ブログ

コンテンツSEOの効果とは

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、検索エンジンの上位表示を目指すSEO施策の内、コンテンツに主眼を置いた方法のことを言います。
ユーザーが求める質の高い情報や、役に立つコンテンツを継続的にアップすることにより、検索上位に表示されやすくなるのです。

ターゲットとなるユーザーが何を求めているかを分析し、それに見合うコンテンツを発信することでアクセスを増やしていきます。
検索されやすいキーワードをたくさん埋め込む、そのキーワードで検索したときに検索エンジンに表示させやすくする、などの工夫を凝らして施策を進めていきます。

ユーザーが求めていない質の低いコンテンツを大量に作っても、検索エンジンの上位表示には結び付きません。
「ユーザーが求めている需要のあるコンテンツ」「質の高いコンテンツ」を作り出すことがコンテンツSEOの基本です。

コンテンツSEOの効果

頻繁に検索される一つのキーワードを「ビッグワード」と呼び、そのビッグワードを含む複合キーワードのことを「ロングテールキーワード」と呼びます。
コンテンツSEOの効果の一つは、このロングテールキーワードを多く含んだコンテンツを作ることで、検索上位表示を実現しアクセスを増やせるということです。
また、ロングテールキーワードでページを複数用意することで、ビッグワードの上位表示にも好影響をもたらします。

別の効果としては、コンテンツにアクセスしたユーザーが自身のSNSでその情報を発信・拡散することで、新たなユーザーを獲得できる可能性が高まるということです。
フォロワーが増えたり、リマーケティングの新たなターゲット層を生み出したりと、施策の横展開も視野に入れた様々なコンテンツ作りが可能になります。

コンテンツSEOで成果につなげるための注意点

コンテンツSEOで成果をあげるための大切なポイントは、ユーザーの入り口となる「流入(アクセス)向け記事」と「コンバージョン向けの記事」の二つを使い分けるということです。
どちらか一方だけでは成果をあげるのは困難です。

まずはユーザーに認知してもらうこと(自社の存在に気づいてもらうこと)が先決なので、ユーザーの興味や関心を高める記事を書きます。
これが「流入向け記事」です。「なんだかとても効果がありそう!」「もっと詳しく知りたい!」と購買ニーズを高めるような記事、およびサービスの紹介を行い、新規ユーザーの獲得を目指していきます。

次に「コンバージョン向けの記事」を誘導します。
コンバージョン向け記事とは、実際に商品やサービスを購入してもらうためのものです。
流入向け記事で興味を持ったユーザーをリンクなどで誘導し、コンバージョンにつなげていきます。
もし気に入ってもらえたら、リピーターを獲得することもできます。

このように「流入(アクセス)向け記事」から「コンバージョン向けの記事」への流れを理解しておくことはとても大切です。

もちろん、そのサイトに対する信頼性も重要になります。
単に販売目的が見え見えの怪しい記事であれば、ユーザーの購入意欲は失せてしまいます。
有益で魅力的なコンテンツ、質の高い商品であるということ発信し信頼性を高めましょう。

コンテンツSEOの効果測定の方法

アクセス解析ツールなどを使ってコンテンツSEOの効果測定を行うことができます。

検索ワード

どのようなキーワード、単語でサイトにアクセスしたかが分かります。
これを調べることで記事内の単一キーワード・複合キーワードを洗い直すことができるのです。

トラフィック

トラフィックを通してアクセス数を詳しく分析します。
どの時間帯にアクセスが多いか、リピート率はどれくらいかといった細かな部分を把握できます。

被リンク数

被リンク数はそのサイトにリンクしてくれた数です。
被リンク数を通してユーザーのページ移動の傾向やリンク元をチェックできます。
また、外部サイトからの被リンク数が多ければ多いほど、検索評価も高くなり上位表示されやすくなります。

効果測定の視点は?

検索表示が上位になってアクセスが増えたとしても、それが必ずしも売上につながるとは限りません。
アクセスが多くても、サービス(商品)やコンテンツの質が悪ければ誰も購入しないからです。
その逆もしかりで、質が良くてもアクセスがなければ誰も買いません。「質」と「アクセス」の両方のバランスが重要です。
その上で、指定したキーワードが本当にアクセスアップにつながっているか、また商品の売上につながっているかを分析する必要があります。
分析を行い「追加すべきキーワードはないか」「強化すべきキーワードはないか」、「コンテンツそのものに問題はないか」を吟味していきましょう。

キーワードとランディング(着陸)ページの整合性にも注意が必要です。
キーワードは的確でも、ランディングページがユーザーにとって魅力のないものだとコンバージョンまでいきません。
記事が読みづらい、商品の写真に魅力がない、サイトの使い勝手が悪いなど、ページそのものの質に問題があるとユーザーは離れていきます。

「キーワードに問題があるか」「ページに問題があるか」の二つを念頭に置いて、その整合性をしっかり保つことがコンテンツSEOでは重要なのです。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP