ブログ

RepoQ&A:投稿時間について

記事コンテンツ執筆マニュアル

こちらの記事は弊社運営クラウドライティングサービス『REPO』のライター向けに作成したものです。

REPO
https://www.repo.ne.jp/

こんにちは、ルポ運営スタッフです。


ルポのライター様からよく頂く質問にお答えしていきます。本日は投稿の制限時間に関するご質問を共有致します。

Q.ルポでは、記事を書くときの制限時間は決まっていますか?決まっているとすれば、それはどのくらいですか?書いた文章が消えてしまったらと思うと、少し心配です。

A.90分のタイムアウトがあります

ルポでは投稿ページにアクセスしてから90分経過すると、タイムアウトします。

300文字、500文字程度の案件なら、それほど時間を気にすることもないかもしれません。ですが問題は、1000文字を超えるような長文案件ではないでしょうか?既に知識があるテーマなら、長い文量であっても比較的短時間で書けると思いますが、そうでなかったら少し厄介です。

まずインターネット等で情報を集めなければいけません。執筆の時間に加えて、そうした情報集めの時間も掛かるわけですから、一時間を超えてしまうこともあるでしょう。もし参加枠が外れてしまい、他の誰かが先に投稿して募集が埋まった後に投稿ボタンをクリックすると、それまで投稿ページで執筆した文章は全て消えてしまいます。

そしてもう一点、注意があります。ルポのサイトにアクセスしてから一定時間操作がないと、強制的にログアウトしてしまいます。これはセキュリティ保護の目的から設定しているのですが、ログアウトすれば当然、書いていた文章も消えてしまいます。そのような事態を防ぐためにも、必ず何らかの形で文章を保護しましょう。

文章のバックアップを取ることをお勧めします

執筆に時間を要する場合、必ず文章のバックアップを取ってください。まずはWordやテキストエディタ等で文章を作っておくのです。そうすれば、万が一の場合においても文章を失うことはありません。

少々面倒かもしれませんが、やって損はありません。

それに、自分が書いた文章をバックアップして保管していれば、後々役に立つことがあるはずです。例えば、同じようなジャンルの記事を書くときには過去記事の内容を参考に出来ます。もちろん、そのまま流用することは出来ませんが、大まかな内容や方向性の参考にはなるはずです。

都度、バックアップを取って記事を蓄積していけばいくほど、あなたの「情報ファイル」が大きなものになっていきます。

そうすれば、ゼロから文章を作り出す必要がなくなります。過去の自分の文章から、アイデアを見つけてきて、それらを組み合わせていけばいいのです。長期的に見れば非常に価値ある資産になりますから、ぜひやっておいてほしいです。

記事コンテンツ執筆マニュアル






無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 公式サクラサクラボチャンネル開設しました!YouTube始動

    いつもサクラサクラボをご覧いただきまして、ありがとうございます。 サクラサクマーケティングの社長のねぎおです。 この度、YouTubeにてサクラサクラボチャンネルを開設させていただきましたのでご報告させていただきます。 […]...

    1. 【失敗から学ぶ】なぜ中小企業のWEBマーケティングは失敗するのか?vol.2:失敗要因6選

      サクラサクマーケティング株式会社の社長の根岸です。 前回のエントリーでは、中小企業がマーケティングを成功させるために、まず環境を理解することが重要であるという観点で、下記4点について解説させていただきました。 ・人口変動 […]...

      1. 地方都市でSEOにお悩みのお客様、弊社と地方代理店との取り組み事例をご紹介します

        はじめまして。サクラサクマーケティングでコンサルタントをしております、渡邊です。前職から今に至るまで、約10年間SEOやWEB広告に携わっています。得意なことは「即レス」「代理店のご担当者様に頼っていただくこと」「地方都 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP