SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

Fetch as Google 初心者向け徹底ガイド!インデックス促進からクロールチェックなど活用方法もご紹介

ブログ/サイトを更新してインデックスされたけど、タイトルを間違えてしまい検索結果がおかしいので、すぐに修正したい・・・
Fetch as Google」 はそんな要望にも簡単に応えられます。

本稿では、Googleサーチコンソールの機能の一つである 「Fetch as Google」 について、使い方および出力されたデータの見方を解説致します。

この記事の目次

Fetch as Google」 とは

Fetch as Google」 をまったく知らない方のために、まずは簡単に説明致します。

Fetch as Google」 はサーチコンソールの機能の一つで、Googleの検索クローラをエミュレートし、サイト運営に活用するためにGoogleが提供しているツールです。

機能はシンプルで、URLを入力すると、Googleの検索クローラをリアルタイムで指定のURLに呼ぶことができます。

Googleの検索クローラが取得したhtmlは、 「Fetch as Google」 の画面上で詳細の確認が可能です。これにより、検索クローラがきちんと到達可能か、意図したhtmlを取得できているか、意図した表示になっているのか、などをリアルタイムに知ることが可能です。

また特筆すべき機能として、Googleインデックスへの送信機能があり、ツール上で、Googleに最新の更新データを通知することが可能です。
Fetch as Google」 を利用する場合、この機能が目的の場合が多く、 「Fetch as Google」 が非常に強力であることの所以となっています。

使い方

ここからは、実際に使い方、そして見方を解説していきます。

クローラを呼ぶ

まずは 「Fetch as Google」 にURLを登録します。



作業はシンプルですので、早速URLを入れてみましょう。URLは相対パスで入れる必要がありますので注意してください。

URLを入力後、クローラのタイプを選択します。現在「PC」となっているプルダウンを選択し、任意のものを指定してください。

クローラのタイプは用途によって変わってきます。
主に使用するのは

・PC(通常のデスクトップPC用のクローラ)
・モバイル(スマートフォン用のクローラ)

の2つだと思われます。

クローラタイプの詳細については、下記のGoogle公式ページもご参照ください。
https://support.google.com/webmasters/answer/6066468?hl=ja

URLおよびクローラタイプを設定した後、「取得」、「取得してレンダリング」のどちらかのボタンを押すと、画面下部のリストに行が登録されます。

取得」と「取得してレンダリング」の違いについてですが、単純にクローラにhtmlを読み込んで欲しい場合は「取得」、取得したデータが画面でどのように見えているかを確認する場合は「取得してレンダリング」を選択してください。

取得してレンダリング」の場合、詳細画面で、

・Googlebot ではこのページを以下のように認識しました
・貴サイトへの訪問者にはこのページが以下のように表示されます

という2つの見え方をレンダリングして見せてくれます。

取得してレンダリング」の場合、「取得」よりも少し時間がかかりますが、「取得」で行えることは全て行えますので、迷ったらこちらを押しても大丈夫です。

以上で 「Fetch as Google」 への登録作業は完了となります。

出力結果を確認する

上記の作業で追加された行のステータスが「保留」というマークから変わったら、クローラの作業が完了したことを意味します。



変更後のステータスはいくつかあります。
主に、

・完了
・一部
・リダイレクトされました

の3つが表示されることが多いかと思います。

完了」は、文字通り作業は正常に完了していますので、そのままデータを閲覧可能です。
一部」となっている場合、javascriptやcssなどデータの一部を取得できず、正常にレンダリングできなかった可能性があります。
最後に「リダイレクトされました」と出た場合、入力したURLはリダイレクトされています。

また、わざわざURLを指定するのであまりないかもしれませんが、「見つかりませんでした」と出た場合は、URLが間違っている可能性が高いため、URLを確認してみてください。

それ以外のエラーについては、下記のGoogle公式ページを参照ください。
https://support.google.com/webmasters/answer/6066468#resource_errors

詳細を確認する

クロールが完了したら、行をクリックして、詳細を確認しましょう。
今回は「取得してレンダリング」を押した場合を想定して、話を進めていきます。



「取得」タブについて

取得」というタブでは、サーバから出力されたデータをそのまま表示します。
具体的には、

・サーバからのヘッダ
・生のHTML

の2つが表示されます。

サーバからのヘッダはソース上の上の部分になり、このようなデータが入っています
(長いため一部省略)

簡単に解説をすると、1行目はステータスコードが記載されています。それ以降はサーバから出力されたヘッダ情報がそのまま記載されています。Vary Http ヘッダや、301の飛び先(location)クッキー情報などもありますので、必要な方はこちらもご確認ください。

なお、ステータスコードについては別記事:「今さら聞けない?!ステータスコードの基礎知識」も合わせてご確認ください。
https://www.sakurasaku-labo.jp/status-code-basic-knowledges/

ヘッダの次に来るのが生のHTMLです。
ソースコードそのままですので、多少見にくいかもしれませんが、スクリプトタグやメタタグなど、見た目で見にくいものが見やすいメリットもあります。必要な情報があればこちらもご確認ください。

最下部にはダウンロード時間が表示されています。
画面の表示速度と関係のある数値ですので、あまりにも遅いと思われる場合は確認してください。

「レンダリング」タブについて

レンダリング」タブは、「取得してレンダリング」を押さないと表示されないタブです。



ここでは、主に見た目の確認をすることができます。
画面のように、

・Googlebot ではこのページを以下のように認識しました
・貴サイトへの訪問者にはこのページが以下のように表示されます

の2種類のレンダリング結果が表示されます。
どちらも重要な項目ですので、意図した形で表示されているかなどを確認してください。

なお、スマートフォンの中でも個別に iphone / ipad / android と細かく確認したい場合は、サクラサクラボの「スマホキャプチャツール」が便利ですので、ぜひご活用ください。
https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/sp_capture

また、ステータスが「一部」となっている場合、画面下部に

・Googlebot はこのページの一部のリソースを取得できませんでした。取得できなかったリソースは次のとおりです

と表示されている場合があります。

広告系のスクリプトやSNSボタンなどでエラーが出ている場合もありますが、それ以外で通常のcssや、必要なはずのjavascriptがここに記載されている場合、正常にレンダリングできていない場合がありますので、必ず確認するようにしてください。

インデックスの送信

最後になりましたが、 「Fetch as Google」 最大の機能である、「インデックスの送信」について解説致します。

この機能は、 「Fetch as Google」 でクロールしたページをGoogleのインデックスにリアルタイムで登録することが可能な、非常に強力なものです。



強力な機能ではありますが、作業は簡単で、「インデックスに送信」ボタンを押すだけです。
ボタンを押すと、

・このURLのみをクロールする
・このURLと直接リンクをクロールする

のどちらかを選ぶことになります。

このURLのみをクロールする」は、最初に登録したURLのみインデックスさせるということです。こちらは月500件の上限になっており、上限が近くなるとアラートが出る仕組みになっています。

このURLと直接リンクをクロールする」は、登録したURLと、そのURLに貼られているリンク先URLを全て登録するものになります。非常に強力なものなので、月10件という制限があります。

どちらかを選んだら、後は送信ボタンを押して待つのみです。

正常であれば、しばらくするとURLのインデックスが更新され、最新のデータが検索結果に反映されます。

よくあるミスや注意点

Fetch as Google」 でありがちなミスをまとめてみました。

絶対パスで送信してしまった

送信フォームには、きちんとURLの前半部分がかかれているのですが、ついうっかり絶対パス(URL)をコピーして貼り付けてしまう時があります。
そんな場合、もちろんアクセスできませんので、エラーになってしまいます。貴重な回数を無駄遣いしてしまいますので、注意してください。

別ドメインのURLを送信してしまった

Fetch as Google」 は現在作業中のサーチコンソール登録のドメインを対象に行うものです。うっかり別ドメインのURLを貼ってしまった場合、こちらも同様に貴重な回数を無駄にしてしまうことになります。

送信したURLのCanonicalが間違っていた

URLを送信し、ステータスも正常、インデックスの送信もしたのに、いつまでたってもインデックスされない場合、Canonicalの設定が間違っている場合があります。
Canonicalが正しくなっているか確認してみてください。
例:a.html をインデックス送信したが、a.html の canonical に b.html と記載してしまっていた

まとめ

非常に強力なツール、 「Fetch as Google」 について解説してきました。
特にインデックス送信の機能は非常に強力で、タイトルやhtml表記を間違ってしまった場合などに、すぐに修正をGoogleに通知できるため大変便利です。

件数は決まっていますので、乱用はできませんが、ここぞという時に使いこなせるように、きちんと機能を把握して、サイト運営に役立てて頂ければ幸いです。

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top