SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

Google Search Consoleからサイトマップを送信する方法

Googleなどの検索エンジンでは、「クローラー」と呼ばれるロボットが定期的にウェブサイトを巡回してチェックし、その内容を把握します。
良いウェブサイトを作っても、クローラーに見つけてもらえないと検索結果には表示されません。
xmlサイトマップをGoogle Search Consoleから送信することでクロールを依頼でき、自分のウェブページの存在を知らせることができます。
この記事では、SEO効果も期待できるGoogle Search Consoleからサイトマップを送信する方法をご紹介します。

xmlサイトマップとは

xmlサイトマップとは、検索エンジンのために設置するサイトマップのことをいいます。

Googleなどの検索エンジンでは、クローラーが巡回してウェブサイトの情報をインデックスすることで検索結果に反映されるようになりますが、URLを見つけることができなければインデックスされません。
インデックスされないと検索結果に出ないため、ページを見つけてインデックスしてもらうことはSEOを行う上での第一歩となります。

GoogleはURLをリンク(内部リンクや外部リンク)を通して見つけていますが、リンク以外の方法としてXMLサイトマップが挙げられます。

xmlサイトマップには、ページのURLだけでなく、最終更新日や更新頻度などを記述可能です。
作成について詳しくは以下の記事を参照ください。

XMLマップの作成方法とSEOのポイント
/blogs/xmlsitemap/

Google Search Consoleからサイトマップを送信する方法

Google Search Consoleからサイトマップを送信することによって、それをもとにGoogleが各ページのクロールを行います。

Google Search Consoleにまだサイトを登録していない場合は、あらかじめGoogleアカウントを取得し、ウェブサイトの登録を行っておく必要があります。

xmlサイトマップをアップロードする

作成したxmlサイトマップはFTPソフトなどのソフトを使ってサーバーにアップロードします。
サイトマップはどこに置いてもかまいませんが、ルートディレクトリに設置するのが一般的です。

Search ConsoleからサイトマップのURLを送信する

Google Search Consoleの左側にある「クロール」から「サイトマップ」を開き、「サイトマップの追加・テスト」を選択します。
先程作成したサイトマップのURLパスを入力し、送信すれば完了です。最初はすぐに送信するのではなく、「テスト」を行い、サイトマップに間違いがないか確認することをおすすめします。

サイトマップ-Search Console
https://www.google.com/webmasters/tools/sitemap-list?hl=ja

サイトマップに登録できない場合の送信方法

何らかの理由でサイトマップに登録できない場合、robots.txt内にサイトマップのURLを記載しておくことでサイトマップを送信することができます。

robots.txtとはクローラーに対して命令するためファイルで、ウェブサイトへのアクセス制限を行うことができます。
基本的にはクロールを除外したいページを指定するために使いますが、サイトマップの場所を知らせる用途にも使用できます。

robots.txtのファイル内に以下のように、サイトマップのURLを記述します。

Sitemap: http://www.exmple.com/sitemap.xml

上記はrobots.txtのファイル内であれば、どこに記載してもかまいません。

まとめ

サイトマップの送信は検索順位を上げるためには直接関わりありませんが、より確実にURLを見つけてもらいインデックスさせることで、これまで取りこぼしていた検索トラフィックを得られる可能性があります。

Webページを公開しても流入がない理由は、クローラーが巡回してきておらずインデックスされていないことが原因であることもよくあることです。
近年ではGoogleがXMLサイトマップをより重視する動きも見られますので、サイトの更新に合わせてXMLサイトマップも更新し、Googleに通知を行っておくことをおすすめいたします。

執筆者 / 監修者

ねぎお社長 (根岸雅之)
ねぎお社長 (根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top