SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

重複コンテンツの問題点と必要な対策とは

重複コンテンツとは、「他のコンテンツと同じ、または非常に似通ったコンテンツ」のことを指します。
たとえ意図しない重複コンテンツであっても、SEOに様々な悪影響を与えてしまう恐れがあるため、回避する必要があります。
ここでは、重複コンテンツの問題点や必要な対策などについてご紹介します。

重複コンテンツの問題点

重複コンテンツが多いサイトは、検索エンジンから内容の薄いサイト、必要とされないサイトと判断されます。
Googleは内容が似通っているページが複数存在する場合、それらをひとまとめに取り扱い、その中から最も上位表示に相応しいページを選択して検索結果に表示させます。
同じような内容がいくつも検索結果画面に表示されたとしても、ユーザーからすれば何のメリットもないことです。
よって、Googleは重複コンテンツのどれか一つだけを表示するようにしています。

また、複数のURLが存在していることにより、サイトへのリンクもそれぞれのページに分散されてしまっている可能性が考えられます。
全てのリンク評価をひとまとめに受けられるはずが、重複コンテンツを理由に順位が上がりきらず…ということも想像ができます。

重複コンテンツが存在していること自体、メリットは無いと言えます。

重複コンテンツの原因と対策

重複コンテンツは別ドメイン間だけでなく、サイト内でも起こり得ます。

サイト内で発生する原因

動的にURLが複数生成される等、パラメータが付与されることで発生してしまう場合があります。
この場合、必要のないパラメータを使わないことで対策できますし、canonicalの設定を用いて、URLの正規化を行うことで対策が可能です。

また、www.の有無、/index.htmlの有無、httpとhttps等、複数のURLから同一のコンテンツにアクセスできてしまうケースもありますが、この場合は301リダイレクトによって正規化を行うことで対処ができます。
このような重複の場合は301リダイレクトを行い、URLを統一することが重要です。

また、PCとスマホで別ページにて運用している場合でも、一種の重複コンテンツが発生していることになります。
この場合は、PCページからスマホ用のページ向けてalternateを設定するとともに、スマホ用のページからPCサイトのページに対してcanonicalを設定しましょう(アノテーションの設定)。

また場合にもよりますが、ECサイトなどで、新着順や価格順に商品を入れ替えただけのページや、ある商品の色違いページなども重複コンテンツにあたることがあります。
このような場合は、そうしたページが複数あることでユーザーの役に立つかどうか、といった観点から判断することがおすすめです。

サイト間で発生する原因

他社のサイトに自社運営サイトのコンテンツを提供している場合も、重複コンテンツとなります。
自社サイトのコンテンツをオリジナルだと明確にできれば問題は解決しますので、提供先サイトにcanonicalを設定してもらいましょう。
また、当然ですが、他社のサイトより先に自社サイトでアップロード行い、Googleにより早くコンテンツが認識されるようにしておきましょう。

コンテンツの盗用やコピーも重複コンテンツとなりますが、コピーされた場合は、デジタルミレニアム著作権法に基づいて削除申請ができます。
自社サイトと盗用サイト、どちらが上位表示されているかも常に確認しておく必要があると言えます。

サイト内重複コンテンツで押さえておくポイント

基本的にペナルティはない

サイト内で重複コンテンツ≒ペナルティ?と不安になる方もいるかと思いますが、基本的にサイト内の重複コンテンツに対し、ペナルティは発生しません。
ただ、不正に順位を操作するつもりで意図的に重複コンテンツを発生させた場合は、悪質と見なされて、ペナルティの対象になる可能性があります。

できるだけ重複コンテンツは減らす

重複コンテンツが発生することによって本来評価されるべきページが評価されず、適切な順位に表示されない可能性もあります。
また、クロールすべきページが増えてしまうことでクロールバジェットの消耗を引き起こす可能性もありますから、注意が必要です。

Googleの公式発表において、クロールバジェットや重複コンテンツについては、必要以上に心配することはないと言及していますが、これを鵜呑みにしてしまうのも疑問が残ります。
後々のリスクになる可能性が少しでもある事項は、できるうちに早めに解決しておいたほうが良いでしょう。

SEOやコンテンツマーケティングに関して、さらに理解を深めたいかたはこちらの記事も是非参考にしてください!

コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

コンテンツマーケティングの記事作成はプル・プッシュ・シェアという区分から考える

2020年7月28日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top