SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

Googleマイビジネスでオーナー確認を行う方法とメリット

Googleマイビジネスとは

GoogleマイビジネスはGoogleが収集したビジネス情報のリストで、Google検索やおいて会社名や店名を表示させることができるサービスです。
Googleマイビジネスに登録する際にはオーナー確認が必要になります。
ここではGoogleマイビジネスでオーナー確認を行う方法や得られるメリットなどについてご紹介します。

オーナー確認とそのメリット

Googleマイビジネスを利用するうえで必要となるのがオーナー確認です。
Googleマイビジネスに登録していなくても、Googleがビジネス情報を保有していることはありますが、オーナー確認がされていない状態です。
確認を完了することで以下のようなメリットがあります。

掲載できる情報量が増える

オーナー確認をしていない場合、掲載されるビジネス情報は限定されます。
住所や電話番号といった最低限の情報のみが掲載されることになりますが、オーナー確認を行えば追加でさまざまな情報を掲載できるのです。

ビジネス情報を充実させることによって一般ユーザーに事業の内容をアピールできますし、イベント告知・魅力や強みなどを伝えることもできます。

ユーザーと交流できる

オーナー確認をしておけばユーザーから寄せられた口コミや質問に対して返信することも可能で、さまざまなユーザーと交流できるようになります。
顧客との距離が近いビジネスならより大きな武器となり、ユーザーの信頼獲得にも貢献できます。

分析データが取得できる

ユーザーがどのようにして自社のビジネス情報にアクセスしたのかといった分析データを取得できるのもメリットです。
Googleマイビジネス上で自社の情報がどれだけ表示されたのか、行ったイベント告知がどれくらい見られたのか、ビジネス情報の電話番号タップからどれだけ電話されたのかなどが取得可能です。

ビジネスの信頼性が向上する

オーナー確認を行うということは、そのビジネス情報の信頼性が確保されるということです。
ユーザーの信頼が得られるのはもちろん、Googleも情報の信頼性を重視していますので、Googleでのウェブ検索やマップ検索にて自社のビジネス情報が表示されやすくなる可能性があります。

マイビジネスオーナー確認の方法

マイビジネスを活用するにはオーナー確認が必要です。
ここではその方法についてご紹介しましょう。

確認ハガキ郵送のリクエスト

まずはじめに、ビジネスオーナー確認のためのハガキを郵送してもらうようにリクエストをします。
ほとんどのビジネスではハガキによる確認となりますが、電話やSMS、メールなどでオーナー確認ができる場合もあります。

ハガキが届いてからの手続き

確認ハガキ郵送の申請をすると、数週間後にGoogleからハガキが送られてきます。
このハガキには固有の確認コードが記載されていますから、マイビジネスオーナーにログインしてそれを入力します。

マイビジネスオーナーにログインしたら、メニューからオーナー確認を行うに進み、今すぐオーナー確認というボタンをクリックします。
あとは表示されるガイドに従いながらコードを入力すれば、オーナー確認は終了です。

情報が反映されるまでの期間

オーナー確認が終了しても、すぐにその情報が反映されるわけではありません。
反映されるまでの期間については、Googleも明示していません。

目安は数週間程度となっており、早めに反映されるケースもあれば多少時間のかかることもあるようです。
反映されているかどうかこまめに確認してみましょう。

まとめ

Googleマイビジネスをうまく活用すれば、地域のユーザーに自社のアピールがしやすくなります。
利用するうえでデメリットはないので、利用しない手はありません。

Googleマイビジネスの活用方法については下記にて紹介しています。
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/google-mybusiness

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top