ブログ

htmlのmeta refreshを使ったリダイレクト設定

リダイレクトとは

リダイレクトという言葉は「向きを変える)という意味で、主にホームページを移転した場合や特定のページのURLを変更した場合に、新しいURLへアクセスを転送する事を言います。
リダイレクトの方法としては、HTTPレスポンスによるもの、HTMLのmeta refreshによるもの、javascriptによるものがあります。
それぞれのリダイレクトの方法には特徴や注意点があります。順番に見ていきましょう。

HTTPによるリダイレクト

301リダイレクトや302リダイレクトなどで一般的に利用されている方法で、リダイレクトで最も良く使われるものです。
.htaccessやphpによって設定することが多いです。
こちらはサーバーサイドでリダイレクトを実行する為、サーバーの種類によっては利用できない場合があります。

htmlのmeta refreshによるリダイレクト

対象ページに専用のタグを埋め込むためhtmlによるリダイレクトと呼ばれることがあります。
設定時に転送するまでの秒数を指定する事ができます。
ただ、下記で詳しくご紹介致しますが、Googleはmeta refreshによるリダイレクトをサポートしているものの推奨してはいませんので、サーバーサイドでのリダイレクトができない場合に利用することがおすすめです。

javascriptによるリダイレクト

下記のようにjavascriptを使用してリダイレクトを実行する方法です。

location.href = “http://example.com”;

転送されるまでにjavascriptが実行される必要があるため、実行を許可していないユーザー(ブラウザ)では転送がされないため注意が必要です。Googleはjavascriptの実行ができるため転送はされるものの、こちらもサーバーサイドでのリダイレクトを実行できない場合に使用することがおすすめです。

リダイレクト方法の使い分け

基本的にリダイレクト(転送)はSEOを考慮するとまずはHTTPによるリダイレクトを検討することをおすすめします。
ただし、サーバー条件などでHTTPによるリダイレクトができない場合、転送方法はjavascript→htmlの優先順位で考慮するとよいでしょう。
ページ移転を行う場合、全く転送を行わないとSEO評価が失われてしまいますが、htmlによる転送であってもある程度評価を引き継ぐことが可能です。

meta refreshによるリダイレクト

HTMLファイルの<head>~</head>内に記述するタグを用いて転送させる方法です。
ページによっては、「本サイトは移転しました。5秒後にジャンプします」といった表示が出た後、自動的に転送されるのを見たことがあるかもしれません。
この転送は以下のようなタグで指定が可能です。

0秒後に指定URLへ転送を行う場合
<meta http-equiv=”refresh” content=”0;URL=’http://www.example.com/'” />
5秒後に指定URLへ転送を行う場合
<meta http-equiv=”refresh” content=”5;URL=’http://www.example.com/'” />

SEOの効果を期待するならば、転送までの時間は0秒を指定しておくことをお勧めします。

このように、meta refreshタグでのリダイレクトは、SEO効果を最大限に発揮できない可能性があるものの、移転先のURLをインデックスさせ、評価をある程度引き継ぐことが可能です。




監修者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



SEOトレンドレポート

SEOセミナー

  1. 【オウンドメディア・SEO・MA】見込み顧客の集客~接客~売上までに必要な対策を大公開!『オウンドメディア担当者向けセミナー』

    開催日:2018年11月15日
    場所:サクラサクマーケティング株式会社

  2. 【基礎・SEO】 SEO対策を基礎から徹底解説『最新SEO対策セミナー』【10/23(火)】

    開催日:2018年10月23日
    場所:サクラサクマーケティング株式会社

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 【インタビュー】株式会社オリエンタライズ様「4ヶ月でアクセスが4倍!1年で10倍!」BtoCのコンテンツマーケティング事例

    店舗販促品ECサイトのコンテンツマーケティングの実施のお手伝いをしました。 店舗装飾関連に課題がある人の悩みを解決できるようなコンテンツの発信を行い、装飾関連のキーワードで軒並み上位表示に成功しアクセス数も急増しました。 […]...

    1. 【インタビュー】株式会社バサラホールディングス様「内製化による目標大幅達成!」BtoCのコンテンツマーケティング×SEO弊社施策成功事例紹介

      着物の着付け・レンタルサービスを各種メディアの複合的な活用によるWebマーケティング施策を展開。 店舗担当者がコンテンツを発信できる体制の構築によりSNSとWebサイトを有機的に活用したプロモーションに成功しました。 ・ […]...

      1. 【インタビュー】株式会社ネオキャリア様「立ち上げ半年で売上目標達成!」コンテンツ×SEOのBtoBオウンドメディア弊社施策成功事例紹介

        HR Techという近年注目の集まっている分野での新規事業の立ち上げをお手伝いしました。 HR Tech業界ではだれもが見たことのある「HR NOTE」は関連キーワードで軒並み上位表示に成功しています。 ・BtoBのコン […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP