ブログ

hタグに画像を使うことは問題ない

クローラーとユーザー双方にとって見やすいWebサイトを作成するために必要不可欠なhタグですが、テキストではなく会社のロゴなどの画像や、画像加工された見出しを挿入しているWebサイトを多く目にします。

hタグに画像を使うことは問題ないのでしょうか。
hタグに画像を使うことによる、Googleの評価への影響について解説します。

タグとは

hタグとはHTMLで見出しを作るためのタグで、<h1>から<h6>まで6種類あります。
数字の小さいほうが重要度が高く、デザインも大きくとられることが多くなっています。

hタグを正しく使うことによって、ユーザーにもクローラーにもどれが重要な情報でどのようなコンテンツ構成になっているのかを把握しやすくなります。

hタグに画像を使っても問題ないのか

結論から言えば、hタグに画像を使っても問題はありません。

ただし、なるべくテキストを使うことをおすすめします。
クローラーなどロボットは画像を見ただけではその内容を理解することができないからです。
その理解を助けるために、hタグに画像を使う場合は画像内のaltテキストを設定しておくようにしましょう。

hタグを使う際の注意点

hタグに画像を使っても問題はないとはいえ、気を付けておきたいポイントがあります。

なるべく画像内に見出し用のテキストを含むなどのテキストを使う

altテキストを設定するとはいえ、見出しとして意味のある画像を使うことをおすすめします。
altテキストは画像の代替テキストという意味がありますので、altテキストにそぐわない画像を使用するのは好ましくありません。

ページ間で同じ画像やaltテキストをh1に使わない

特にh1タグに画像を使用する場合には、他のページと全く同じ画像、同じaltテキストになっていないかどうか確認することをおすすめします。
h1はページの大見出しを表しますので、たとえば、サイト内全てのページでh1がロゴ画像になっているようなケースは避けるべきです。





無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 【成功事例】メルマガ開封率を350%アップさせた3つの改善ポイント

    こんにちは!サクラサクマーケティングの鶴野です。 今回は、突然メルマガの担当になり、何から手を付けたらよいのか分からないという方に向けて、メルマガ開封率を上げるポイントをお伝えします。 特にメルマガの担当に初めてなったと […]...

    1. Redirectionを使ったWordPressのリダイレクト方法

      リダイレクトはサイト移転や記事のURLルールの変更など、URLが変更された際にユーザーの転送と検索エンジン評価の維持を行うために非常に重要なものです。 この記事では、Wordpressを使用している場合のリダイレクトにつ […]...

      1. 【SEOノウハウ蓄積方法】WEB担当者が意識するべき考え方

        弊社のコンサルティング部門では業種業態問わず、さまざまなお客様のWEBサイトをお預かりしてSEOコンサルティングを行っています。この業界、とにかく最新情報のリリースが早いです。流動的なトレンドを個人・チーム・組織で追いか […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP