SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

  • SEO・コンテンツマーケティングなら
    サクラサクマーケティングにお任せください。

Googleポリシーオフィスアワーまとめ(2022年10月13日)

10月13日にGoogleポリシーオフィスアワーが開催されました。
いつものようにGoogleの金谷さんとあんなさんが回答した内容をまとめました。

常時100社以上の中小企業のSEO・コンテンツマーケティングを支援

検索に関するQ&A

「広告に関する問題レポート」導入時期

Google広告のポリシー変更により、リンク先URLが”Better Ads Standards”に準拠する必要があり、広告に関する問題レポートで確認できるはずなのだが、日本では未審査のままである
いつから対応するのか

広告に関する問題レポート

自然検索の対象外なのでお伝え出来ることがない

Googleサイトのサーチコンソール所有権確認

Googleサイトと同じGoogleアカウントでサーチコンソールにログインすると、自動的に所有権が確認されるはずだが、されなかった

問題は発生しておらず、一時的なものだったのかもしれない

Sitemap.xmlのlastmod(更新日)

ヘッダー、フッター、サイドメニューなどの共通部分を変更した場合、全ページでlastmodが更新されるのは適切ではないのか

絶対的なルールがあるものではない
Googleが更新を検知してクロールするというサイトマップの目的を考えると、コンテンツやサイトの構造を大きく変えるような変更を行った際に更新されるのが適切だと思われる
テンプレート部分の更新だけでlastmodを新しくするのは適切ではないとまでは言わないが、更新する必要はないのではないか

サイトを無断転載された

ある診断ページを運用しているが、内容をコピーされたサイトが上位に上がってきた
そのページのほうがコンテンツが多いため、一部をコピーされただけではGoogleにコピーサイトとして認識されなかったのか

著作権の問題になるので、DMCAのリクエストを送るとよい
※リクエストは以下より
Google からコンテンツを削除する

コンテンツの重複はアルゴリズムが自動で判断するが、盗用であるかどうかは検出していない
たいていの場合はコピーサイトとして判定していない(契約などGoogleに見えないこともあるし、Gogoleが決めつけると問題になる)

メディアサイトがMFIに移行しない

レスポンシブなどMFIに移行しても問題ない構造でサイトを作成し、リリース後2年経過したサイトにおいてサーチコンソールのメインクローラーがパソコン用Googlebotのままである
取り組むべきことはあるか、待つしかないのか

このケースではおそらくすでに移行済みである
ただ、メインクローラーがパソコン用Googlebotと表示される理由はわからなかった
フィードバックを送信してほしい

ウェルカムバナーの推奨実装方法

インタースティシャル広告タグでなく、CMSで導入を検討している
以前GSCにてアラートが発生し撤去したが、現在はポリシー変更もしくは推奨される方法での実装であればマイナスインパクトはないのか

特にポリシーやガイドラインは変更しておらず、やらないほうがよいと思う

インタースティシャルへの措置はモバイルだけからスタートしたが、今年からPCでも影響するようになっている
(※PC版のページエクスペリエンスアップデートは2月より実施済み)

このケースで共有された例は、PCは完全なインタースティシャルだが、モバイルと実装方法は異なっていた
もしかすると以前の状況で、モバイルはインタースティシャルを回避していたのかもしれないが現在はPCもインタースティシャルはNG対象である

Better Ads Standardsでは簡単に閉じられれば問題ないが、一定時間閉じることができないのであればダメ
モバイルの場合、プレスティシャルは全部ダメ、ポストスティシャルもカウントダウンがあるとダメ
Better Ads Standardsの基準から言ってもPCは推奨から外れている

ユーザーが不快に感じてしまうため、ユーザーのことを考えて業界のスタンダードを意識しつつ実装方法を検討するとよい

サイトがインデックスされない

グーグルサイトを作成してから4か月経過したが、検索エンジンで検索できない

担当チームに報告した
ホームページはすでに公開されているので、メールや必要なところに掲載するなどにより知ってもらうようにするとよい

パブリッシャーポリシーに関するQ&A

自動広告のヘッダー表示を消去できない

ヘッダーに自動広告が大きく表示されるとCLSに問題が生じるため、表示エリアを消去しようとしたが、iframeなのでプレビューできません、となり消去できない

そもそも自動広告とは表示場所を指定しなくてもGoogleが自動的に判断して表示させる広告のことである

上部に出続けるようなアンカー広告を無効化することはできるが、自動広告は無効化できない
許可された範囲を超えてソースコードをいじることはポリシー違反になるのでおすすめできない
可能であればiframe以外の実装方法を検討したり、例えば効果が高い場所がわかっているのであれば自動広告をやめてしまうのはどうか

なお、自動広告によりCLSスコアが多少悪化したとしても、自然検索のランキングへ影響することについてはあまり気にしなくてよいのではないか

アドセンスとアフィリエイト

アドセンス審査を申し込んでいるが合格しない
アフィリエイトリンクがあるが、アドセンスと併用すると違反になるのか

まずは不承認の理由を確認するとよい

なお、他の広告と併用すること自体はポリシー違反にならない
ただ、独自・有益な記事の量が足りておらず広告ばかりの場合は不承認になることがあり、審査時だけ広告をはずすというよりは1つ1つのコンテンツや全体を見直して、十分な量があるのかを確認するとよい

おわりに

次回は10/27(木)とのことです。

Googleポリシーオフィスアワーの質問受付フォームはこちら
質問フォーム(Google ポリシー オフィスアワー)
※ランキングに関する質問には基本的に回答されないので注意

過去のオフィスアワーまとめ一覧
https://www.sakurasaku-labo.jp/blog-tags/webmaster-office-hour

前回のオフィスアワーまとめ
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/google-policy-office-hour-20220929

無料メルマガのご登録(無料)

【登録者1万人以上】SEOの最新情報をお届け!






プライバシーポリシー

       

執筆者 / 監修者

サクラサクラボは株式会社サクラサクマーケティングが運営するSEO・コンテンツマーケティングを支援するサイトです。創業当初よりSEO専業として15年以上の間業界に身を置き、2016年に本メディアをスタートさせました。

その間SEOやコンテンツマーケティングだけでなく、Webマーケティングを取り巻く環境は大きく進化し、それに伴い手法や考え方も大きく変化を遂げています。そこでサクラサクラボでは、顧客の本質的なコンテンツマーケティングの支援を担う企業を目指すため、専門的な立ち位置から正しい情報発信をしております。

情報発信の形態としてはブログだけでなく、セミナー、メルマガ、ホワイトペーパー、YouTube、Twitter、Facebookなど様々な様々な媒体や手法で、SEOやコンテンツマーケティングに関して、正しくわかりやすい情報を提供しております。

その他のブログ記事

Return Top