SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

Googleアナリティクスアカウントの削除手順と注意点

組織改編などでGoogleアナリティクスアカウントの管理体系が変わったり、データ整理の観点でGoogleアナリティクスアカウントが不要になったりする場合があると思います。

Googleアナリティクスアカウントは、GoogleアナリティクスがWebサイトから収集するデータの土台となるものです。削除手順とともに、削除にあたっての注意点を解説します。

Googleアナリティクスアカウントとは

前提として、Googleアナリティクスを含めたGoogleの各サービスに用いる「Googleアカウント」と、この記事で削除手順を解説する「Googleアナリティクスアカウント」は、まったく異なる存在です。
Googleアカウントは、Googleの各種サービスを利用するためのログインアカウントで、ユーザー単位に作成します。

一方、Googleアナリティクスアカウントは、主にGoogleアナリティクスを管理する上での土台となるもので、一般的に、組織単位に1つのGoogleアナリティクスアカウントを作成するケースが多いです。1つのGoogleアカウントで、最大100のGoogleアナリティクスアカウントの作成が可能です。

Googleアナリティクスは、「Googleアナリティクスアカウント」「プロパティ」「ビュー」の3層構造になっています。それぞれの違いは次の通りです。(詳細は、アナリティクスヘルプ「アナリティクス アカウントの構成について」参照)

●Googleアナリティクスアカウント:
Googleアナリティクスの3層構造の土台に位置する階層です。主にユーザー管理(権限の付与や削除)と、アカウントに対する変更管理、アカウント・プロパティ・ビューの完全削除前の一時保管場所の役割を果たします。
●プロパティ:
Googleアナリティクスアカウントの1つ下の階層です。1つのGoogleアナリティクスアカウントに対して最大100のプロパティを作成することができます。アクセス解析のデータはプロパティごとに収集されるので、一般的に1つのWebサイトに対して1つのプロパティを設定することが多いでしょう。
●ビュー:
プロパティの中に最大25個作成することができる階層で、Googleアナリティクスでレポートされるのはビューの内容です。PCサイトとスマホサイト、サブドメイン単位など、アクセス解析の視点ごとに作成することが多いでしょう。

一般的にGoogleアナリティクスのプロパティは”UA-xxxxxxxx-y”の形で表すことができます。
xxxxxxxxの部分はGoogleアナリティクスアカウントによって固定で、yの部分がプロパティごとに変わります。
Googleアナリティクスアカウントを削除すると、そのアカウント内のxxxxxxxx-1からxxxxxxxx-100までのすべてのプロパティと、それに紐づいたビューが削除されます。

Googleアナリティクスアカウントを削除する際の注意点

Googleアナリティクスアカウントを削除するということは、そのGoogleアナリティクスアカウント上に作られたプロパティやビューもすべて削除するということです。
組織改編などでGoogleアナリティクスアカウントを削除する場合は、存続しているWebサイトのプロパティが含まれていないか確認しましょう。

また、新規アカウントを作成したとしても当然ながら以前のデータを表示させることはできませんので、アカウント削除の対応を行うのではなく、一部の不要なプロパティやビューを削除し、アカウントやプロパティを編集してデータを引き継いだほうがよいかもしれません。

削除にあたっては本当に削除して問題ないかを慎重に判断することをおすすめします。

なお、削除後35日以内であれば、Googleアナリティクスアカウント(プロパティやビューも)は復元可能です。期限を過ぎると自動的に完全削除されます。

Googleアナリティクスのアカウント削除手順

Googleアナリティクスアカウントの削除は、管理画面で行います。

Googleアナリティクスの画面左側のメニュー一覧で「管理」をクリックします。

削除するアカウントをプルダウンで選択し、「アカウント設定」をクリックします。(くれぐれも選択するアカウントを間違えないように注意しましょう)

アカウント設定画面の右側にある「ゴミ箱に移動」をクリックします。

注意事項を確認して、「アカウントをゴミ箱に移動」をクリックします。

以上で削除作業は完了です。

プロパティやビューを削除したいときは

アカウントを削除せずに、一部のプロパティやビューを削除するときも、作業手順は同じです。管理画面で削除したいプロパティ(ビュー)をプルダウンで選択し、「プロパティ設定(ビュー設定)」>「ゴミ箱に移動」をクリックします。

削除したアカウント、プロパティ、ビューを復元したいときは

Googleアナリティクスアカウント、プロパティ、ビューは、いずれも削除から35日間はGoogleアナリティクスアカウントの「ゴミ箱」で一時保管されます。35日が経過すると、自動でゴミ箱からデータが完全削除される仕様です。

何らかの事情でゴミ箱のデータを復元するときの手順は、以下の通りです。手順はアカウント、プロパティ、ビューですべて同じです。

Googleアナリティクスの画面左側のメニュー一覧で「管理」をクリックします。

Googleアナリティクスアカウントのメニューにある「ゴミ箱」をクリックします。

復元したい項目のチェックボックスにチェックをつけて、「元に戻す」をクリックします。

以上で復元作業は完了です。

Googleアナリティクスの共有アカウントを削除する方法

通常「Googleアナリティクスアカウトを削除する」といった場合、前述した手順で削除することを指します。

しかし、もしかすると閲覧・編集権限を持つユーザーの追加・削除のことを意味していないでしょうか?
アナリティクスデータを閲覧できるメンバーから特定ユーザーを削除したい場合は、そのユーザーの権限を削除すれば問題ありません。

まとめ

Googleアナリティクスアカウントを削除することは、アカウント上にあるプロパティでそれまで蓄積してきたアクセス解析データをすべて削除するということと同じです。削除する際は、35日間の猶予はあるとしても、慎重に検討して作業を行なってください。

執筆者 / 監修者

サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。

3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

◇ 情報発信
ねぎお社長のWEBマーケティングチャンネル
ねぎお社長Twitter
ねぎお社長Facebook
ねぎお社長Instagram
ねぎお社長linkedin
ねぎお社長note

◇ 掲載メディア
リスティングプラス様 - 【最新版】SEOコンサルティングのプロが語る、今後中小企業が取り組むべきSEO対策
シンフィールド様 - サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長COO根岸 雅之氏に聞いた!SEO対策で最も重要なことを教えてください!

◇ 共催セミナー歴
オウンドメディアの成功事例とSEOを支える運用型広告の活用
今日から始められるWebマーケティング~コンテンツマーケティングとGoogle マイビジネス~
GMO TECH × サクラサク共催セミナー~テクニカルSEOとコンテンツマーケ~
リモート環境下においても売上・利益が成長し続ける組織創りと営業戦略

その他のブログ記事

Return Top