SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

ページ数(インデックス数)が多いとSEOで有利なのか

ページ数とSEOの関係

ページ数とSEOにどのような関係性があるのか、SEOを考えるときページ数は関係してくるのか、疑問を持たれている方は少なくないでしょう。
ここではページ数(インデックス数)とSEOの関係性についてお話しします。

インデックスとは

インデックスの概要

インデックスとは、Googleのクローラーがインターネット上で集めたウェブページのデータを、検索エンジンデータベースに格納することです。
クローラーがリンクをたどり、ページの内容を確認して評価し、格納することでインデックスが完了します。

インデックス数の確認方法

インデックス数を確認するには、Googleの検索窓に「site:」に続いてドメインを入力し、検索することでインデックス数の目安の確認ができます。
Google Search Consoleのインデックスステータスからはより正確な数値が確認が可能です。

ページ(インデックス)数が多いサイトほどSEOに強い?

結論からお話しすると、ページ数の多いWebサイトの方がSEOに強い傾向があります。
ページ数が多ければより多くのコンテンツがあり、より多くのインデックス数がある傾向にあるためです。

しかし、ページ数さえ増やせば評価が上がるわけではなく、ユーザーにとって有益なコンテンツを充実させることが大切です。
有益なコンテンツを充実させつつページを増やしていく、といった表現が適切と言えます。

ページ数を増やしながらSEO対策を進める際のポイント

上記の通り、ただページ数を増やしてもSEO対策にはなりません。また、インデックスされないとコンテンツを充実させても、ユーザーに見てもらうことは難しいでしょう。
では、ページ数を増やしながらSEO対策を進める際に、気を付けるポイントはどこでしょうか?

有益なコンテンツを充実させる

どのページもユーザーにとってためになる内容にすることが大切です。
Googleはページの数を評価しているのではなく、ユーザーの役に立つコンテンツを評価しています。

重複ページは発生させない

自動生成などによる重複ページを統一させることは、SEO対策上、重要なポイントになります。
URLが違えば、Googleは違うページと認識します。同じコンテンツが表示されるページが複数あれば、Googleは重複ページと認識します。
ページの評価を分散させないために、301リダイレクトを設定するか、canonicalタグを用いて正規化するようにしましょう。

関連コンテンツを充実させる

対策したいターゲットキーワードの関連コンテンツを充実させることが重要です。
たとえば転職サイトでは求人情報だけでなく、面接の心得や履歴書の書き方を掲載していることがよくあります。
これは転職を考えているユーザーに役立つのはもちろんのこと、転職に関連したコンテンツが増えることで、SEO対策としても有効です。

ユーザーのことを一番に考える

ページ数を増やすことがSEOに効果がある、というわけではありません。
「ユーザーのためになるコンテンツを含んだページが多く存在する」状態が理想です。
ユーザーのことを一番に考え、役に立つコンテンツを充実させていくことで、Googleの評価も高くなるはずです。

2020年7月16日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top