SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)の受験方法と勉強のコツ

Googleアナリティクスに関するGoogleの公認資格として、GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)があります。
無料かつオンラインで非常に手軽に受けられるGAIQを取得するメリットや、認定試験の受験方法を紹介します。

GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)とは

GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)は、Googleが個人に対して、Googleアナリティクスの運用能力を認定する資格です。試験に合格した個人に12ヶ月間付与され、資格を継続したい場合や再取得したい場合は、再び受験して合格する必要があります。

GAIQの資格概要は次の通りです。(詳細は、アナリティクスヘルプ「Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)のよくある質問」参照)

主催 Google
難易度 初級/上級
試験様式 オンラインテスト
受験料 無料
有効期間 試験合格後12ヶ月間(資格を継続・再取得したい場合は再受験が必要)
認定証 試験を受けたGoogleアカウントに認定証が紐づく

GAIQの試験内容と、取得するメリット

GAIQの試験内容

上述した説明した通り、GAIQの試験はオンラインで行われます。問題はすべて選択解答式で、出題の傾向としては、

  • Googleアナリティクスの仕組みや機能をどこまで把握しているか
  • 目標や目的に応じてGoogleアナリティクスを適切に活用できているか

を問うものが多く見受けられます。

Google アナリティクス初級者向けコースの概要は次の通りです。(※2020年12月現在)

問題数 10問程度×4ユニット
問題形式 選択式(単一回答 or 一問多答)
合格ライン 各ユニットで正答率80%以上
合格判定 即時
再受験 不合格の場合はリセットしてすぐに再テスト可能

4回のテストがありますが、選択式ですので早い人であれば1回5分ほどで終わります。

GAIQを取得するメリット

GAIQには以下のような特徴があります。

  • オンラインでいつでも無料で受験できる
  • 不合格となっても何度でも受けなおせる
  • 日本語で受験できる
  • Google公認の資格

GAIQを取得することで得られるメリットとしては、大きく次の2点があるでしょう。

• Googleアナリティクスに関するスキルを対外的にアピールできる
Webサイトを運営する上で、Googleアナリティクスを使ったアクセス解析のスキルは欠かせません。クライアントワークや転職活動などにおいて、Webサイト運営の遂行能力を示すエビデンスとして用いることができます。ただし、バッジを作成・掲示するとGoogleのガイドラインに違反する可能性があるため注意しましょう。

● 試験勉強で得た知識をWebサイト運営の実務に活かせる
GAIQの試験では、Googleアナリティクスの操作方法にとどまらず、Googleアナリティクスで何ができるのか、目的に向けてどうやって分析をするのかといった実践的なことが問われる傾向にあります。そのため、試験勉強をそのままビジネスで活かすことができるのです。

ただし、何度でも受けなおせるため、資格を持っているというだけではアナリティクスのスキルがあることのアピールにはつながらないかもしれません。
スキルアップのためには日ごろからアナリティクスの勉強や実務の経験を継続していくことが必要です。

GAIQの受験方法と勉強のコツ

GAIQを受験するには以下にアクセスして、「登録」ボタンより指示に従って進みます。

Google アナリティクス初級者向けコース

Google アナリティクス上級者向けコース

初級編の場合、4つのユニットに分かれています。さらに各ユニットは4つほどのパートに分かれており、各パートに解説動画やデモアカウントの操作フェーズが設けられています。

この動画を視聴したり、デモアカウント上での説明を見て操作しながら勉強していく形になります。
視聴する動画の音声は英語ですが、日本語字幕がついているので、英語のスキルを問わず学習を進めることができます。
また、実際のアナリティクス画面を見て操作しながら学べるよう、デモアカウントが付与されます。
デモアカウント上では日本語で表示されるガイドをもとに学習できるようになっています。
デモアカウントのガイド

各パートは5分ほどで終わる分量となっています。

ユニットの最後に確認テストが行われます。
これら4回のテストで全て80%以上正答すれば合格、というのが基本の形です。

全てのテストで80%以上正答すれば、合格証が発行されます。
不合格になってしまっても、回答をリセットして再受験が可能です。

以上は初級コースについて述べましたが、上級コースにおいても基本的な流れは変わりません。
ユニット数(テストの数)も変わりませんが、当然のことながら問題は難しくなっており、ユニットあたりのパートも一部増えていますので、解説フェーズもテストもより時間がかかるでしょう。

GAIQ取得の試験対策と勉強のコツ

特に初級コースであればテストの内容は動画やデモアカウントの操作を行っていれば基本的に理解できるものとなっています。

これら公式のオンライン講座以外にも、市販されているGoogleアナリティクスの解説書・GAIQ対策本で学習したり、GAIQ合格講座やGAIQ対策セミナーを受講したりといった方法もあります。

ただ、この資格の目的がアナリティクスの習熟度を測るものということから、実際にアナリティクスを使いながらスキルを向上させていくのがよいのではないでしょうか。

まとめ

GAIQは手軽に受けられるGoogle公認資格である上、試験勉強を通して得たGoogleアナリティクスの機能や分析に関する知見をそのままビジネスに活かせる点で、メリットがあります。
一方、再受験も簡単で繰り返していればいつかは取れてしまうため、過信は禁物です。

普段からアナリティクスをお使いの方は、力試しの意味も込めて勉強・受験してみることで、アナリティクスの新たな機能・側面を知ることができるよい機会になるかもしれません。
逆に、アナリティクスに慣れていないと難しい問題が多いですので、基本的な使い方が把握できる程度には触っておくことをおすすめします。
【初心者向け】Googleアナリティクスの設定と基本的な使い方

執筆者 / 監修者

サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。

3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

◇ 情報発信
ねぎお社長のWEBマーケティングチャンネル
ねぎお社長Twitter
ねぎお社長Facebook
ねぎお社長Instagram
ねぎお社長linkedin
ねぎお社長note

◇ 掲載メディア
リスティングプラス様 - 【最新版】SEOコンサルティングのプロが語る、今後中小企業が取り組むべきSEO対策
シンフィールド様 - サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長COO根岸 雅之氏に聞いた!SEO対策で最も重要なことを教えてください!

◇ 共催セミナー歴
オウンドメディアの成功事例とSEOを支える運用型広告の活用
今日から始められるWebマーケティング~コンテンツマーケティングとGoogle マイビジネス~
GMO TECH × サクラサク共催セミナー~テクニカルSEOとコンテンツマーケ~
リモート環境下においても売上・利益が成長し続ける組織創りと営業戦略

その他のブログ記事

Return Top