ブログ

Googleデータスタジオの使い方!レポートの作成方法とは

9月末から、日本でもGoogleデータスタジオ(ベータ版)が使えるようになりました。もともと有償ツールである「Googleデータスタジオ360」の一部機能を制限した無償版ツールです。
Googleアナリティクスとの連携も出来るので早速使ってみました。

1.Googleデータスタジオとは

Googleデータスタジオとは、様々なデータをグラフなどで視覚化したレポートを作成できるツールです。UIに優れていてパワーポイントで資料を作成する感覚でレポートが作れます。

連携出来るデータソースはGoogleアナリティクスの他、
・AdWords
・You Tubeデータ
・Google Spreadsheet
・Rio Olympics
・BigQuery
・Tableau
・Power BI
等、用途に合わせて複数選択出来ます。

使用率が高いのはアナリティクスやAdWordsといったところが多そうなので、今回はアナリティクスでレポートを作成してみました。

2.Googleデータスタジオの使い方

Googleデータスタジオは無料のツールです。Googleアカウントと連携したデータソースがあれば誰でも使えます。
アカウントを持っている方はこちらからログインしましょう。

データソースの選択と連携

下図がスタートページです。既にサンプルが幾つかありますが、いきなり使うより新規で作成した方が後々理解しやすいので、まずは「新規レポートの開始」を選択しましょう。

1

新規作成をポチッとすると真っ白なページが表示されます。ここでどのデータソースを利用するか選択します。

2

利用率が高いと思われるGoogleアナリティクスを選択。

3 データソース選択

その後、アカウント、プロパティ、ビュー設定の順で連携するサイトを選択していきます。この辺りはアナリティクスの画面と同じなので分かりやすいですね。

4 ビュー選択
その後、どのデータをグラフ化するかの選択画面へ移動します。ここは後からなんでも変えられるので、とりあえず適当に選んでいOKです。

2.5 フィールド

ここまでで視覚化する元データの選択が完了しました。

3.Googleデータスタジオのレポート作成方法

それではデータソースを確定したら早速レポートを作ってみましよう。新しいレポートの開始を選択すると、右側に先ほど作成したデータソースが右側に表示されていると思います。

5

作成したデータソースを選択すると下図のような表示タブが出てきます。主に下記の5つのブロックに分かれています。

・更新ブロック
・選択/元に戻るボタン
・グラフ選択ブロック
・テキスト・画像等の挿入ブロック
・フィルタブロック

6 メニューリスト

視覚化データは、「グラフの選択」から任意のグラフを選択肢、フリーエリアをクリックすると自動で出てきます。

7 グラフ例

基本的に、右側にある「グラフのプロパティ」欲しいデータを選択してグラフ化していきます。上図は参照チャネルを選択し、セッション数をグラフ化したものです。ブレインネットのサイトは殆どがオーガニックからの流入ですね。
プロパティはほぼGoogleアナリティクスのものと同じです。

後はここまでのグラフ作成を繰り返して、欲しい情報を纏めるだけです!下図はコンバージョンしたアクセスだけを元に幾つかグラフを組合せたものです。無駄にカラフルになっていますが、パワーポイントを使うような感じで、感覚的に操作出来ます。

Googleデータスタジオ全体の感覚を掴むのに若干時間が掛かりますが、ある程度慣れれば上記グラフを作成するのに10分程度でしょうか。これまでエクセルで加工したり、パワーポイントで作成していたことを考えると非常に便利です。

フォントやサイズ、背景、プレーンテキストの追記、ラベルの追加など、色々と装飾も可能です。
※テンプレも予め用意されているので、そちらを使っても便利です。

ただ、プロパティの項目はアナリティクスとほぼ同じなので、普段使い慣れていないと、欲しいデータはどうやって出せばよいのか、最初は戸惑うかもしれません。

作成したグラフは、共有URLやメール送信で共有が可能で、クラウド保存ももちろんできます。

9共有

Googleデータスタジオは可視化したデータが感覚的に作れるのでとても便利です。顧客に提供するレポートや上司や社内への共有など、パッと見で伝える分には十分な機能が備わっており、パワーポイントのように資料のページ送りもできるのでプレゼン用としても機能しそうですね。

一方で、定期レポートの自動送信やレポート上での演算ができないなど、あったらいいなと思う機能も幾つかありました。まだベータ版なので今後の改善に期待したいところです!




監修者:山口 真司

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

学生時代、広告人材会社と起業家コンサルティング会社でインターンを経て2017卒としてサクラサクマーケティングの新卒1期生として入社。
SEOコンサルタントとしてインターン時代から案件を持ち、大手ポータルサイト等大型案件を中心に常時20サイト以上のクライアント様のWebマーケティング成功に注力。

サクラサク期待のエースとして、お客様のサポートだけでなく、社内業務効率化も取り組み日々奮闘中。



SEOトレンドレポート

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 第8回Web&デジタル マーケティング EXPOに出展【10/24~26 幕張】

    サクラサクLABOを運営するサクラサクマーケティング株式会社は、2018年10月24日~26日の3日間、幕張メッセで開催される「第8回Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】」に出展しております。 弊社は、SEO […]...

    1. 【インタビュー】株式会社オリエンタライズ様「4ヶ月でアクセスが4倍!1年で10倍!」BtoCのコンテンツマーケティング事例

      店舗販促品ECサイトのコンテンツマーケティングの実施のお手伝いをしました。 店舗装飾関連に課題がある人の悩みを解決できるようなコンテンツの発信を行い、装飾関連のキーワードで軒並み上位表示に成功しアクセス数も急増しました。 […]...

      1. 【インタビュー】株式会社バサラホールディングス様「内製化による目標大幅達成!」BtoCのコンテンツマーケティング×SEO弊社施策成功事例紹介

        着物の着付け・レンタルサービスを各種メディアの複合的な活用によるWebマーケティング施策を展開。 店舗担当者がコンテンツを発信できる体制の構築によりSNSとWebサイトを有機的に活用したプロモーションに成功しました。 ・ […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP