SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

  • SEO・コンテンツマーケティングなら
    サクラサクマーケティングにお任せください。

Googleポリシーオフィスアワーまとめ(2022年9月1日)

9月1日にGoogleポリシーオフィスアワーが開催されました。
いつものようにGoogleの金谷さんとあんなさんが回答した内容をまとめました。

常時100社以上の中小企業のSEO・コンテンツマーケティングを支援

お知らせ

ヘルプフルコンテンツアップデート

早く言えばユーザーの役に立たないコンテンツやサイトの順位を下げるアップデートとのことです。

参考
What creators should know about Google’s helpful content update – Google検索セントラル
More content by people, for people in Search – Keyword

目新しいアップデートではなく、引き続きユーザーに価値のあるコンテンツを作ってほしい
既存のコンテンツを使用する場合でも、自身の見解を加えるなど、価値を加えるとよい、とのことです。

インターナショナルターゲティングレポート廃止

9/22まで
hreflangが使えなくなるわけではありません。

Q&A

「リダイレクトエラー」の原因となるURL

GSCカバレッジエラーの理由に「リダイレクトチェーンに不正または空のURLがある」と表示される
不正または空のURLとはどういうことか

不正なURLは、URLが壊れて成立していない場合(たとえばhttpsから始まるのではなくでhtppsのようなもの)
空のURLは、リダイレクト先が設定されていない(行き先がない)場合

リダイレクト元ページがインデックスされる

ログインページはログインボタンを押すとURLの遷移なしでモーダル表示される仕様になっているが、/loginというディレクトリの配下がインデックスされている
元ページには302リダイレクト設定がされているがインデックスされるのはなぜか
インデックスを削除する方法はあるか

仕様である
インデックスを消す方法は難しいが、これによる弊害がないのであれば消さなくてはいけない理由はないのではないか
ヘルプフルコンテンツアップデートの内容とも性質が違う
URL削除ツールを使用してもよいが、やらなくてもよい

Googleはリダイレクトされていても、有用だと思ったページをインデックスすることがある
正規化を図った結果インデックスしている
今回は極めて普通の現象であり、珍しいことではない

リダイレクトエラーでインデックスされない

リダイレクトされていないのにリダイレクトエラーでインデックスされない
URL検査をすると「リダイレクトエラー」となるが、公開URLテストでは「URL は Google に登録できます」と表示される

担当チームに共有したので改善される可能性が高いと思う

FAQ構造化データの記述内容およびその形式

「引っ越し ランキング」で検索すると、一般的なFAQとは異なる内容、形式で表示されるが問題ないのか

FAQの構造化データの使い方ではないと思う
問題あるかどうかについてはスパムチームが判断する

しごと検索のパラメータに応じたコンテンツ

Googleしごと検索のパラメータ(google_jobs_apply)が付与されている場合に、コンテンツを出しわけるのはガイドライン違反になるのか?
求人情報自体はそのまま掲載し、(しごと検索で求人内容を確認したユーザーがすぐに応募できるように)応募フォームをファーストビューに差し込むことを想定している

問題ないのではないか
検索エンジンと人とを区別しないのであれば問題ない
トップに応募ボタンを付ける以外にも、詳しい情報や写真など載せきれなかった情報を載せせた上で応募してもらうなど、ほかにオプションはあるのではないか

pros and cons」構造化データの利用条件

個人ブログにあるサービスについてのレビュー記事を書き、そこに記載したメリットデメリットを「pros and cons」構造化データでマークアップしようとしているが問題ないのか

大丈夫なのでやってほしい
むしろそういうもの(使う側の感想)を想定している

なお、構造化データを使っていなくても長所短所を認識した場合には表示されることがある

robots.txtとnoindexの実装順序

「robots.txtによりブロックされましたが、インデックスに登録しました」が急増した
「robots.txtを解除→noindexを入れる」で経過観察をするとよいのか
indexが外れたあとにrobots.txtを再設定するのはよくないのか

一概には言えないが、robots.txtを解除後noindexを設定したままがよいのではないか

キャッシュページを見られるのを防ぎたい

noarchiveを設定した後cache:コマンドを使用した場合にキャッシュが一時的に消えていたが再度復活してしまった

noarchiveで防げる
何らかの理由で一時的に見えていただけではないか(今は見えていない)

“|”を含んだURLのクロールブロック方法

“|”を含んだURLのクロールをブロックするために、robots.txtでdisallowを行った
robots.txtテスターとURL検査ではブロックが確認できるがカバレッジレポートではクロールされた状態でレポートされてしまう
“|”をエンコードした”%7C”を記述しても同様の結果となる
確実にブロックするにはどうすればよいのか

エンコードした”%7C”でブロックできるはず(ただし試せていないとのこと)

検索結果に表示されなくなった

特定のクエリで3位以内に表示されていたが、インデックスが消えた
原因は何なのか

人によって表示されていたり表示されていなかったりしていた
検索結果に指定席のようなものはなく、通常のアルゴリズムによる結果である

そのサイトやページがインターネットに存在する理由や上位に表示されるべき理由を提供できているかを確認するとよい

サイトがインデックスされない

Google Sitesで2022/4に公開したウェブサイトがインデックスリクエストを行ってもインデックスされない

今はインデックスされている
時間がかかることがある

おわりに

次回は9/15(木)とのことです。

Googleポリシーオフィスアワーの質問受付フォームはこちら
質問フォーム(Google ポリシー オフィスアワー)
※ランキングに関する質問には基本的に回答されないので注意

過去のオフィスアワーまとめ一覧
https://www.sakurasaku-labo.jp/blog-tags/webmaster-office-hour

無料メルマガのご登録(無料)

【登録者1万人以上】SEOの最新情報をお届け!






プライバシーポリシー

       

執筆者 / 監修者

サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。

3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

◇ 情報発信
ねぎお社長のWEBマーケティングチャンネル
ねぎお社長Twitter
ねぎお社長Facebook
ねぎお社長Instagram
ねぎお社長linkedin
ねぎお社長note

◇ 掲載メディア
リスティングプラス様 - 【最新版】SEOコンサルティングのプロが語る、今後中小企業が取り組むべきSEO対策
シンフィールド様 - サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長COO根岸 雅之氏に聞いた!SEO対策で最も重要なことを教えてください!

◇ 共催セミナー歴
オウンドメディアの成功事例とSEOを支える運用型広告の活用
今日から始められるWebマーケティング~コンテンツマーケティングとGoogle マイビジネス~
GMO TECH × サクラサク共催セミナー~テクニカルSEOとコンテンツマーケ~
リモート環境下においても売上・利益が成長し続ける組織創りと営業戦略

その他のブログ記事

Return Top