SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

使用するドメインによってSEO効果は変わるのか

使用するドメインによってSEO効果は変わるのでしょうか。
ドメインにはいろんな種類がありますが、ここではそれぞれのドメインについて詳しく解説していきます。

トップレベルドメイン

トップレベルドメイン(TLD)とは、DNS(ドメインネームシステム)において、ドメイン名をドットごとに分割した際の最後の項目を指します。
たとえば、「.com」「.jp」「.org」などです。
TLDの種類はさまざまですが、使用しているTLDによって検索順位が変わることはありません。
ただし、「.jp」や「.kr」というような国別に割り当てられたccTLDは、Googleがサイトの国籍を判断する情報の1つとして参照しているため、Googleに誤解を与えるようなccTLDは避けたほうが無難です。

中古ドメイン

中古ドメインとは、過去に誰かが取得して、今は使われていないドメインのことです。
中古ドメインには、過去のサイト運営者が獲得したリンクが残っていたり、Googleページランクが付いていたりするため、SEO効果が期待できます。
また、開設したてのサイトでは被リンクがついていないためSEOの成果があがりにくい場合もありますが、中古ドメインではそういった懸念が軽減できます。
そのため、積極的に中古ドメインを取得して活用するサイト運営者もいるほどです。

しかし、中古ドメインを使用するにはメリットばかりではありませんので、それを理解しておかなければなりません。
自サイトのテーマが、過去の中古ドメインのサイトのテーマと同じであれば残ったリンクも効果的なのですが、そうでなければSEO効果も限定的になってしまいます。
さらに、SEOの阻害要因となるリンクやひどい時にはペナルティ履歴も引き継いでしまう可能性があります。

日本語ドメイン

日本語ドメインとは、「日本語ドメイン.com」のように英数字でなく日本語で記述されたドメインです。
日本語であるためユーザーが覚えやすいほか、検索結果画面のURL部分も日本語になるため、ユーザーの目に留まりやすいというメリットがあります。
また、対策キーワードを含むドメイン名にするとわずかにSEO効果があることも、日本語ドメインを使用するメリットの一つです。

ただし、EMDアップデートと呼ばれる、キーワードにマッチしたドメイン名によるSEO効果が切り下げられたアルゴリズム変更により、以前ほどの効果は期待できなくなっています。
また、日本語ドメインはブラウザによっては正しく表示されなかったり、SNSでのシェアにおいては日本語部分がpunyコードと呼ばれる英数字に変換されてしまうため、逆にドメイン名がわかりにくくなるデメリットがあります。

ターゲットキーワードを含むドメイン名

キーワードを含むドメイン名は、わずかながらSEO効果が期待できます。
ただし、多くの場合キーワードは複数あるため、その中のどれをドメインの中に盛り込むかが問題です。
ドメインは短さや覚えやすさも大切ですから、全てを盛り込むわけにはいきません。
法人のサイトの場合には、キーワードと自社名のどちらを優先するかどうかも、重要なポイントです。

まとめ

ドメインによるSEO効果を考慮する際には、ドメイン名にキーワードを含むことによるSEO効果と中古ドメインによる被リンクの引継ぎといった側面があります。

ドメイン名によるSEO効果はわずかなものですのが、中古ドメインの場合はメリット・デメリットともに大きい場合がありますので、サイト開設を進める前にはよく検討しておくことをおすすめいたします。

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top