ブログ

隠しテキスト・隠しリンクとは SEO効果やペナルティについて

隠しテキスト・隠しリンクとは

隠しテキストや隠しリンクは検索エンジンスパムの一種で、ユーザーに見えない(またはみえづらい)ものの、検索エンジンには認識されるようにテキストやリンクをページ内に隠すことです。

このようなテキストやリンクはユーザーには見せたくないものの、検索順位を操作するために設置されることが多く、Googleは品質に関するガイドラインの中で禁止行為とされています。
ガイドライン違反が認められるとペナルティを受けてしまうこともあります。

ここでは隠しテキスト・隠しリンクについて詳しくご紹介します。

どのような手法があるのか

隠しテキストや隠しリンクにもいろいろな手法がありますが、ここでは代表的な手法をご紹介します。

背景色とテキスト色の同化

これは比較的よく使われる隠しテキスト手法の一つです。
背景色とテキストの文字を同じにすることでユーザーには見えないようにし、検索エンジンにのみ認識させるのです。

例えば、検索してほしいキーワードが「ダイエット」だとするとそのキーワードをなるべくページ内に盛り込みたいはずです。
しかし、あまりにもたくさん盛り込んでしまうと不自然に見えてしまいますから、敢えて背景色とテキスト色を同じにして隠すのです。

背景とテキストの色が全く同じでなくとも、ユーザーにとって判別しづらい色の場合は隠されていると判断される可能性があります。

フォントサイズの縮小

テキストのフォントサイズを小さくしたり0にすることでユーザーには気づかせず検索エンジンにだけ気づかせる手法です。

画像でテキストを隠す

画像の後ろにテキストを隠すという手法もあります。
これだとユーザーはまったく気づきませんし、まさか画像の裏にテキストが隠れているとは思いもよらないでしょう。

検索エンジンとユーザーそれぞれに異なるコンテンツを認識させる方法です。

cssなどによってテキストがユーザーから見えないようにする

cssはページのデザインやレイアウト等を指定するファイルです。
これによって、隠したいテキスト領域を表示しないようにしたり、画面外に表示させるためにユーザーから見えなくすることが可能です。
例:

text-indent: -9999px

→画面外に表示させる

visibility:hidden
 display:none

→該当の領域を描画しない。前者は空白領域が残るが、後者はそれも残らない

隠しテキストやリンクのペナルティ

隠しテキストや隠しリンクは検索順位を操作するために行われますが、その結果、ユーザーの役に立たないページが検索結果の上位にランクインすることが起こり得てしまいます。

隠しテキストやリンクによって、検索エンジンがコンテンツと検索キーワードの関係性を誤認して上位表示させたものの、そのキーワードで検索したユーザーには何の役にも立たないといったケースです。

このような状態を防ぐために、Googleはガイドラインを設けて隠しテキストといった行為を禁止し、違反者にはペナルティを与えています。
ペナルティを受けてしまうとサイトの順位が大きく下がってしまう可能性がありますし、サイトが検索結果から削除されてしまうことも考えられます。
せっかく上位表示されたとしてもスパムであると認識されると一瞬で検索結果から削除されてしまいますし、これまでに費やした時間やお金も無駄になってしまうでしょう。

順位を操作する意図でなければペナルティに問われる可能性は下がりますが、判断基準には悪質性が大きく関わってくると考えられます。
例えば、PCとモバイル両方の画面に対応したレスポンシブなページでは、display:noneなどを用いて表示領域を出しわけることが普通に行われており、これを用いているサイトがペナルティを受けているわけではありません。

Googleのアルゴリズムは進化しており、隠しテキストは以前は有効な手段であったかもしれませんが、現在は一時的に上位表示されることはあっても長続きはしないでしょう。
リスクを抱えるだけで見込みも低いスパム行為ですからユーザーや検索エンジンに向き合うSEO対策を続けていきましょう。




監修者:山口 真司

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

学生時代、広告人材会社と起業家コンサルティング会社でインターンを経て2017卒としてサクラサクマーケティングの新卒1期生として入社。
SEOコンサルタントとしてインターン時代から案件を持ち、大手ポータルサイト等大型案件を中心に常時20サイト以上のクライアント様のWebマーケティング成功に注力。

サクラサク期待のエースとして、お客様のサポートだけでなく、社内業務効率化も取り組み日々奮闘中。



SEOトレンドレポート

SEOセミナー

  1. 【オウンドメディア・SEO・MA】見込み顧客の集客~接客~売上までに必要な対策を大公開!『オウンドメディア担当者向けセミナー』

    開催日:2018年11月15日
    場所:サクラサクマーケティング株式会社

  2. 【基礎・SEO】 SEO対策を基礎から徹底解説『最新SEO対策セミナー』【10/23(火)】

    開催日:2018年10月23日
    場所:サクラサクマーケティング株式会社

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 【インタビュー】株式会社オリエンタライズ様「4ヶ月でアクセスが4倍!1年で10倍!」BtoCのコンテンツマーケティング事例

    店舗販促品ECサイトのコンテンツマーケティングの実施のお手伝いをしました。 店舗装飾関連に課題がある人の悩みを解決できるようなコンテンツの発信を行い、装飾関連のキーワードで軒並み上位表示に成功しアクセス数も急増しました。 […]...

    1. 【インタビュー】株式会社バサラホールディングス様「内製化による目標大幅達成!」BtoCのコンテンツマーケティング×SEO弊社施策成功事例紹介

      着物の着付け・レンタルサービスを各種メディアの複合的な活用によるWebマーケティング施策を展開。 店舗担当者がコンテンツを発信できる体制の構築によりSNSとWebサイトを有機的に活用したプロモーションに成功しました。 ・ […]...

      1. 【インタビュー】株式会社ネオキャリア様「立ち上げ半年で売上目標達成!」コンテンツ×SEOのBtoBオウンドメディア弊社施策成功事例紹介

        HR Techという近年注目の集まっている分野での新規事業の立ち上げをお手伝いしました。 HR Tech業界ではだれもが見たことのある「HR NOTE」は関連キーワードで軒並み上位表示に成功しています。 ・BtoBのコン […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP