ブログ

しごと検索(旧Google for Job)の仕様と掲載方法

2019年1月、Googleが日本で「しごと検索」をローンチしました。
しごと検索とは、Google検索上から直接求人検索を行える機能のことです。当初2017年6月米国から”Google for Jobs”の名称でローンチされ、徐々に対応地域を広げており、現在は”JobPosting”と改称されています。

しごと検索はGoogle検索上での露出を高められるメリットがあり、表示されるための条件に対応して、すでに多くのサイトが掲載されていることが確認されています。

この記事ではGoogle for Jobsの概要とその動向についてまとめました。

Google しごと検索とは?

Googleは、ユーザーがあるクエリ(検索ワード)で検索した際に、それが求人を探している(もしくは探しているかもしれない)とGoogleが判断した際に、Googleはクエリに合った求人情報のリストを表示させるようになりました。

たとえば以下のようなクエリです。

営業 求人
カフェ バイト

検索結果画面内に求人情報のリストが表示され、職種や更新日などで絞り込むこともできるようになっています。
さらに詳しく知りたい場合や応募したい場合には、求人情報提供元のサイトに移動することもできます。

sd-jobs-head-of-catering

画像出典:Webmaster Central Blog

Google for Jobsで表示される求人情報一覧は、Googleが各サイトを自動で巡回し、取得した求人情報の中から、機械学習やAIの技術をもとにユーザーに最適な結果を表示しているとのことです。
検索結果の上部に表示されるため検索ユーザーがまずこのリストに目を留める可能性が高いです。

必ずしも大規模サイトから選ばれるわけではないことから、すでに検索上位を達成していた求人サイトにとっては脅威でしょうし、そうではないサイトにとってはチャンスになるかもしれません。
というのも、Google for JobsではSEOの強さではなくユーザーが探している条件と合致しているかどうかによって案件が表示されるため、小規模サイトの求人案件情報が検索ユーザーに届けられる可能性が今よりずっと高まることが期待されます。

Google for Jobsで表示されるためには?

Google for Jobsに表示されるための対応について、ドキュメントは公開されています

https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting?hl=ja

Google for Jobsで表示されるための条件として、以下の2つの方法が挙げられています。

  • 自サイトの求人情報を構造化データでマークアップする
  • URLをGoogleに送信する

しごと検索の構造化データマークアップ

自サイトに掲載している求人情報を表示させるためには、まず構造化データでのマークアップが必要です。
マークアップは以下のような要領です。

<script type="application/ld+json"> {
  "@context" : "http://schema.org/",
  "@type" : "JobPosting",
  "title" : "SEOコンサルタント",
  "description" : "<p>【未経験可】SEOコンサルタント/Webマーケティング営業募集</p>
    <p>■応募資格:学歴・経験不問・30歳くらいまでの方</p>
    <p>■勤務時間:10:00~19:00(休憩1時間含む)</p>
    <p>■給与:月給23万円以上(能力等を考慮)</p>
    <p>応募ご希望の方は履歴書を郵送ください。</p>",
  "datePosted" : "2017-07-31",
  "validThrough" : "2017-08-31T09:00",
  "employmentType" : "FULL_TIME",
  "hiringOrganization" : {
    "@type" : "Organization",
    "name" : "サクラサクマーケティング株式会社",
    "sameAs" : "http://www.sakurasaku-marketing.jp/"
  },
  "jobLocation" : {
    "@type" : "Place",
    "address" : {
      "@type" : "PostalAddress",
      "addressRegion" : "東京都",
      "addressLocality" : "渋谷区",
      "streetAddress" : "恵比寿南1-24-2 EBISU FORT 5F",
      "postalCode" : "150-0022",
      "addressCountry": "JP"
    }
  },
  "baseSalary": {
    "@type": "MonetaryAmount",
    "currency": "JPY",
    "value": {
      "@type": "QuantitativeValue",
      "value": 230000,
      "unitText": "MONTH"
    }
  }
}
</script>

このうち必須項目としては、description(求人詳細・募集要項)、datePosted(投稿日)、hiringOrganization(募集企業)、jobLocation(勤務地)、title(職種)、validThrough(求人の有効期限)があります。
また、上記に該当しなくとも、資格やスキルなど推奨項目になっているものはマークアップを行っておくと表示される確率が上がるのではないかと考えられます。これはしごと検索がAIによって掲載判断されており、AIの判断材料を増やすためです。

他にもマークアップの際にはガイドラインをよく確認しながら進めることがおすすめです。
たとえば、title(職種)については、あくまでも職種を記載するため、キャッチフレーズや勤務地などは含めてはいけません。
マークアップを済ませたら構造化データテストツールやリッチリザルトテストツールにて、記述が正しくできているかチェックします。

構造化データについて基本的なことは以下の記事も参照ください。
構造化データとは?~HTMLを構造化する前に知っておきたいこと~

実際にしごと検索に表示されている弊社の採用ページもご参考ください。
採用情報 – サクラサクマーケティング

URLの送信

マークアップが完了しページを公開したら、URLを送信します。
送信方法は2つあり、1つはサイトマップを送信する方法、もう1つはIndexing APIを使用する方法です。

まずは、次はサイトマップにURLを記載してGoogleに送信する方法です。

サイトマップとしてはXMLサイトマップでもrss/atomフィードでもかまいませんが、以下2点に注意が必要です。
サイトマップは1日に1回以上更新する
・URLのリストに加えて、更新日(XMLサイトマップであれば<lastmod>)をなるべく正確に記載する

上記の準備が済んだら、以下のURLよりGoogleにリクエストを送信します。
http://www.google.com/ping?sitemap=http://example.com/sitemap.xml
※”http://example.com/sitemap.xml”の部分にはサイトマップのURLを入力します。

一方、Indexing APIを使用する方法では、URLの追加や削除の情報を直接送信することができます。
使用するにはサーチコンソールの権限が必要です。
公式ドキュメントに沿って行えばエンジニアにとっては設定自体は難しいものではありませんが、なれない場合はエンジニアに依頼することがおすすめです。

Indexing API クイックスタート

これで準備は完了で、Googleに設定が伝われば次第に最適な検索ユーザーに対して求人情報が検索結果上で表示されるようになります。
が、サイトによってはこれらの要件を満たすのが大変になるかもしれません。

また、すでに求人案件がどれだけ表示されたのかや、どれだけクリックされたかなどを、Search Consoleの検索アナリティクスから見れるようになっています。
どのような案件であれば表示されやすいなど、PDCAが可能になりそうです。

まとめ

しごと検索では、検索結果上への露出が増えるということから、数多くのサイトが構造化データマークアップを行ってしごと検索に掲載されていますが、一方でGoogleはガイドラインに違反したパブリッシャーへの手動による対策を強めています。
せっかくマークアップを行ってもペナルティを受けてしまっては表示ができませんので、ガイドラインを確認しながら実装を進めていくことがおすすめです。

なお、現状しごと検索では、求人者と求職者の橋渡しをするという立場から、その仲介として求職者を求人者のサイトに誘導していますが、将来的にこの方式を続けるかどうかの保証もありません。
米国ではGoogle for Jobsに続いて、求人者による求職者管理を楽にする”Hire”というアプリをリリースおり、求人市場に意欲的な姿勢をうかがうことができます。
https://www.blog.google/products/g-suite/google-introduces-hire-new-recruiting-app-integrates-g-suite/

Googleが求人・人材分野でどのように展開しどこへ行こうとしているのか、動向に注目しておく必要があります。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

執筆者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP