SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

コアウェブバイタルのCLSとは?SEOへの影響と測定方法について

CLSはGoogleが発表したページエクスペリエンス指標であるコアウェブバイタル3指標の1つで、ページ閲覧時のレイアウトのずれを数値化したものです。

この記事ではCLSとは何なのか、どのように測定・改善すればいいのかについての基本的な考え方を解説します。

すでに問題が発生している場合の対処・改善方法については以下の記事を参照ください。
「CLSに関する問題:0.25超」問題の改善方法を詳しく解説!

CLSとは

コアウェブバイタルは以下の3つから成ります。

• LCP(Largest Contentful Paint:最大コンテンツの描画時間)
• FID(First Input Delay:最初の入力にブラウザが応答するまでの遅延時間)
• CLS (Cumulative Layout Shift:レイアウト変更の累積値)

コアウェブバイタルについて詳しくは以下の記事を参照ください。
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/core-web-vitals

コアウェブバイタルのうちCLS(Cumulative Layout Shift)とは、レイアウトの安定性を示す指標で、ページ閲覧中に生じたレイアウトの変更値を累積して数値化したものです。

たとえばページ閲覧中に広告や画像が後から現れて表示にずれが生じた経験をお持ちの方は多いことでしょう。
ただずれただけであればさほど問題にならないかもしれませんが、急にずれたために意図しないクリックを行ってしまった場合は不快というだけでなく、ユーザーに実害を与えかねない深刻なものになります。

CLSはviewport内で(ずれの影響を受けた面積)×(移動した距離)の積で表されます。

例えばviewportの中央にボタンが出現し、画面の下半分がずれたような場合を仮定します。

ボタンなどの出現によるレイアウトのずれ

ボタンが画面のちょうど中央から下に出現したため、影響を受けた面積の割合は0.5です。
出現したボタンの大きさがviewportの高さの15%であったとすると、下半分の要素が移動した距離は0.15となりますので、CLS = 0.5*0.15 = 0.075 と計算されます。
このように、ページ閲覧中にずれた要素それぞれについてCLSを計算し、加算(累積)したものが最終的なCLSになります。
※なお、当初CLSはページ離脱までに生じたずれを全て加算していましたが、それでは閲覧時間が長ければ無制限にCLSが大きくなってしまう問題がありました。そこでGoogleはCLSを考慮する時間を限定する変更を行いました。詳しくはこちらの記事(英語)をご覧ください。Googleがランキング時に考慮するのは、その修正された計算方法によるCLSであるとのことです。

この定義からすると、ページ内のより上部で、より大きなオブジェクトが後から出現し、原因要素が多いほどCLSが大きくなりやすいと言えます。

Googleはコアウェブバイタルの各指標について基準を設けており、CLSについては75パーセンタイルで0.1未満が良好、0.1以上0.25未満が要改善、0.25以上が不良となっています。
(※75パーセンタイルとは、調査サンプル100のうち上位75番目のこと)

cls

CLSの測定・確認方法

CLSの測定の前にフィールドデータとラボデータについて押さえておきましょう。

フィールドデータとラボデータ

前提として、Googleのコアウェブバイタル評価は、Chrome UX reportによるデータをもとにして行われます。Chrome UX reportには、収取に同意したChromeユーザーから閲覧データが集められています。
この集められたデータにて、75パーセンタイルの指標値が基準を満たすかどうかで評価を行います。

このように、実際の複数のユーザー環境で測定された実地データをフィールドデータと呼びます。

一方で、特定の(多くの場合単一の)環境で測定されたデータをラボデータと呼びます。
ラボデータは、実機(たとえばあなたのPC)や特定のツールで測定されたデータが該当します。

ラボデータとフィールドデータは測定環境が異なり、同じ値を示すとは限らないことを押さえておく必要があります。

そして、Googleがランキングの際に考慮するのはフィールドデータです。

以上をふまえて、代表的な測定ツールをご紹介します。

サーチコンソールの「ウェブに関する主な指標」レポート

サーチコンソールは、サイト全体のフィールドデータを確認したい場合に使用するツールです。
サイト内の「良好」「改善が必要」「不良」のページ状況がレポーティングされます。

サーチコンソールに未登録の場合は、以下を参考に登録するようにしましょう。
初心者でも簡単!サーチコンソールの登録・設定方法と使い方を徹底解説

レポートを表示するには、サーチコンソールのメニュー「拡張」>「ウェブに関する主な指標」をクリックします。

レポート下段の「CLSに関する問題:0.25超」「CLSに関する問題:0.1超」といったメッセージをクリックすると、対象ページを確認することができます。

ここで検出されたURLを「PageSpeed Insights」で詳しく調査するとよいでしょう。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsは特定ページのフィールドデータとラボデータが同時に確認でき、さらにラボデータから改善につながるヒントが得られるツールです。もともと、ページ速度のパフォーマンス測定のツールでしたが、コアウェブバイタルの発表後は、CLSなどの数値の測定機能も加わっています。

PageSpeed Insights」にテストしたいページのURLを入力して、「分析」をクリックします。

結果画面の「フィールドデータ」にCLSの測定結果が表示されます。

ただし、対象ページへのアクセス数があまり蓄積されていない場合には、Webサイト全体の平均としてOrigin summaryが表示されます。

一方、調査結果のほとんどはラボデータと改善の診断項目が示されています。多くは表示速度に関するものですが、読み込み時のキャプチャ・CLSの原因となりうるwidthが設定されていない画像の検出・レイアウトシフトが確認された要素の検出などが含まれています。

なお、PageSpeed Insightsのラボデータでは、ファーストビューで発生したCLSしか測定されていません
実際にはユーザーが閲覧を開始してから終了(離脱)するまでが対象となっていますので、そもそも測定対象が異なる点は押さえておく必要があります。

Chrome拡張機能

拡張機能をインストールすることで閲覧中のコアウェブバイタルを計測することが可能です。測定されたデータはラボデータです。

https://chrome.google.com/webstore/detail/web-vitals/ahfhijdlegdabablpippeagghigmibma

このツールの特徴は、読み込み時だけでなく閲覧中も継続的に計測するため、スクロールやクリックなどの操作を行うことで発生したCLSも計測できることです。

CLSの原因と改善方法

CLSは原因となっている要素を特定して、それに合った改善を行います。
CLSは他のコアウェブバイタルと比較して、視覚的に捉えやすく、改善の方向性を見つけやすいという特徴があります。

CLSの主な原因要素としては、次の3つが挙げられるでしょう。

• 画像や広告といったページに埋め込まれる要素について、サイズが指定されていない
• JavaScriptによって動的に埋め込まれるコンテンツがある
• フォールバックフォントから置き換わる際にずれが生じる

原因要素がわかったら、それぞれについて適切な対応を行います。
・画像のwidthやheightを指定する
・広告やJavaScriptで挿入されるコンテンツにあらかじめプレースホルダを設定しておく
・原因となっているJavaScriptを削除またはHTML
・フォントのpreloadを行う

この中で特に画像によってCLSが発生しているケースが多いと考えられます。

原因の特定と改善方法についてより詳しくは以下の記事をご覧ください。

「CLSに関する問題:0.25超」問題の改善方法を詳しく解説!

まとめ

Googleのアナウンスによると、コアウェブバイタルがランキング要素になったとしても、影響度は非常に小さなものになるようですので、CLSを改善したからといって目に見えて順位が上昇するようなものではないと考えられます。

しかしランキングから離れて、快適にサイトを利用してもらうためにユーザビリティを低下させている原因を取り除くことで、結果的にサイトの成果を高めることにつながる可能性があります。その意味で、CLSの改善は積極的に取り組むことをおすすめします。

2021年5月31日ねぎお社長 (根岸雅之)

執筆者 / 監修者

サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。

3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

◇ 情報発信
ねぎお社長のWEBマーケティングチャンネル
ねぎお社長Twitter
ねぎお社長Facebook
ねぎお社長Instagram
ねぎお社長linkedin
ねぎお社長note

◇ 掲載メディア
リスティングプラス様 - 【最新版】SEOコンサルティングのプロが語る、今後中小企業が取り組むべきSEO対策
シンフィールド様 - サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長COO根岸 雅之氏に聞いた!SEO対策で最も重要なことを教えてください!

◇ 共催セミナー歴
オウンドメディアの成功事例とSEOを支える運用型広告の活用
今日から始められるWebマーケティング~コンテンツマーケティングとGoogle マイビジネス~
GMO TECH × サクラサク共催セミナー~テクニカルSEOとコンテンツマーケ~
リモート環境下においても売上・利益が成長し続ける組織創りと営業戦略

その他のブログ記事

Return Top