SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

Googleマイビジネスのメリットと登録・編集方法

GoogleマイビジネスはGoogleの無料サービスで、登録された情報はGoogle検索やGoogleマップで表示されることがあります。
基本的な情報の掲載だけでなくイベントの告知やウェブページの作成もできますので、Googleマイビジネスは店舗経営している方だけでなく、会社など組織にとっても登録をおすすめするサービスです。

具体的にどのようなメリットがあるのか、詳しくご紹介します。

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは、Googleが無料で提供しているサービスです。
2014年にGoogleプレイスとGoogle+が統合してより機能的になり、営業時間や連絡先、地図、店舗イベントなどさまざまな情報を一括で管理できます。

Googleマイビジネス
https://www.google.com/intx/ja/business/

2017年6月には投稿機能が追加され、店舗情報に加えてさまざまな情報を表示できるようになり、商品の購入や予約などがより簡単にできるようになりました。

Googleマイビジネスに掲載できる情報と場所

Googleマイビジネスに登録すると、ナレッジパネルとGoogleマップに情報を掲載することができます。

Google検索時に表示されるナレッジパネル

Google検索で店舗や会社名が検索されたとき、画面右側のナレッジパネルに詳細情報が表示されることがあります。

ナレッジパネル

ナレッジパネルにはGoogleマイビジネスに登録していなくても住所などの基本情報が掲載されることがありますが、Googleマイビジネスに登録すると営業時間や公式ホームページなどが追加できます。
また、自動的に現在位置からの道順、混み合う時間帯、提供しているサービス、口コミ情報などが自動的に掲載されます。

携帯電話やスマートフォンなどモバイル端末からでも閲覧が可能で、モバイル版では電話番号をタップすると、すぐに電話がかけられるようになっています。

2017年から追加された投稿機能では、詳細、予約、申込、購入、クーポンの5種類が設定でき、売れ筋商品や新商品の紹介、イベントの告知、実施中のキャンペーンをナレッジパネルに表示させることができます。

投稿では、イベントの投稿は終了まで、その他の投稿は1週間、常に最新の情報が表示されます。
1週間以内に複数の情報を投稿することも可能で、2件以上の投稿がある場合はナレッジパネル上で横へスライドして見ることができます。

イベントの期間が終了したり、投稿後1週間以上経った情報は自動的に表示されなくなるため、古い情報を整理する必要はありません。

Googleマップへの表示

Googleマイビジネスに登録しておくと、検索したキーワードに応じて店舗情報がGoogleマップ上に表示されるようになります。

たとえばユーザーが何らかのサービスを受けたいと思って「近くの○○」などと検索すると、現在地付近の該当店舗が表示されます。Googleマイビジネスに登録していると、より正確な位置や店舗情報、店舗の写真などが上位に表示されやすくなると考えられます。

Googleマイビジネスのメリット

Googleマイビジネスの最大のメリットは、無料で利用でき、設定も簡単で、検索者への露出が増やせる点です。
新規店舗のサイトを立ち上げようとすると、意外と費用や時間がかかってしまいます。
また、せっかくサイトを立ち上げても、検索で上位に表示されなければ閲覧者が増えず、アピールに繋がりません。

Googleマイビジネスに登録すると、自然検索でも上位表示されやすく、多くの人の目に留まりやすくなります。

Google検索やマップでは、より正確で最新の情報を掲載するようにしておくと、Googleはユーザーのサイトや店舗に対する信頼度は上がると考えているため、検索順位等も上がりやすくなると考えられます。
また、本来検索エンジンでは不向きなイベント告知ページを掲載したり、タップ一つで店舗に電話がかけられるなど、見込み客の購買や来店のモチベーションが高いうちに店舗へ誘導できるため、さらなる集客や売上アップが期待できます。

Googleマイビジネスの登録手順

Googleマイビジネスへの登録は、検索結果から登録する方法と、Googleマイビジネスのページから登録する方法があります。
検索で店舗の情報が出てこない場合や、新規店舗を開店する場合はGoogleマイビジネスのページから直接登録することになります。
Googleマイビジネスを使うためにはGoogleのアカウントが必要になりますので、お持ちでない方は予め取得しておくとスムーズです。

すでに登録されたナレッジパネルから登録する方法

Googleマップで自分の店舗名や住所、電話番号を検索すると、Googleマイビジネスに登録していなくても店舗情報が掲載されていることがあります。これは、Googleが外部情報などを用いて自動的に登録しているためです。

ビジネス登録が済んでいない場合、店舗情報の欄に「ビジネスオーナーですか?」と記載され、情報を編集することができません。

このビジネスのオーナーですか?

「ビジネスオーナーですか?」をクリックし、後述するようにオーナー登録と確認が済めば、店舗情報を編集することができるようになります。(なお、登録が済んでいる場合でも「ビジネスオーナーですか?」は表示される可能性があります)

Googleマイビジネスのページから登録する方法

新規で開店した店舗や新会社などGoogleが情報を持っていないビジネス情報の場合は、以下のページから新たに登録する必要があります。
https://www.google.co.jp/intl/ja/business/

Googleマイビジネスのページを開き、「ご利用を開始」をクリックすると、店舗名、住所や電話番号、店舗のカテゴリを入力するフォームが表示されます。全て入力し「続行」ボタンを押すと、オーナー確認の画面があらわれますので、利用規約をよく読み、「ビジネスを管理する権限があり、利用規約に同意する」にチェックを入れて「続行」をクリックします。

オーナー確認とは

オーナー確認は自分がビジネスオーナーであると確認するもので、Googleマイビジネスに登録された店舗情報を編集するために必要です。

オーナー確認を行うことによって、Google検索やマップに表示される店舗情報が正確であるとGoogleに伝えることができ、利用者からの信頼性が上がります。また、オーナー確認によって、なりすましによる被害を未然に防ぐことができます。

オーナー確認の方法

オーナー確認の方法には、以下の4種類の方法があります。ただし、郵送以外の方法で認証できるケースは限られているようです。

郵送で受け取る方法

Googleマイビジネスに電話番号に記載がない場合や店舗自体の登録がない場合は、郵送でハガキを受け取り、確認コードを取得する必要があります。
海外からの郵送されるため、オーナー確認完了までに時間がかかってしまうこともありますが、多くの場合、この方法でオーナー確認を行うことになります。

電話で受け取る方法

店舗情報や電話番号が既にGoogleマイビジネスに登録されている場合は、電話で登録コードを受け取ることができます。
登録されている電話番号に自動音声での電話がかかってくるので、伝えられたコードを入力することでオーナー確認が完了します。

メールで受け取る方法

Googleマイビジネスの登録がされており、記載されている公式サイトなどにメールアドレスが記載されている場合、メールで確認コードを受け取ることが出来る場合もあります。

メールで確認コードが取得できる場合、「メールによる確認」が選択出来るはずです。

Google Search Consoleでの確認方法

Googleマイビジネスに公式サイトの記載があり、Google Search Consoleに公式サイト、Googleアカウントが登録済みである場合は、そのGoogleアカウントでオーナー確認をしようとすると、確認コードを入力しなくてもオーナー確認が完了する場合があります。

対面で行う方法

店舗情報がGoogleマイビジネスに登録されていない場合で、急いで店舗を登録してGoogleマイビジネスを使いたい時に最も早くオーナー確認ができる方法です。

対面でオーナー確認を行う方法は選択肢に表示されていませんが、「確認コードの受け取り方法をお選びください」をダブルクリックすると表示されます。

「お問い合わせ」から対面で確認コードを受け取りたい旨を伝えると、担当者がオーナー確認をしに出向いてくれます。

Googleマイビジネスの活用方法

Googleマイジビネスでは基本的な情報の掲載だけでなく、イベント告知などのプロモーションを行うこともできます。

代表的な機能についてご紹介します。

ウェブサイト作成機能

Googleマイビジネスでは、店舗のウェブサイトを作成することができます。
PCからもモバイルからも閲覧可能なものですが、1ページだけの簡易なもので、検索トラフィックは期待できるものではないでしょう。

Googleマイビジネスのウェブサイト機能

すでにWebサイトを持っている場合は利用しなくてよい機能ですが、まだ持っていないのでしたら利用する価値があります。

ウェブサイトはGoogleマイビジネスのダッシュボードから作成することができます。
基本的なレイアウトは自動的に行ってくれますし、コンテンツも登録時に設定した情報を自動的に掲載してくれます。
新たに写真や概要文などのテキストを追加するだけで簡単に作成が可能です。

独自ドメインも利用できますが、SEOには不向きであること、モバイル向けのウェブサイトであること、最低限の情報のみの掲載であることから、ゆくゆくはきちんとしたウェブサイトを開設されることをおすすめします。

投稿機能

投稿機能とは、2017年から追加された機能で、ナレッジパネルに売れ筋商品や新商品、イベントの告知などが表示できる機能です。

投稿機能では、詳細、予約、申込、購入、クーポンの5種類が設定でき、クリックするとウェブサイトの特定のページにユーザーを誘導することができます。

Googleマイビジネスの投稿

写真や画像つきで表示され、投稿の閲覧数やクリックの数はマイビジネス管理画面上から行うことができます。

投稿の掲載期間は基本的に1週間で、イベントなど期間が決まっているものは終了まで掲載され、2件以上の投稿はナレッジパネル上で横へスライドして見られるようになります。

質問と回答

Googleマイビジネスに登録すると、検索結果の右側に表示されるナレッジパネルに、店舗に関する質問とオーナーからの回答を掲載することができます。

オーナーも質問を投稿することができるので、あらかじめ質問と回答を入力しておくことでよくある質問集のように使うこともできます。

ただし、質問と回答はAndroid端末でしか利用ができず(本投稿作成時点)、ユーザーから質問が投稿された場合も通知はAndroid端末でのみ受け取ることになるので注意が必要です。

まとめ

Google検索やGoogleマップに店舗情報やタイムリーなキャンペーン、サービスなどを掲載できるGoogleマイビジネスは、ローカルビジネス運営者にとって非常に有益なサービスです。
まだ登録していない場合は登録し、最低限オーナー確認まで済ませておくことをおすすめします。

また、活用方法でご紹介した機能は全て2017年中に実装されたもので、今後も機能が拡張される可能性があります。
利用できる機能は利用しつつ、新たな機能が使えるようになった際には競合に先んじて使ってみてはいかがでしょうか。

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top