために行う設定です。
類似する複数の重複ページが有る場合、いずれかのページを「正」としてGoogleに伝えることをURLの正規かと言います。
では、具体的にどのようなケースでcanonicalタグでのURLの正規化が必要なのでしょうか?

今回はcanonical設定が必要なケースを、いくつかの例を挙げて解説します。

canonical設定が必要なケース

ECサイトなどで類似した商品ページが複数ある場合

ECサイトなどで、値段や内容は同じなのに色やサイズだけ違う商品が存在することが多々あります。
そのような場合に、内容が重複するページと認識されることでページやサイトの評価が下がる可能性があるため、注意が必要です。

例えば、もしあなたがスマホケースを販売するサイトを作成するとして、値段や商品説明など、記載されている内容はほとんど同じで、商品の色だけが青・赤・黄色の3種類があったとします。
このとき、それぞれに個別にページを作成していると、商品画像以外の内容はほぼ同一の内容となってしまうことが多くなり、検索エンジンは重複ページと判断し評価を下げる可能性があるのです。

スマホ向けページとPC向けページを別々のURLに

スマートフォンを使用するユーザー向けに、PC向けページとは別のURLを使うサイトがあります。
URLを分けていても、サイトの内容はスマホ用、PC用ともほとんど変わらない場合が多いです。
このケースでも正規化が必要になり、スマホサイトとPCサイトをcanonicalで正しく設定する必要があります。

ABテストなどでテスト箇所以外が同じページが存在する

サイト改善を目的にABテストを行う際、一部の箇所以外はほとんどが同じページ内容になる場合があります。
この場合も、重複ページと認識される可能性があるのでcanonicalを設定が必要です。

AMPの実装によりAMP対応ページと非対応ページが存在している

ページの表示速度を高速化するAMPを実装した場合、AMP対応ページと非対応のページが同時に存在することがあります。これも重複ページとなるので、canonicalタグを設置して正規化させましょう。

ドメインの「httpsとhttp」「wwwあり・なし」が併存している

コンテンツ重複の例として多く見られるのが、ドメインの「httpsとhttp」や「wwwあり・なし」が同時に存在し、どちらもアクセス可能な場合です。これらも正しく正規化を行う必要があります。
※canonical以外にも301リダイレクトなどでも対応可能です。

その他canonical設定を行うケース

URLにパラメータなどを使っていないページであっても、原則として自分自身に対して、canonical設定をすることを推奨します。
ワードプレスなどのCMSでは、意図せずパラメータ付きの重複ページが生成されることも珍しくありません。
こういった場合に備えて、自分自身にもcanonical設定を予め行っておくことを推奨します。
headタグ内に、自分のURLを記述する「自己参照canonical」を行いましょう

まとめ

canonical設定は重複したページ評価を1つに纏めることや、サイト評価の減点回避としても重要ですが、誤った設定をしてしまうとインデックスさせたいページがされなくなることも起こりうるので注意が必要です。
また、Canonicalタグを用いたURLの正規化は、SEOで順位を上げるための設定ではなく、あくまで正しい情報をGoogleに認識してもらい、正しい評価を得るための基本です。
プラス評価を得るためではなく、マイナス評価を防ぐ対策として捉え、SEOでの評価向上はコンテンツ内容であることを忘れないようにしましょう。

2020年11月27日ねぎお社長 (根岸雅之)

執筆者 / 監修者

ねぎお社長 (根岸雅之)
ねぎお社長 (根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top