ブログ

SEO対策における発リンクについての考え方と効果について

SEO対策において被リンクは何かと話題に上がることの多いトピックです。
ただし今回は、被リンクではなく「発リンク」に対する注意点についてご紹介します。

発リンクとSEO効果

発リンクとは、あるページからサイト外部へリンクすることを指します。
SEO施策の観点から見た発リンクについては、以前は外部サイトにリンクの価値を与えてしまう(リンクジュースを流してしまう)ため、SEO上では不利であるとの見方が多いものでした。

実際、発リンクによってリンクされた外部サイトの評価が高まることは事実ですが、発リンクを行った自ページの評価が必ず落ちるわけではなく、むしろ逆に発リンクを行ったことで評価が向上することを示唆する報告もあります。

ユーザーにとってコンテンツをより有益にするために設置された発リンクであれば、プラス評価をするということは理にかなっていると考えられます。

発リンクとペナルティ

一方で、不自然な発リンクを多数設置することは悪い影響があると考えられます。
場合によってはペナルティを受けることにも繋がります。
不自然な被リンクと同様に、以下のような発リンクはGoogleからスパム認定をされてしまう可能性がありますので、今一度注意が必要です。

商品提供の見返り等を理由として、商品提供元サイトに不自然にリンクする行為

企業から無料の商品(サンプル)を提供されたユーザーが、レビュー記事を投稿した際に企業のページへリンクを貼る行為等を指します。

これらのペナルティが一斉に起こる前に、Googleウェブマスター向け公式ブログ内でこう発言されています。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/03/best-practices-for-bloggers-reviewing.html

よって、無料の商品やサービス等の提供を受けてから設置するリンクについては、その記事からのリンクにnofollowを設置する必要があると言えます。
さらに、リンク先の記事と自サイトとの関係性を示しておく必要がある、とGoogleのJohn Mueller氏も話しています。

1ページから数百以上など、あまりに発リンク数が多い

このようなリンクは、クローラーの目を盗んで検索順位を操作する行為とみなされる傾向があります。
営利的な意図や、あからさまなリンク数の多さがスパムと判断されるのではないかと考えます。

まとめ

実際にユーザーにとって有益になる発リンクは、リンク先に評価を渡して失ってしまうのではなく、むしろ自サイトの評価を高めることに繋がります。
それはユーザー目線に立ってコンテンツを作成し、ユーザーの満足度を上げるコンテンツを作成しようとする行為なので、Googleも評価するのだと考えます。
逆に、大量の発リンクをスパム的に設置する行為にはメリットは無く、ペナルティを受けてしまうこともあります。
本当に必要なリンクであれば、リンク先との関連性を示し、かつnofollowを設置する等して、適切な発リンクを行うことが重要と言えるでしょう。

nofollowの設置に関しては下記にて説明しています。
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/noindex-nofollow

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:山口 真司

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

学生時代、広告人材会社と起業家コンサルティング会社でインターンを経て2017卒としてサクラサクマーケティングの新卒1期生として入社。
SEOコンサルタントとしてインターン時代から案件を持ち、大手ポータルサイト等大型案件を中心に常時20サイト以上のクライアント様のWebマーケティング成功に注力。

サクラサク期待のエースとして、お客様のサポートだけでなく、社内業務効率化も取り組み日々奮闘中。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP