ブログ

インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。

ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込み機能を使うのが便利なのですが、インスタグラムの場合、公式で紹介されている埋め込み方法をそのまま使ってしまうとサイト側のSEOにとって問題があります。
端的に言うと、画像検索からの流入を落としてしまう恐れがあります。
この点について以下で詳しく説明します。

インスタグラム投稿の公式埋め込み方法

インスタグラムの公式埋め込みコードを用いた、投稿の埋め込み方法を紹介します。

 

ステップ1:投稿を表示させる
インスタグラムのウェブページを表示させます。


ステップ2:投稿のメニューを表示させる
インスタグラム投稿右上の・・・(3点リーダ)をクリックし、メニューを表示させます。


ステップ3:埋め込みコードを表示させる
表示させたメニューから「埋め込み」を選択するとコードが表示されますので、コピーします。


ステップ4:コードを貼り付ける
コピーしたコードを自身のブログの投稿ページに貼り付けます。


上記の埋め込み方法は公式ドキュメントで公開されているものです。(https://www.instagram.com/developer/embedding/
テストも兼ねて、インスタグラム公式の投稿を埋め込んでみたものが以下です。

この投稿をInstagramで見る

We’re putting the Weekend Hashtag Project on hold this weekend. Instead, we’re challenging people around the world to participate in the 10th Worldwide InstaMeet! Grab a few good friends or meet up with a larger group in your area and share your best photos and videos from the InstaMeet with the #WWIM10 hashtag for a chance to be featured on our blog Monday morning. Be sure to include the name of the location where your event took place along with the unique hashtag you've chosen for your InstaMeet in your caption. Photo by @sun_shinealight

Instagramさん(@instagram)がシェアした投稿 –

公式の埋め込み方法はなぜ問題があるのか

上記のステップ3でコピーしたコードは、<blockquote>ではじまるコードです。

ところが、このコードを含めたページを公開すると、ブラウザは次のように<iframe>として処理(レンダリング)します。
※以下はChromeによる埋め込み投稿部分のブラウザ検証結果

このiframeは、指定したページ(今回はインスタグラムの投稿ページ)を呼び出すためのコードです。
実は、インスタグラムの投稿ページに、以下のようなメタタグが設定されていることが問題の原因です。

<meta name="robots" content="noimageindex, noarchive">

このうちnoimageindexは、そのページの画像を画像検索で引っかからないようにする、という指示です。
インスタグラムの投稿埋め込みを行うと、iframeによってnoimageindexが埋め込みを行ったブログページにまで作用してしまうため、埋め込みを行ったブログページにある他の画像が、画像検索に出てこないというデメリットがあるのです。

実際、埋め込みが行われたページのiframe内にnoimageindexタグが確認されます。

この結果、インスタグラムの埋め込みがされているページでは、画像検索からの流入が減ってしまうおそれがあります。

まとめ

今回の問題は、インスタグラムがnoimageindexメタタグを設定しているために、公式埋め込みコードのように、iframeなどで投稿ページをまるまる呼び出すことで発生します。
投稿へのリンクを設置することや、画像やテキストを呼び出して表示・リンクしているだけでは問題は起きません。
※ここでの問題とは、SEO上の問題であって、著作権などその他の問題は考慮しておりません。

なお、2019年10月現在、インスタグラムの投稿ページにnoimageindexメタタグが挿入されているために問題となっていますが、今後もしインスタグラム側がこのメタタグを取り除けば、公式の埋め込みコードを使っても問題ないことになります。

インスタグラムの埋め込みを行っている場合は、どのような方法で埋め込みを行っているかを確認しておくことをおすすめいたします。

念のためですが、ツイッターなどの埋め込みコードは特に問題がありません。

この記事は、Google社員の以下の発言を解説したものです(英語)。

【追記】検証結果

この記事には当初からインスタグラム投稿を埋め込んでいます。

画像のインデックスや画像検索に表示されるかどうかをチェックしましたが、当社調べによると、この記事にしか掲載されていない画像でも画像検索に表示され、この記事にリンクされました。

画像インデックスチェック

当社調べではインスタグラム投稿の埋め込みは決定的な悪影響はみられませんでしたが、公式のアラートもあり、SEOを意識するのであれば避けるのが良いかと思います。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 【速報】2020年1月コアアルゴリズムアップデートの変動事例

    2020年最初のコアアルゴリズムアップデートの予告は日本時間1月14日未明になされました。 その後同日早朝から変動率の上昇が確認されていました。 本稿執筆はそれから2日たった16日ですが、依然として変動率が高い状態が長く […]...

    1. 2020年 新年のご挨拶

      新年あけましておめでとうございます。 サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長の根岸でございます。 杓子定規のご挨拶は割愛させていただき、この場を借りまして新年のご挨拶に代えさせて頂ければと存じます。 昨年2019年 […]...

      1. Google検索で順位が下落したときの原因とSEOによる対処法

        大事に運営してきたWebサイトであっても、突然検索順位が下がってしまい、アクセスが激減することもあります。 実際当社でも、このような想定外の事態からWeb担当の方にお問い合わせいただくことも少なくありません。 検索順位が […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP