SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

サーチコンソールの使い方と登録方法

動画でも解説!

サクラサクラボのYouTubeチャンネル、サクラサクラボチャンネルではGoogle Search Consoleの最新活用方法を動画で解説しています。

ぜひチェックしてみてください!

サーチコンソールとは

Search Console(サーチコンソール)はGoogleとは提供している無料ツールの一つで、ウェブサイトのエラーやトラフィックなど健康状態を知ることができるものです。

SEOはもちろん、ウェブサイトの健全な運営に関わるツールですから使わない手はありません。

ここではSearch Consoleの登録方法と使い方をご紹介します。

サーチコンソールに登録する手順

サーチコンソールを利用するには登録を行う必要があります。
登録のためにはGoogleのアカウントが必要となりますから、まずはアカウントを準備しなくてはなりません。

アカウントを準備したらサーチコンソールにアクセスしログインします。
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

アカウントを準備したらサーチコンソールにアクセスしログインします。
画面の右上に目をやると「プロパティを追加」という赤いボタンが見えますからそこをクリックしてください。

サイトURLを入力するフォームが表示されますから、そこにURLを入力したうえで「追加」をクリックします。

サイト認証はどう行うか

この状態ではまだサイトの認証が行われていませんので、Webサイトの管理者であることを示さなければなりません。
サイトの認証にはいくつか方法があります。

・ルートディレクトリに指定のHTMLファイルをアップロードする
・サイトトップページに指定のHTMLタグを挿入する
・すでにアナリティクス計測やタグマネージャ設置を行っている場合、それらのタグで認証する

いずれの方法でもかまいませんが、認証に用いたタグやファイルを削除した場合、認証が解けてサーチコンソールが閲覧できなくなってしまう(その場合でも改めて認証を行えば再度閲覧が可能です)ため注意が必要です。

登録が完了すると、Googleがサイトの各情報の収集を開始します。
データがたまるまで時間がかかるものがほとんどですが、サーチコンソールでチェックすべき機能を中心にご紹介します。

検索アナリティクスの使い方

SEOを行っている方にとって、サーチコンソールに登録するメリットは検索アナリティクスが使えること、という方も少なくないはずです。
検索アナリティクスは、サーチコンソール内で、「検索トラフィック」タブを開いた中にあります。

not providedのキーワード(クエリ)を取得可能

Googleアナリティクスだと流入しているキーワードのほとんどがnot providedという表示になってしまうことが多く、キーワード分析がほとんどできなくなっています。
検索アナリティクスではこうしたキーワードについても取得することができ、流入キーワードを知ることができる貴重なツールとなっています。

クリック率や表示回数がわかる

検索アナリティクスではキーワードだけでなく、クリック率や表示回数もわかります。
例えば順位が高い割にクリック率が低いキーワードや、順位が低い割にクリック率が高いキーワードが見つかった場合などでは、後者から好調な要因の仮説を出して、前者の改善につなげるといった使い方が可能です。

検索タイプごとに分析できる

ウェブ検索だけでなく画像や動画などでのセグメントができます。
分析結果によっては画像や動画に課題が見つかる可能性もあります。

検索アナリティクス使用上の注意点

検索アナリティクスは本稿執筆時点では、データの閲覧は3か月以上さかのぼることができません。
(この点については改善が進められており、より古いデータまで見られるようになる予定です)
アナリティクスのようにデータが蓄積されるわけではありませんので、必要であればデータはダウンロードして手元に残しておく必要があります。

クロールエラー

検索クローラーがサイト内をクロールしていてエラーを検知した際に表示されます。
エラーはPC・モバイルのデバイズ別に表示されます。

ステータスコードに着目してチェックするのがおすすめです。
・404はページが見つからなかった際に表示されるステータスコードです。意図して削除されたページであれば問題ありませんが、そうでない場合は至急の対応が必要の可能性があります。
・503は一時的にページが表示されなかった際に表示されるステータスコードです。メンテナンス時に表示させている場合もありますが、そうでない場合はサーバーの過負荷によりページが表示できていない場合がありますので、調査が必要になります。
・ソフト404はコンテンツがないと思われるのに、ステータスコードが200(正常)と返されるページが多数ある場合に表示されます。コンテンツがない場合は確実にステータスコード404を返すようにすることをおすすめします。

Fetch as Google

Fetch as Googleの機能は以下の2点です。
・インデックス送信
・ページのレンダリング

Fetch as Googleではサイト内の特定のページURLを送信し、Googleにインデックス依頼をかけることができます。
新規にアップされたページで、まだインデックスされていないページを送信することなどが想定されます。
ただし、送信はインデックス登録を早期に行うためのものですので、登録されることを保証するものではありません。

また、URLの送信時にレンダリングも行うようにすれば、Googleのクローラーにページがどのように見えているかもチェックすることができます。
これを行う理由は、Googleのクローラーはやや古いレンダリングエンジン(ブラウザでいうとChrome 41相当)を搭載しているため、普段ユーザーが見えているものが見えていない可能性もあります。
レンダリングに高度なレンダリングエンジンを要するもの、表示されるまでにクリックなどのアクションが必要になるものはGoogleが評価できない可能性があるため、Fetch as googleでチェックしておくことは非常に有効です。

手動による対策

これはGoogleによるペナルティを確認できる機能です。
Googleの定めているガイドラインに違反しているようなページは上位表示の対象外となりますから何としても避けなくてはなりません。
万一ペナルティを受けた場合はここにGoogleからのメッセージが送信されますので、適切に対処・対応を行う必要があります。

ただし、ペナルティには手動による対策(手動ペナルティ)と自動ペナルティがあり、自動ペナルティを受けていてもメッセージは来ませんので注意が必要です。

インデックスステータス

サイト内のページがどれだけインデックスされているかを示すものです。
急増や急減がないかどうかは日ごろチェックしておくことをおすすめします。

サイトへのリンク

自サイトがどのようなサイト・ページから被リンクを受けているかをチェックできます。
被リンクは順位向上に寄与するものですが、中には逆に順位上昇の阻害となるリンクもありますから、定期的にチェックすることで、阻害リンクにはサイト運営者にリンクの削除を依頼を出したり、それが難しい場合には否認申請を行うことを検討する必要があります。

Googleからのメッセージ

サイトの変更や異変をGoogleが検知した際に、Search Console上や登録してあるgoogleアカウントのメールにGoogleからのメッセージが来ることがあります。
中には至急の対処が必要になるものもありますので、見落とさないように注意しておきましょう。

まとめ

上記はサーチコンソール上でできる機能のほんの一部です。
まだ登録していない方は登録を行い、まずは触ってみることをおすすめします。

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長
監修者:ねぎお 社長
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top