SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEO対策における発リンクについての考え方と効果について

SEO対策において被リンクは何かと話題に上がることの多いトピックです。
ただし今回は、被リンクではなく「発リンク」に対する注意点についてご紹介します。

発リンクとSEO効果

発リンクとは、あるページからサイト外部へリンクすることを指します。
SEO施策の観点から見た発リンクについては、以前は外部サイトにリンクの価値を与えてしまう(リンクジュースを流してしまう)ため、SEO上では不利であるとの見方が多いものでした。

実際、発リンクによってリンクされた外部サイトの評価が高まることは事実ですが、発リンクを行った自ページの評価が必ず落ちるわけではなく、むしろ逆に発リンクを行ったことで評価が向上することを示唆する報告もあります。

ユーザーにとってコンテンツをより有益にするために設置された発リンクであれば、プラス評価をするということは理にかなっていると考えられます。

発リンクとペナルティ

一方で、不自然な発リンクを多数設置することは悪い影響があると考えられます。
場合によってはペナルティを受けることにも繋がります。
不自然な被リンクと同様に、以下のような発リンクはGoogleからスパム認定をされてしまう可能性がありますので、今一度注意が必要です。

商品提供の見返り等を理由として、商品提供元サイトに不自然にリンクする行為

企業から無料の商品(サンプル)を提供されたユーザーが、レビュー記事を投稿した際に企業のページへリンクを貼る行為等を指します。

これらのペナルティが一斉に起こる前に、Googleウェブマスター向け公式ブログ内でこう発言されています。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/03/best-practices-for-bloggers-reviewing.html

よって、無料の商品やサービス等の提供を受けてから設置するリンクについては、その記事からのリンクにnofollowを設置する必要があると言えます。
さらに、リンク先の記事と自サイトとの関係性を示しておく必要がある、とGoogleのJohn Mueller氏も話しています。

1ページから数百以上など、あまりに発リンク数が多い

このようなリンクは、クローラーの目を盗んで検索順位を操作する行為とみなされる傾向があります。
営利的な意図や、あからさまなリンク数の多さがスパムと判断されるのではないかと考えます。

まとめ

実際にユーザーにとって有益になる発リンクは、リンク先に評価を渡して失ってしまうのではなく、むしろ自サイトの評価を高めることに繋がります。
それはユーザー目線に立ってコンテンツを作成し、ユーザーの満足度を上げるコンテンツを作成しようとする行為なので、Googleも評価するのだと考えます。
逆に、大量の発リンクをスパム的に設置する行為にはメリットは無く、ペナルティを受けてしまうこともあります。
本当に必要なリンクであれば、リンク先との関連性を示し、かつnofollowを設置する等して、適切な発リンクを行うことが重要と言えるでしょう。

nofollowの設置に関しては下記にて説明しています。
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/noindex-nofollow

2020年7月16日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top