SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

日本語ドメインにSEO効果はあるのか

日本語ドメインとは

日本語ドメインとはアルファベットで書かれたドメインではなく、日本語(漢字・カタカナ・ひらがな)で書かれたドメインのことを言います。
日本語なので、ユーザーが覚えやすいメリットがあります。
http://総務省.jp/
総務省も日本語ドメインを利用しています。
数年前までは珍しかったので注目されていましたが、現在では広く普及しています。

日本語ドメインのSEO効果

以前まではEMD(Exact Match Domain)と呼ばれる、検索されるであろうキーワードをそのままドメイン名にすることがSEO対策の1つとして有効で、対策キーワードを含む日本語ドメインが多く取得されました。
しかし、情報量が少なかったり、質の悪いサイトでもドメイン名にキーワードが含まれるというだけで上位表示しているサイトでは、GoogleがEMDアップデートを行ったことでSEO効果は抑えられました。

ただしキーワードを含んだ日本語ドメインのSEO効果が全くなくなったわけではないほか、Google検索結果画面でURL部分が日本語になるためユーザーの目に止まりやすく、引き続きクリック率向上を見込めるというメリットがあります。

日本語ドメインを使用する際の注意点

EMDアップデートの影響でSEO効果が減ったものの、目立ちやすくユーザーの目に止まりやすいメリットは残されています。
ところが日本語ドメインは、活用の仕方によってはその効果が得られない場合があるので注意が必要です。
日本語ドメインのページは、シェアをされた時にはpunycodeと呼ばれる英数字コードに変換されてしまうので、日本語でなくなってしまうのです。
またメールアドレスには日本語ドメインが使えません。
さらに、ブラウザ環境によっては日本語ドメインの表示に対応していないものがあり、
http://日本語.jp/access/
こちらに記載されているメジャーなブラウザ以外では対応していない可能性もあるので注意が必要です。

これらのことを考慮して、一般的なドメインを利用するか日本語ドメインにするかを検討したほうがよいでしょう。

まとめ

Webサイトは作成しても、見てもらわなくては全く意味がありません。
検索エンジン上ではユーザーの目に止まりやすい日本語ドメインは魅力的ですが、SNSでは逆に、シェアされた際にpunycodeに変換されてしまいドメイン名が判別できないデメリットがあります。
どういった集客経路を意識して集客を行うかが、日本語ドメインを使用するかどうかの判断材料の1つになります。

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top