SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

サーチコンソールによりインデックス削除をリクエストする方法

運営しているサービスの終了や商品改定などをはじめ、どうしてもWebサイト内のページをGoogle検索結果に表示させたくない局面があるかもしれません。たとえWebサイト側で404エラー対応をしたとしても、Googleのクロールのタイミングによっては、しばらく検索結果上はページが残ってしまう可能性があります。

サーチコンソールには、Googleに対してインデックス削除をリクエストする機能が備わっています。削除手順と注意点を解説します。

方法① サーチコンソールの「URL削除ツール」を使用

URL削除ツールを使うと、所有しているプロパティ(サーチコンソールの管理単位)内のURLをページごとにGoogle検索結果から一時的に削除できます。

URL削除ツール

当然のことながら、所有していないサイトのURLは削除することはできません。
自分のサイトであっても、まずはサーチコンソールに登録しておく必要があるので、済んでいない場合は登録しておきましょう。
初心者でも簡単!サーチコンソールの登録・設定方法と使い方を徹底解説

URL削除ツールの詳しい使い方は「URL削除ツールの使い方と使用時の注意点」をご覧ください。

URL削除ツールを実行できるのは、管理者のみ

自分の権限は、サーチコンソールのメニュー「設定」>「ユーザーと権限」で確認できます。閲覧権限しかない場合は、サイトオーナーに管理者権限を付与してもらうか、サイトオーナーにツールの実行を依頼しましょう。

これは、ほかの人が所有するWebサイトのURLは削除できないことをも意味しますが、特別なケースでは削除申請ができることがあります。
その場合の方法については後述の③の方法を確認してください。

削除はURL単位に行なう

URL削除ツールは、URLを1つずつ指定して実行します。大量のインデックス済みページを素早く削除したい場合は、後述の方法②を行なってください。

6カ月間という期限つきの削除である

URL削除ツールでの削除は、6カ月間という期限が設けられたあくまで「一時的な削除」です。恒久的にインデックス削除したい場合は、この間に、Webサイト側で404エラーを返すようにしたり、ページにnoindexタグをつけて検索対象外(インデックス対象外)にしたりしましょう。

方法② インデックス削除のための一時的なサイトマップファイルを作成して送信する

規模の大きなWebサイトでは、URL削除ツールを用いて1件ずつURLを削除していくのは非現実的かもしれません。大量のインデックス済みページをできるだけ素早く削除したい場合は、削除したいURLを記載したXMLサイトマップをサーチコンソールに送信するのがおすすめです。
ただし、この方法は恒久的なインデックス削除が前提となります。
具体的な手順は、次のとおりです。

  1. インデックスから削除したいURLに対して、noindexタグをつけるか、404エラー対応をする。
  2. インデックスから削除したいURLをまとめたXMLサイトマップを作成する。対象URLのlastmodを適切に設定しておく。
  3. サーチコンソールの「サイトマップの送信」からXMLサイトマップを送信する。
  4. 対象URLが削除されたことを確認した後、用が済んだサイトマップファイルを削除する

サイトマップファイルの作成、送信については以下を参照ください。

参考:Google Search Console(サーチコンソール)からサイトマップを送信する方法とエラーの対処方法

方法③ 自分以外が管理しているWebサイトのページに対して、インデックス削除をリクエストする

自分が管理していないWebサイトについては、基本的には削除リクエストを行なうことができません。しかし、次の2つのケースに該当する場合は、Googleが提供している窓口から削除をリクエストすることができます。

古いコンテンツの削除リクエスト

サイトのコンテンツが更新されているのにGoogle検索に表示されるキャッシュやスニペットが古い場合や、コンテンツが削除されているのに検索に残り続けているような場合に使用できます。
Googleは、リクエスト内容を適切と判断すると、キャッシュを更新します。

古いコンテンツの削除リクエスト

なお、自分がサーチコンソールで管理しているWebサイトが「古いコンテンツの削除リクエスト」の対象となった場合は、URL削除ツール内の「古いコンテンツ」タブにリクエスト内容が表示されます。

古いコンテンツ

不適切なコンテンツの報告

アダルトコンテンツなどを非表示にするGoogleセーフサーチをオンにしていても、引き続き不適切なサイトが表示されるときに使用します。

不適切なコンテンツの報告

リクエストが適切と判断されると、そのページはセーフサーチをオンにしているユーザーの検索結果に表示されなくなります。

なお、自分がサーチコンソールで管理しているWebサイトが「不適切なコンテンツの報告」の対象となった場合は、URL削除ツール内の「セーフサーチフィルタリング」タブにリクエスト内容が表示されます。

まとめ

「Google検索に表示させたい!」という場合に比べると、「検索結果から削除したい」というケースは滅多にないかもしれません。

しかし、古い情報が残り続けてしまい不都合を感じるケースでは、URL削除ツールやサイトマップファイルを使った方法があることを覚えておくとよいでしょう。

ただし、特にURL削除ツールは使用法を誤るとWebサイト全体に思わぬ悪影響を及ぼす可能性もあるので、作業は注意して行なってください。

執筆者 / 監修者

サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。

3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

◇ 情報発信
ねぎお社長のWEBマーケティングチャンネル
ねぎお社長Twitter
ねぎお社長Facebook
ねぎお社長Instagram
ねぎお社長linkedin
ねぎお社長note

◇ 掲載メディア
リスティングプラス様 - 【最新版】SEOコンサルティングのプロが語る、今後中小企業が取り組むべきSEO対策
シンフィールド様 - サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長COO根岸 雅之氏に聞いた!SEO対策で最も重要なことを教えてください!

◇ 共催セミナー歴
オウンドメディアの成功事例とSEOを支える運用型広告の活用
今日から始められるWebマーケティング~コンテンツマーケティングとGoogle マイビジネス~
GMO TECH × サクラサク共催セミナー~テクニカルSEOとコンテンツマーケ~
リモート環境下においても売上・利益が成長し続ける組織創りと営業戦略

その他のブログ記事

Return Top