SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

ビジネス用コンテンツ作成における注意点とは

記事コンテンツ執筆マニュアル

近年のコンテンツビジネスは「量」よりも「質の高さ」が重視されてきています。
いかに質の高いコンテンツを発信できるか、いかにお客との信頼関係を結べるかがビジネス成功の鍵です。
コンテンツの質とお客との信頼関係を重視した新しいビジネス手法を「コンテンツマーケティング」と呼び、Webマーケティングにおける主流のビジネス手法となっています。

コンテンツマーケティングにおけるコンテンツ作成とは

コンテンツマーケティングではユーザーやお客に対して価値の高いコンテンツを作成・提供・配信することにより、ターゲットユーザーを獲得し、商品購買やサービス加入につなげるビジネス戦略です。

優れたコンテンツマーケティングは、ユーザーや購買見込み客の「買いたい気持ち」を盛り上げて成果につなげることができ、従来のような「セールス型」「売り込み型」によるビジネス手法とは異なるものです。

コンテンツマーケティングのメリットには次のようなことが挙げられます。

・母数の多い潜在顧客をターゲットとすることができる
・コンテンツを見つけてもらう際に検索エンジンと相性がよい
・良質なコンテンツはSNSでも拡散されやすい
・コンテンツそのものが資産として蓄積される
・会社やWebサイトの評判・信頼性を高めることができる
・継続的な固定客・ファンを作ることができる

このようなメリットを生かすために目的に合ったコンテンツを作成していくわけですが、ただやみくもにコンテンツ量を増やすための施策を行っていると逆効果になりかねません。
たとえば、ユーザーのマインドに沿っていないコンテンツは成果につながりません。
何か解決したい課題があるのに答えが用意されていないコンテンツや、暇つぶしに面白く興味が惹かれるコンテンツを求めている時に質の低いコンテンツを届けようとしても意味がありません。

コンテンツの作成はユーザーのどのような気持ちに応えるものなのかを意識して行う必要があります。

コンテンツ作成における注意点

コンテンツマーケティングといっても間違った考え方で展開すると顧客が得られないだけでなく、会社の信用を大きく失うこともあります。コンテンツマーケティングを成功させるポイントや注意点について説明していきます。

ユーザーのニーズ・悩みをテーマにすること

適切なコンテンツ作成とは「自分が何を売りたいか」ではなく「お客は何を求めているか」「何に悩んでいるか」です。それがお客のニーズであり、コンテンツ作成のテーマになります。

ユーザーは何かを求めてネットにアクセスします。何かを知りたいのです。それは何でしょうか? ニーズが強ければ強いほど、それが価値あるコンテンツマーケティングのテーマになります。

良質なコンテンツほど検索評価が高くなる

Googleの検索エンジンはユーザーの質問に対して回答性の高い「良質なコンテンツ」ほど高く評価し、それによって検索で上位表示を行うようになります。以前は単にキーワードやリンク数の多さが検索評価の中心でしたが、現在はユーザーのニーズに沿っているかどうかやコンテンツの充実度が評価の中心になっているのです。

SNSとの連携を強めること

コンテンツマーケティングの成功とSNSは切り離せない関係にあります。最近では、支持・共感されるコンテンツはSNSを通じて爆発的に拡散されます。ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなど、発信したいコンテンツがどのSNSに適しているかを慎重に考えてみましょう。
SNSにおいても「良質なコンテンツ」ほど拡散しやすいのですが、検索エンジン向けの記事とSNS向けの記事ではユーザーのマインドが異なるため、「良質」の尺度が異なることが多いです。

また、いわゆる「炎上」を通して拡散を狙う手法もあります。ただし、炎上は企業やブランドのイメージを落とすことにつながるため、

コンテンツを発信するタイミングが大事

クリスマスの時期でもないのにクリスマスの情報を発信しても誰も飛びつきません。作成するコンテンツは適切な時期にタイムリーに発信することが重要で、「何を発信するか」だけでなく「いつ発信するか」を見極める必要があります。同時にそれは社会の流れやトレンドを読み取る必要もあるということなのです。

著作権には注意

コンテンツ作成は文章・画像・音楽・動画などを組み合わせて行われます。すべて自分で用意できるならそれにこしたことはありませんが、場合によっては他所から引用する場合もあるでしょう。

文章を引用する場合は引用元の記載は必要ですし、画像や写真を許可なく掲載することは法律的にNGです。肖像権や個人情報の問題も多岐にわたるので、コンテンツ作成における「引用」には十分注意する必要があります。

まとめ

近年は「このコンテンツは信頼できない」とすぐ察知してしまうほどユーザーの目が肥えてきています。それだけコンテンツの質の高さと企業の信頼性が問われる時代になったといえるのではないでしょうか。

ニーズがあるからといって中身ではなく数で勝負しても、Googleの検索に評価されなければアクセスアップも望めません。「量より質」「価値の高さ」「ユーザーとの信頼関係」を基礎としてコンテンツを作成することが重要です。

記事コンテンツ執筆マニュアル

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top