SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

Googleアナリティクスでサイトを追加(プロパティ作成)する方法

Googleアナリティクスでは、1つのGoogleアナリティクスアカウントで、複数のWebサイトを分析することができます。
2020年10月以降、Google Analytics 4がローンチされたことで、従来のGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)のサイト追加方法がわかりづらくなってしまいました。

ここではGA4ではなく、従来のユニバーサルアナリティクスにて分析するWebサイトを追加・削除する方法を解説します。

【5ステップ】アナリティクスにWebサイトを追加する方法

Googleアナリティクスは、「Googleアナリティクスアカウント」「プロパティ」「ビュー」の3層構造になっています。トラッキングコードはプロパティごとに異なりますので、新たにプロパティを作成してコードを取得し、そのコードを各サイトに埋め込むことで新規サイトをトラッキングすることが可能になります

すでにアナリティクスでサイト分析を行っているという方は、アナリティクスアカウントを持っているはずです。
サイトを追加したい場合には、別のアナリティクスアカウントを新規作成してもよいのですが、同じアナリティクスアカウント内にプロパティを新規作成することが一般的です。(※ただし、別会社のサイトなどを追加する場合は、別のアナリティクスアカウントを作成したほうがよいかもしれません)

ここでは、新規プロパティを作成することでサイト追加する方法をご紹介します。

2020年10月より、Google Analytics4がローンチされたことで、デフォルトで作成されるプロパティはGA4のものになりました。
GA4は従来のユニバーサルアナリティクスとは使用感が異なり、また使用方法がわからない点も多いため、従来型のアナリティクスを作成することをおすすめします。(GA4との併用もできます)

「プロパティ作成」をクリック

Googleアナリティクスの画面左側のメニュー一覧の「管理」から管理画面に移動し、中央の「プロパティを作成」をクリックします。

「プロパティを作成」をクリック

※プロパティを作成するためにはGoogleアナリティクスのアカウント権限が必要です。権限がない場合にはアナリティクスアカウントの管理者にアカウントの編集権限を付与してもらいましょう。

基本項目を入力

プロパティ名の入力、タイムゾーンや通貨の設定を行います。「次へ」が有効になりますが、ユニバーサルアナリティクスプロパティを作成するのであればクリックしてはいけません。代わりに「詳細オプションを表示」をクリックします。

新規プロパティの設定

ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成

「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」ボタンをオンに切り替え、サイトURLを入力し、GA4のプロパティを作成するかどうかを選択します。
GA4については後からでも作成でき、ここで作成しなくてもかまいませんが、デメリットもありませんので作成しておくとよいでしょう。
ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成

ビジネス情報を入力

指示に従って業種・ビジネス情報・利用目的を選択します。完了後「作成」を選択します。
これでユニバーサルアナリティクスプロパティが作成できます。

ビジネス情報を選択

トラッキングコードを取得しサイトに埋め込む

新たに作成したユニバーサルアナリティクスのプロパティ(UAから始まるIDであることを確認してください)が選択されていることを確認し、「トラッキング情報」→「トラッキングコード」からグローバルサイトタグを表示します。これをサイトに埋め込みます。動作確認まで行っておくと安心です。

トラッキングコードを確認

以上でユニバーサルアナリティクスのプロパティ追加とデータ取得準備は完了です。

GA4のプロパティも作成した場合には、同様にコードを取得してサイトに埋め込んでおく必要がありますので一緒に行っておきましょう。

プロパティを削除したい場合の手順

Webサイトの閉鎖や移管などにより、Googleアナリティクスでの当該Webサイトのアクセス解析を終了したい場合などは、次の手順でプロパティを削除します。

Webサイトからトラッキングコードを削除する

Googleアナリティクスの管理画面にて、削除予定のプロパティを選択し、「トラッキング情報」→「トラッキングコード」からグローバルサイトタグを確認します。
ここで表示されるUA-xxxxxxxx-yから成るプロパティIDを手掛かりに、サイト上からトラッキングコードを削除します。

トラッキングコードを確認

削除対象のプロパティを選択

Googleアナリティクスの管理画面中央のプロパティ列に削除したいプロパティが選択された状態で「プロパティ設定」をクリックします。
削除するプロパティを選択

ゴミ箱に移動する

改めて削除して問題ないプロパティかどうかを確認し、「ゴミ箱に移動」をクリックします。

プロパティをゴミ箱に移動する

以上で削除作業は完了です。

なお、削除したプロパティは削除後35日間、Googleアナリティクスアカウントの「ゴミ箱」に一時保管されます。期限を過ぎると自動的に完全削除され、完全削除されたデータは二度と復元できないので、削除する際は慎重に判断しましょう。
ゴミ箱から復元したい場合は、ゴミ箱内で対象プロパティを選択して「元に戻す」を操作することで復元できます。
Googleアナウンスアカウントの削除も同様の手順で行うことができます。

参考:Googleアナリティクスのアカウント削除手順と注意点
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/delete-google-analytics-account

参考:Googleアナリティクスの構造:「アカウント」「プロパティ」「ビュー」

前述した通り、Googleアナリティクスは、「Googleアナリティクスアカウント」「プロパティ」「ビュー」の3層が入れ子状になっています。

アカウント・プロパティ・ビューの構造

画像出典:https://support.google.com/analytics/answer/1009618?hl=ja

1つのアナリティクスアカウントには最大100のプロパティを、1つのプロパティには最大100のビューを作成することが可能です。
アナリティクスアカウントを削除すると下層のプロパティとビューが、プロパティを削除すると下層のビューが全て削除されることになります。

また、権限についても同様に、アカウント権限をもったユーザーはアカウント内のプロパティの、プロパティの権限をもったユーザーはプロパティ内のビューの権限も持っていることになります。

アカウント内のプロパティや権限を持ったユーザーはアナリティクスの管理画面から確認することができます。

まとめ

個人はもちろん、同じ組織やメンバーで複数のWebサイトを運営している場合は、1つのGoogleアナリティクスアカウント内にプロパティを作成してWebサイトを分析すると管理上の手間が省けます。
Googleアナリティクスの機能を活用して、効率的なWebサイト運営を行いましょう。

執筆者 / 監修者

ねぎお社長 (根岸雅之)
ねぎお社長 (根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top