SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

初心者でも簡単!サーチコンソールの登録・設定方法と使い方を徹底解説

Webサイト運営に関わる者であればサーチコンソールはGoogleアナリティクスと並んで欠かせないツールです。

どちらもGoogleが無料で提供しているツールですので、まだ使っていないのであればぜひ登録しておきましょう。

この記事では、前半部分でサーチコンソールの登録方法について、後半部では使い方を解説します。

動画でも解説!

サクラサクラボのYouTubeチャンネル、サクラサクラボチャンネルではGoogle Search Consoleの最新活用方法を動画で解説しています。

ぜひチェックしてみてください!

サーチコンソールとは

Googleサーチコンソールとは、Googleが無料で提供しており、Webサイトを登録しておくことでトラフィックや掲載順位の確認やサイト内に発生している問題を確認できるツールです。
検索エンジンからのトラフィック解析やインデックス状況がわかるため、SEO対策を行うのであれば必須のツールです。
たとえば以下のようなことができます。

  • アナリティクスで取得できない流入キーワードや掲載順位などのデータを取得できる
  • Webサイトで問題が検出された場合には即座にメールで通知され(サーチコンソール上でも確認できます)、問題内容を確認できる
  • サイト全体やページ単位のインデックス状況を把握できる

Googleアナリティクスとの違い

GoogleサーチコンソールはどちらかというとWebサイトがどのような状態であるかを特にSEOの面から管理・把握するためのツールであるのに対し、Googleアナリティクスは実際にユーザーがどのようにサイトを利用しているかを把握するためのアクセス解析ツールです。

両方とも無料ですので両方とも登録しておき、目的によって使い分けます。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの違いと使い分け方
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/search-console-analytics-difference

なお、アナリティクスにはサーチコンソールのデータを結合してレポーティングする機能もあります。後述するサーチコンソールの登録が完了したら、ぜひアナリティクスと連携させることをおすすめします。

グーグルアナリティクスとサーチコンソールを連携する方法
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/configuring-search-console-data-in-analytics

サーチコンソールの登録と設定

サーチコンソールを利用する準備作業としては、大まかに、サーチコンソールのツール上の設定作業と、ウェブサイトやサーバー上に認証情報を設定する作業に分かれます。
サーチコンソールの登録を行うためには、サイトを修正できる権限が必要です。

ページやサーバーの編集ができるのであればほとんど時間もかからず登録可能です。
順に説明していきます。

前提として、Googleアカウントが必要です。
Googleアナリティクスと同じアカウントを準備するとよいでしょう。

まず、サーチコンソールにアクセスし、「今すぐ開始」からログインします。
https://search.google.com/search-console?hl=ja

サーチコンソール

「プロパティの追加」から設定作業を進めます。

プロパティを追加

プロパティタイプの指定を求められます。最終的には両方作成することが理想ですが、ひとまずURLプレフィックスを選択するのがおすすめです。
URLプレフィックスの入力欄に、httpsまたはhttpから始まるURLを入力します。

プロパティタイプの選択

なお、タイプには以下のような違いがあります。

・ドメインプロパティ
自動的にドメイン全体が計測対象になります。
ただし、認証するためにドメインDNS設定の編集が必要となりますので、人によって設定方法がわからなかったり、権限を持っていないこともあります。
そのような場合は「URLプレフィックス」で作成します。

・URLプレフィックス
指定したサブドメインまたはディレクトリ配下など、ドメインの一部のみを計測対象として指定できます。
「URLプレフィックス」は、httpとhttps、wwwの有無といったURLの違いがあると指定したもの以外は計測できないため、注意が必要です。http/https、wwwの有無、指定のディレクトリごと、といったように複数のプロパティを作成できるので、気になるパターンで複数のプロパティを作成しておくことをおすすめします。

「続行」をクリックすると、所有権の確認画面に移ります。認証方法は複数ありますので、任意の方法を選んで指示されたタグやファイルをページまたはサーバー上に設定します。

所有権の確認

選べる設定方法の中でも、すでにGoogleアナリティクスまたはGoogleタグマネージャーを使用しているのであればそれによる認証を行うのが最も簡単です。
ただし、同じGoogleアカウントにて編集権限を持っていることが必要です。

それ以外にも、HTMLタグ、HTMLファイルのアップロード、DNSレコードの編集による認証方法もあります。

注意点としては、認証に使ったタグ等を削除すると所有確認が解けてしまいますので、削除してはいけません。(その場合でも改めて認証を行えば再登録が可能です)
防止策として余裕があるときに複数の方法で認証を行っておくとよいでしょう。

詳しくは以下の記事を参照ください。

サーチコンソール登録時の所有権の確認方法
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/search-console-ownership

確認ボタンを押して登録された旨のメッセージが表示されたら登録完了です。

自動認証

【初心者向け】サーチコンソールの基本の使い方6選

サーチコンソールの主な機能をまずは6つ紹介します。
登録したばかりの初心者でもこれらはぜひ活用していきたいものばかりです。
ただ、登録したばかりだとデータがたまっていない場合がありますので、その場合は日を置いてからアクセスしましょう。

インデックスエラーやペナルティー警告を含む、Googleからのメッセージ確認

メッセージ
サーチコンソールに登録すると、Googleがサイトに問題を発見した際にメッセージが届くようになります。
メッセージは登録したGoogleアカウントにメールが届くほか、サーチコンソール内でも通知されます。

メッセージの内容にはサーチコンソール上で行なった申請やリクエストに対するGoogleからの連絡をはじめ、エラーや警告のアナウンスが含まれています。

日頃からメールが届いていないか気を配っておくようにしましょう。

検索順位やクリック率なども把握可能な「検索パフォーマンスレポート」

検索パフォーマンスレポート

Google検索からのサイト流入を把握できるレポートです。
対象となるのはGoogle検索のみでYahooなどは取れていませんが、アナリティクスで取得できないキーワード、平均検索順位や、Google検索結果ページへの表示回数などがわかるため、非常に貴重です。

特に、次のような特徴・使い方が考えられます。

not providedのキーワード(クエリ)を取得可能

Googleアナリティクスだと流入しているキーワードのほとんどがnot providedという表示になってしまうことが多く、キーワード分析がほとんどできなくなっています。
検索パフォーマンスレポートではこうしたキーワードについても取得することができ、流入キーワードを知ることができる貴重なツールとなっています。

クリック率や表示回数がわかる

検索パフォーマンスレポートではキーワードだけでなく、クリック率や表示回数もわかります。
例えば順位が高い割にクリック率が低いキーワードや、順位が低い割にクリック率が高いキーワードが見つかった場合などでは、後者から好調な要因の仮説を出して、前者の改善につなげるといった使い方が可能です。

検索の見え方ごとに分析できる

ウェブ検索だけでなく画像や動画やリッチリザルトごとにセグメント分析ができます。
単に掲載順位を高めるだけでなく、表示回数やクリック率を意識した施策が可能になります。

詳しくは以下の記事を参照ください。

検索パフォーマンスレポート(旧検索アナリティクス)の見方と改善施策への活用方法
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/performance-report

インデックスさせたいページリスト「サイトマップ」を送信する

続いての機能はインデックスに関わるものです。
ここでいうサイトマップとは、検索エンジンにインデックスさせたいページをリストアップしたファイルのことで、代表的なものにXMLサイトマップやRSSフィードがあります。
※ユーザー向けにサイト内にどんなページがあるかを示すサイトマップページとは別物

Googleはサイトのページを認識してページ情報を格納しないと検索結果に表示することができません。情報を格納することをインデックスと呼びます。

サイトマップがなくてもページ同士が適切にリンクされていればインデックスされますが、Googleが効率的にページを見つけることができるように作成・送信しておくことがおすすめです。

使い方は、あらかじめ作成しておいたサイトマップをアップロードしておき、サーチコンソールでそのURLを送信するだけです。
特に大きなサイトや、リアルタイム性の高いコンテンツを更新しているサイトは忘れずに行っておきましょう。

XMLサイトマップ画面1

詳しくは以下の記事を参照ください。
Google Search Console(サーチコンソール)からサイトマップを送信する方法とエラーの対処方法
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/search-console-sitemap

Webサイト内のページのインデックス状況を確認できる「カバレッジ」レポート

インデックスカバレッジレポート

上記のサイトマップで送信したかどうかに関わらず、サイト内のどれだけのページがインデックスされたかどうか、インデックスされなかったページがあればなぜインデックスされなかったのかがわかるツールです。

問題なくインデックスされているページは緑のグラフで「有効」となっていますが、何らかの原因でインデックスされなかったページはエラー(赤)や除外(グレー)で示されます。
インデックスされない理由は様々で、レポートの下部でその理由と対象のURLが示されます。

あるページがインデックスされていなかった場合、それが問題になるかどうかはケースバイケースですので、個別に見ていく必要があります。
エラーの場合はツール内やメールで通知されますが、除外の場合はそれがないため、定期的にチェックするとよいでしょう。
使いこなそうとするとやや専門的になりますが、少なくともどれだけのページがインデックスされているかどうかは把握し、極力エラーを減らせるようにしておきましょう。
特に、意図せず4xxや5xxなどのステータスコードエラーが発生している場合は原因がわかりやすく、対処も容易かと思います。

詳しくは以下の記事を参照ください。

インデックスカバレッジレポートの見方とエラーや除外への対処法
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/index-coverage-report

ページに関連するさまざまな情報を確認できる「URL検査ツール」

URL検査ツールの使い方2

特定のページ(URL)がGoogleにどのように認識されているかを調査できるツールです。
インデックスされているのかどうか、インデックスされていないのであればどのような理由によるのか、Googleはいつページをクロールしたのか、Googleにはどのようにページが見えているのか(レンダリングされたページのスクリーンショット確認)などを調査することが可能です。

加えて、URL単位でGoogleにインデックス登録をリクエストすることが可能ですので、新規ページの公開直後などに使用されるケースが多いようです。
※ただしこの機能は2020年12月現在停止中

使い方は、ツール内上部の入力欄から調査したいURLを送信するだけです。

詳しくは以下の記事を参照ください。
URL検査ツール(旧:Fetch as Google)とは?初心者でも分かる簡単な使い方
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/url-inspection-tool

ウェブサイトの表示速度がわかる「ウェブに関する主な指標」

サーチコンソールのWeb Vitals拡張レポート

ウェブに関する主な指標は耳慣れない言葉かもしれませんが、一般にはコアウェブバイタルと呼ばれています。(こちらも耳慣れないかもしれませんが)
コアウェブバイタルとは、どのようなページであってもユーザーが快適に使用するために重要な項目を指標化したもので、特に表示速度に関係するLCPは非常に重要です。

コアウェブバイタルは2021年5月以降ランキング要因となることが発表されていますが、ランキング要因になること以上に考慮すべき点は、サイト上のユーザーエンゲージメントを左右するということです。
コアウェブバイタルが悪いページはユーザーの離脱率を高め、コンバージョン率を低下させるおそれがあります。

改善となるとやや専門的な知識が必要とされますが、自分のサイトが早いのか遅いのかどうかは把握しておきましょう。

Googleランキング要因になるコアウェブバイタル (Core Web Vitals) とは?概要から改善方法まで徹底解説!
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/core-web-vitals

【中級者以上向け】サーチコンソールの徹底活用法

上記で紹介した機能よりは使用する頻度が低いものも含まれていますが、場合によって使用するものや、より高度な専門性が必要とされるものを紹介します。

構造化データ拡張レポート

構造化データ拡張レポート

「パンくずリスト」「商品」「よくある質問」など、サイト上でリッチリザルト表示に関わる構造化データを使用している場合、そのレポートが確認できます。

「有効」であればリッチリザルトに表示される可能性がありますが、「エラー」の場合は必須プロパティが欠けているなどの理由により表示されません。
真っ先にエラーについて対応し、余裕があれば「有効(警告あり)」に推奨プロパティを追加して、Googleにより多くの情報を伝えられるようにしましょう。

また、構造化データが挿入されていることは確認できるものの、文法ミスなどで認識できないものは「解析不能な構造化データ」としてレポートされます。
こちらも表示されている場合は優先的に対応しましょう。

構造化データやリッチリザルトについては以下をご覧ください。

構造化データとは?~HTMLを構造化する前に知っておきたいこと~
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/structured-data

リッチリザルトの種類と検索結果表示させるための方法
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/rich-results

モバイルユーザビリティレポート

モバイルユーザビリティレポート

サイト内でモバイル対応できていないページをエラーとして報告してくれるレポートです。
今ではほとんどのページがモバイル対応できているかと思いますので、多数のエラーが出ているようなケースは少ないのではないでしょうか。

とはいえ、少なからずエラーが出ている場合はなるべく減らしていくアクションが必要です。

モバイルユーザビリティとは?テストの実施方法とエラーの改善方法を解説
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/mobile-usability

「リンク」レポート

サイト内の内部リンクだけでなく、どのようなサイトからリンクされているかという外部リンクを確認することが可能です。
どのようなページにどのようにリンクされているのかがわかるので、被リンク強化のためのPDCAを回す際にも有効なツールです。

中には後述する手動による対策のリスクのあるリンクが見つかることもあるので、定期的にチェックすることで、阻害リンクにはサイト運営者にリンクの削除を依頼を出したり、それが難しい場合には否認申請を行うことを検討する必要があります。

手動による対策レポートと再審査リクエスト

Googleが定めるガイドラインに違反する施策を行った場合、Googleはアルゴリズムでなく手動で順位低下やインデックス削除の措置を取ることがあります。(いわゆるペナルティ)

そのような対策が取られた場合、サーチコンソール内にて通知がされます。

手動ペナルティの確認方法

ほとんどのサイトで通常は「問題は検出されませんでした」となっているはずですが、問題が検出された際は最優先で詳細を確認し、再審査リクエストを通じて手動による対策を解除してもらうための施策が必要です。

Google再審査リクエストの書き方とペナルティの解除方法
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/reconsideration-requests

ただし、ペナルティには手動による対策(手動ペナルティ)と自動ペナルティがあり、自動ペナルティを受けていてもメッセージは来ませんので注意が必要です。

リンク否認ツール

リンクを購入することはGoogleのガイドラインで禁止されており、手動による対策の原因となることがあります。

Googleはスパム的に作成されたリンクを無視・無効化しているとのことで、第三者が勝手に作成したリンクはほとんどの場合そのままにしておいても問題はないと考えられます。
しかしウェブマスターの悪質性が認めた場合には手動による対策を取ることがあるため、これを予防する意味でウェブマスター側から効果を否認するリンクを指定することができます。
また、実際に被リンクが原因で手動による対策を受けた際にも使用します。

このツールにはサーチコンソールから導線がないようですので、以下から移動します。
否認ツール

リンク否認ツール

このツールを使用する際には、「リンク」レポートからリンクをダウンロードした上で、手作業で否認対象のリンクを選別する必要があります。
とはいえ、Googleはほとんどの場合このツールを使用する必要はないとアナウンスしています。
ツールを使うことがサイトにとって逆効果になるケースも少なくないと考えられますので、使用にあたっては注意するようにしましょう。

詳しくは以下の記事を参照ください。
【使用時注意】リンク否認ツールの使い方と必要性
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/disavow-links

URL削除ツール

URL削除ツール

ページを削除したのに検索結果に残り続けている場合や、一時的に検索結果に出したくない場合に使用します。
使用方法を誤るとトラフィックに大きな悪影響が生じる場合があるので、ツールの仕様をしっかり理解するようにしましょう。

使い方は基本的にツール上で対象のURLを送信するだけです。
詳しくは以下の記事を参照ください。

URL削除ツールの使い方と使用時の注意点
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/url-removals-tool

アドレス変更ツール

アドレス変更ツールはサイトの移転を行う場合に使用するツールです。
また、httpからhttpsへの変更や、ドメイン内のディレクトリへの移行やサブドメインへの移行には使うことができず、example.comからsample.comのように、まったく別のドメインへの移行の際のみに使います。

そのため、多くの方にとっては使うことはないかもしれません。
しかし条件にマッチする移転においては、301リダイレクトにあわせてアドレス変更ツールを使用することで、移転が何かの誤りでなく意図したものであることをGoogleに明示できるため、移転を素早く認識させることができます。

サイト移転時のアドレス変更ツールの使い方
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/change-of-address-tool

インデックスクローラの確認

Googleがサイト内のページをモバイル用クローラーでインデックスしているか、PC用クローラーでインデックスしているかがわかります。
Googleは従来PC用のクローラーでのみインデックスを行ってきましたが、2018年より順次、モバイル用クローラーでインデックスするサイトを増やしてきました。
この切り替えはサイト単位で行われ、モバイルファーストインデックスと呼ばれています。
そのサイトにおいてインデックスに使われているほうのクローラーはメインクローラーと呼ばれ、常にインデックスに使用されるようになりますが、他方のクローラーも低い割合で引き続き使用されます。

インデックスクローラはサーチコンソールの「設定」内から確認できるほか、URL検査を行った際にクローラーがモバイルかどうかで判断することもできます。

モバイルファーストインデックスは2021年3月に完全移行を予定しています。2020年12月現在もPC用クローラーをメインクローラーとしているサイトは一部であると考えられます。

モバイルファーストインデックスやその移行については以下の記事を参考ください。

今後全サイトがモバイルファーストインデックス完全移行へ。今行うべき対策は?
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/mobile-first-indexing-for-all-websites

クロールの統計情報

クロールの統計情報

2020年11月に大きく機能が追加されたツールで、Googleがサイトをどのようにクロールしているかをざっと把握することができます。
サーチコンソールの「設定」内にツールが追加されています。

クロールの推移やホストの問題の有無、レスポンス別・目的別・ファイル別・タイプ別のクロール情報などがわかります。
(これを見ると、Googleはcssなどのクロールが極端に低く、HTMLのクロールに集中していることがうかがえます。cssについては強制的にキャッシュをきかせているものと考えられます。)

特に、ホストのステータスに問題がなかったかどうかを確認しておくとよいでしょう。

Googleはホストに悪影響を出さない範囲でクロールを行おうとするため、Googleのクロールが負荷をかけているとみなされたサイトはクロール頻度が下げられてしまうおそれがあります。

まとめ

サーチコンソールはGoogleアナリティクスと並んでWebサイトの運営・SEO対策には欠かせないツールです。
未登録の場合はすぐに登録して使ってみて、少しずつ慣れていくことをおすすめします。

もちろんサーチコンソールだけですべての分析ができるわけではありませんので、アナリティクスや他ツールも絡めていく必要があります。

執筆者 / 監修者

ねぎお社長 (根岸雅之)
ねぎお社長 (根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top