ブログ

重複コンテンツの問題点と必要な対策とは

重複コンテンツとは、「他のコンテンツと同じ、または非常に似通ったコンテンツ」のことを指します。
たとえ意図しない重複コンテンツであっても、SEOに様々な悪影響を与えてしまう恐れがあるため、回避する必要があります。
ここでは、重複コンテンツの問題点や必要な対策などについてご紹介します。

重複コンテンツの問題点

重複コンテンツが多いサイトは、検索エンジンから内容の薄いサイト、必要とされないサイトと判断されます。
Googleは内容が似通っているページが複数存在する場合、それらをひとまとめに取り扱い、その中から最も上位表示に相応しいページを選択して検索結果に表示させます。
同じような内容がいくつも検索結果画面に表示されたとしても、ユーザーからすれば何のメリットもないことです。
よって、Googleは重複コンテンツのどれか一つだけを表示するようにしています。

また、複数のURLが存在していることにより、サイトへのリンクもそれぞれのページに分散されてしまっている可能性が考えられます。
全てのリンク評価をひとまとめに受けられるはずが、重複コンテンツを理由に順位が上がりきらず…ということも想像ができます。

重複コンテンツが存在していること自体、メリットは無いと言えます。

重複コンテンツの原因と対策

重複コンテンツは別ドメイン間だけでなく、サイト内でも起こり得ます。

サイト内で発生する原因

動的にURLが複数生成される等、パラメータが付与されることで発生してしまう場合があります。
この場合、必要のないパラメータを使わないことで対策できますし、canonicalの設定を用いて、URLの正規化を行うことで対策が可能です。

また、www.の有無、/index.htmlの有無、httpとhttps等、複数のURLから同一のコンテンツにアクセスできてしまうケースもありますが、この場合は301リダイレクトによって正規化を行うことで対処ができます。
このような重複の場合は301リダイレクトを行い、URLを統一することが重要です。

また、PCとスマホで別ページにて運用している場合でも、一種の重複コンテンツが発生していることになります。
この場合は、PCページからスマホ用のページ向けてalternateを設定するとともに、スマホ用のページからPCサイトのページに対してcanonicalを設定しましょう(アノテーションの設定)。

また場合にもよりますが、ECサイトなどで、新着順や価格順に商品を入れ替えただけのページや、ある商品の色違いページなども重複コンテンツにあたることがあります。
このような場合は、そうしたページが複数あることでユーザーの役に立つかどうか、といった観点から判断することがおすすめです。

サイト間で発生する原因

他社のサイトに自社運営サイトのコンテンツを提供している場合も、重複コンテンツとなります。
自社サイトのコンテンツをオリジナルだと明確にできれば問題は解決しますので、提供先サイトにcanonicalを設定してもらいましょう。
また、当然ですが、他社のサイトより先に自社サイトでアップロード行い、Googleにより早くコンテンツが認識されるようにしておきましょう。

コンテンツの盗用やコピーも重複コンテンツとなりますが、コピーされた場合は、デジタルミレニアム著作権法に基づいて削除申請ができます。
自社サイトと盗用サイト、どちらが上位表示されているかも常に確認しておく必要があると言えます。

サイト内重複コンテンツで押さえておくポイント

基本的にペナルティはない

サイト内で重複コンテンツ≒ペナルティ?と不安になる方もいるかと思いますが、基本的にサイト内の重複コンテンツに対し、ペナルティは発生しません。
ただ、不正に順位を操作するつもりで意図的に重複コンテンツを発生させた場合は、悪質と見なされて、ペナルティの対象になる可能性があります。

できるだけ重複コンテンツは減らす

重複コンテンツが発生することによって本来評価されるべきページが評価されず、適切な順位に表示されない可能性もあります。
また、クロールすべきページが増えてしまうことでクロールバジェットの消耗を引き起こす可能性もありますから、注意が必要です。

Googleの公式発表において、クロールバジェットや重複コンテンツについては、必要以上に心配することはないと言及していますが、これを鵜呑みにしてしまうのも疑問が残ります。
後々のリスクになる可能性が少しでもある事項は、できるうちに早めに解決しておいたほうが良いでしょう。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP