ブログ

Google検索順位別のクリック率と必要な対策

SEO対策を行っていれば、一つでも上の順位に表示されたい、一人でも多くの人にアクセスしてもらいたいと願うのは当然です。
では、実際に検索結果上位に表示されるサイトの平均クリック率は何%なのでしょうか?
本記事では2017年に発表された検索順位別のクリック率を紹介します。
クリック率を知ることで、必要なSEO対策も分かるので是非参考にしてみてください。

 

2017検索順位別クリック率

・Internet Marketing Ninjasより発表されたデータ
https://www.internetmarketingninjas.com/blog/google/announcing-2017-click-rate-study/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1位 :21.12%
2位 :10.65%
3位 : 7.57%
4位 : 4.66%
5位 : 3.42%
6位 : 2.56%
7位 : 2.69%
8位 : 1.74%
9位 : 1.74%
10位: 1.64%
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この結果を見てみると、一番気になるのは1位と2位の差が倍近くになることです。
順位は一つしか違わないのに、クリック率に圧倒的な差が出ます。
このことから、検索結果で1位を狙う意義は大きいと言えるでしょう。

ただし、ビッグワードで1位を狙う場合、競合相手も多くなることから上位表示が難しい場合が多々あります。
ビッグワードで勝負することに固執せず、スモールワードの複合キーワードでそれぞれ上位表示を狙うほうが、トータルのクリック数が上回ることもあります。
あくまでも流入を増やし、コンバージョンを高めるのが最終目標なので、難易度が高い場合はビッグワードにこだわり過ぎるのも考えものです。

検索結果の25%~30%はまったくクリックされない

先ほど紹介した平均クリック率結果をまとめると、意外なことが分かります。
ユーザーは何かを調べたくて検索しますが、25-30%のユーザーは検索するだけで、実際に何もクリックしないのです。
この理由は、アンサーボックスの存在が考えられます。
アンサーボックスとは、Googleで何かキーワードを検索すると検索結果で表示される通常のサイトとは異なる位置(画面の最上部)に表示され、検索されたキーワード(質問)に回答するGoogleの機能です。
ユーザーが知りたい情報を素早く提供することで、ユーザーの利便性を高める狙いがあります。
アンサーボックスの機能を分かりやすく、例を挙げて解説します。

検索画面で「〇〇とは」「〇〇意味」「〇〇略」「〇〇由来」「〇〇起源」など、答えを求めるキーワードを入力すると、回答(解説文)が表示される機能です。
このアンサーボックスでユーザーが知りたい情報をクリックする前に解決してしまったことが、検索結果に表示されたサイトをクリックしなかった要因の一つとして考えられます。

また、アンサーボックス以外の可能性としては、リスティング広告をクリックするパターンも想定されます。
リスティング広告とは、サイト運営者がGoogleに広告料を支払い出稿する広告で、アンサーボックスと同様に自然検索で表示されるサイトよりも上部に表示され、検索画面でユーザーが検索したキーワードに関連する広告が表示される機能です。
ユーザーが興味を持つ、知りたい、欲しい情報を掲載したサイトが目立つ位置に表示されることから、短期間でもある程度のクリック数が見込めます。

他にも、平均クリック率を分析して分かるのは、場合よってはtitleやdescriptionも見直す必要があることです。
例えばキーワード検索で上位に表示されるのにクリック率が低い場合は、titleやdescriptionに問題がある可能性もあります。
ユーザーの興味を引き付けるようなテキストにするのも良いでしょう。
検索結果上位に表示されない場合も、1~10位に表示されるサイトと自分のサイトのタイトルや説明文を見比べると、方向性が間違っていないか、重複していないかなど改善のヒントが得られる場合もあります。

まとめ

検索順位別平均クリック率を紹介しましたが、クリック率を知ることで自社サイトを修正するポイントも見えてきます。
そして、検索結果1位と2位では大きな開きがあり、さらに1位と10位とでは雲泥の差があることから、1位を目指す意義はとても大きいです。
ですが、ビッグワードで1位を取るのが難しい場合は、スモールワードの複合キーワードを設定して、それぞれで上位を目指すとトータルのクリック数では、ビッグワードで1位の場合を上回ることもあり得るので、キーワード選定は柔軟に対応すると良いでしょう。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:冨田 健嗣

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2015年株式会社ブレインネットに営業として入社。その後2017年にサクラサクマーケティング株式会社と合併。現在はSEOのコンサルタントとして、常時20サイト以上のWEB集客の強化をサポート。

大規模メディアでのコンテンツマーケティングの成功実績を多数抱えており、現在は社内のマーケティング強化にも務めている。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

    制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

    1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

      ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP