SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

コンテンツマーケティングのKPI設定のポイント

記事コンテンツ執筆マニュアル

近年、コンテツマーケティングを実施する企業が増えています。
コンテツマーケティングを行うと、企業は様々なメリットを受けることができ、最終的には売り上げ増加も期待できます。
ですが、どれだけ効果的な施策を行うにせよ、KPIの設定は必要です。
では、コンテツマーケティングにおけるKPIは何を基準に設定すれば良いかご存知でしょうか?
Web担当者の中には、コンテツマーケティングは何をKPIにすれば良いのかよく分からないと思われる方も少なくないでしょう。

そこで、本記事ではコンテツマーケティング実施する際のKPI設定について紹介します。

コンテンツマーケティングとは

コンテツマーケティングとは、アメリカで生み出され、近年日本でも普及している比較的新しいWebマーケティング手法です。
自社コンテンツをユーザーに継続的に提供することで、新規の見込み客を獲得し購買に結び付け、既存顧客の育成までを一括りとして考えます。
名前通り「コンテンツ」の質が成功の鍵を握っており、ユーザーが知りたがっている有益な情報を作成、発信することが不可欠です。

コンテンツマーケティングの目的

コンテツマーケティングを実施する目的はサイトによって異なりますがで、事前に明確に定める必要があります。
上述したように、コンテンツの質が良ければ、既存の顧客、将来(潜在)の顧客の関心を掴み続けることが可能です。
では、コンテンツの質とはどうやって決まるのでしょうか?
ユーザーにとって有益かどうかの判断はどのようにやるのか、可視化しづらいようにも思えますが、大切なのはKPIを設定することです。

 

KPIとなりえる指標

目的の明確化

KPIを設定する前に、目的を明確に決めることが先決です。
何を目的にすればいいのかは、企業やそのときの状況にもよって異なるので、一概には言い切れないのですが、下記に例を記します。

・キーワード検索順位(SEO)
・アクセス数(流入数)
・コンバージョン(CV)数、
・顧客満足度向上
・認知向上
・来店数向上
・売上向上

などが一般的な目的例です。

KPI候補

目的を決めたら、次は数値化する指標を絞り込みます。
コンテツマーケティングにおいて設定される一般的な指標を以下に紹介します。

・対策キーワードでの検索順位
・記事数
・PV数
・セッション数
・ユニークユーザー(UU)数
・いいね数(シェア数)
・問い合わせ数

など、以上の指標などから絞り込みます。

KPI設定する際の注意点

コンテツマーケティングだけの話ではありませんが、KPIに設定する項目は必ず数値で表現できる項目にすることが大切です。
数値化することにより、より具体的に目標との距離(進捗度)が分かるようになり、施策が有効かなどを評価できます。
また、事前にゴールの数値(KGI)を定めた上で、KPIに落し込みます。
コンテツマーケティングはその性質上、施策開始直後ではKGIは動きが見られないことが多いため、比較的動きやすいセッションや順位などの数値をKPIに設定して追うと良いでしょう。

他にも注意したい点として、コンテンツマーケティングは効果測定が難しい場合があるため、1つのKGIに対して2~3個のKPIを設定すると効果を判定しやすいかもしれません。

まとめ

コンテツマーケティングを実施する際には、まず施策を行う目的(ゴール)を明確にします。
次にKPIを設定しますが、KPIは必ず数値化できる項目にする必要があります。
数値化することで、その時点の位置がゴールとどれだけ離れているのかが分かり、目的達成までの進捗状況が把握しやすくなるのです。

そして、コンテツマーケティングは実施してもすぐに結果が出ないことが多いので、比較的数字の変動が表れやすいセッションや順位などをKPIに設定することを推奨します。

記事コンテンツ執筆マニュアル

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長
監修者:ねぎお 社長
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top