SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

コンテンツマーケティングの効果測定の方法

記事コンテンツ執筆マニュアル

短期間での効果はあまり望めませんが、ある程度の期間継続して行うことで、大きな成果を得られるのがコンテンツマーケティングです。
しかし、施策の効果測定方法が分からないという意見をよく聞きます。
コンテンツマーケティングに限りませんが、企業が目標を設定する際には、目標達成までの過程においてクリアすべき項目を選定し数値化することにより、問題点を浮き彫りすることが肝心です。
問題点・改善点を視覚化することにより、目標との距離を明確にし、それを埋める方法を探し行うことで目標を達成する可能性を高められます。

このように、コンテンツマーケティングを実施する際には、効果測定の方法もあらかじめ決める必要があります。

本記事では、コンテンツマーケティングの効果測定について紹介するので参考にしてください。

コンテンツマーケティングで期待できる効果とは

まず、コンテンツマーケティングを実施することで期待できる効果の例を下記に紹介します。

・アクセス数増加
・PV数・セッション数・ユニークユーザー(UU)数の増加
・シェア数(いいね!数)の増加
・企業・ブランド認知
・CV(コンバージョン)数増加
・売上増加
・来店数増加(店舗型ビジネスの場合)

コンテンツマーケティングにおけるコンバージョンまでの流れ

コンテンツ公開→アクセス数増加→ユーザーの課題解決→再度、サイトへアクセス→CV、シェア拡大→アクセス数増加の流れになります。
コンテンツマーケティングを実施する企業が増えるまでは、リスティング広告を出稿することが主流でしたが、施策の実施からコンバージョンまでに要する時間で両者を比較すると、コンテンツマーケティングはある程度の時間が必要です。

効果測定の方法と指標

コンバージョン数や売り上げの増加など、それぞれの目的に合わせてKPIを設定します。
KPIは重要目標達成指数のことを意味し、目標(目的)達成までの過程において、その時点でどれだけ目標達成しているかを評価する中間計測です。
そして基本的に、KPIの設定はアクセス解析を基に行います。

セッション数・PV数など

KPIを定めるのが初めての方は、まずセッション数、PV数を選定するのが無難です。
売り上げやコンバージョン増加させるためは、ユーザーがサイトを訪れないと始まりません。
ですから、セッション数、PV数など、サイトがどの程度認知されているのかを図ることを推奨します。
他にも、どこを通ってページに来たのかなど、流入経路を調べることも重要です。
セッション数やPV数、UU数など、施策実施後でも比較的変化が起きやすい項目を指標にすることから始めまししょう。

シェア数

ブランド認知度を指標に設定する場合、どのコンテンツがSNSでどれだけシェアされているかなども目安になります。
FacebookやTwitterに代表されるSNSを用いてコンテンツを配信し、一度でも大当たりする(バズる)と、オーガニック検索を遥かに上回るユーザーの訪問につながる場合もあるのです。
シェアだけでなく、いいねの数、コメントの数がどれだけ変動したかを指標にし、サービス、商品、会社などブランドの認知度を計測します。

CV数

ECサイトの場合は、CVR(コンバージョン率)を分析する場合もあります。
成果を上げているCVのポイントは何か、どのようなユーザーがCVしているのかなどです。

来店数

実店舗も併せて運営している場合には、来店数を指標にしてもいいです。
目的を売り上げ増加に定めるケースでは、来店数をKPIにすることで施策効果の測定がやりやすくなります。
来店数の測り方として、店舗での聞き取り(アンケート)でも可能ですが、最近の広告の中にはスマホのGPSと連動して来店数を計測できるものもあるので、効率の良い方を選択しましょう。

施策の効果測定が難しいと言われるコンテンツマーケティングですが、目的に応じてKPIを設定することを推奨します。
Webマーケティングの経験が浅い方などは、セッション数、PV数、UU数など、施策実施後でも数字が変動しやすい項目を選定しましょう。

関連記事

コンテンツマーケティングに関して、さらに理解を深めたいかたはこちらの記事も是非参考にしてください!

コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

コンテンツマーケティングの記事作成はプル・プッシュ・シェアという区分から考える

記事コンテンツ執筆マニュアル

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top