SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEO対策で重要な内部リンク施策とは

SEO対策の1つとして、内部リンクを整える施策が重要です。
では内部リンク施策が必要な理由とは何でしょうか。
また、内部リンク施策を行うにあたり、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

内部リンクがSEO対策において重要な理由

内部リンクが重要な理由は大きく以下の2つです。

1.クローラーがサイトを巡回しやすくなるため(クローラビリティ)
2.サイト内で重要なページとして評価してもらうため

まず、効果的なSEO対策の前提条件として、クローラーが巡回しやすいことが挙げられます。
巡回しやすいと、Googleにサイト内の重要なページを見つけ、評価してもらえます。
検索結果の上位に表示されるためには、まずこれが必要です。

また外部リンクと同様に、内部リンクにもリンク先のページへ評価を受け渡す作用がありますので、評価してもらいたいページに内部リンクを集めておくことが重要です。

内部リンクの種類と押さえておくべきポイント

グローバルナビ・サイドナビ

グローバルナビはサイト内で共通のものを使い、ユーザビリティを考慮して全ページに設置するようにしましょう。
また、クローラーの読み取りやすさを考えて、なるべくテキストで設置することをおすすめします。画像で設置する場合は必ずaltテキストを設定します。
グローバルナビ・サイドナビの項目はカテゴリごとに作成するのが一般的ですが、サイトによってはより良い分類方法がある場合もあります。
SEOだけでなくユーザビリティも考慮して設置するようにしましょう。

パンくずリスト

パンくずリストはGoogleにサイト構造を正しく伝えることができるため、非常に重要な内部リンクです。
また、パンくずリストは上層ページへの内部リンクを常に記載するという性質上、上層の重要なページにリンクを集めることができます。
そのためSEOに注力しているサイトでは必ずと言っていいほど導入されている内部リンクです。

ただし、パンくずリストによるリンクを設置する前に、サイト構造をしっかり決めておかなければなりません。

また、パンくずリストをより効果的に使うには、構造化データにして設置するとよいでしょう。
構造化データとは、検索エンジンなどロボットが内容を理解しやすいように、専用の形式でマークアップを行うことです。

参考記事:構造化データとは?~HTMLを構造化する前に知っておきたいこと~
/blogs/structured-data/

なお、パンくずリストは複数設置することも可能で(二重パンくずリスト)、特にサイト構造が複雑な大規模サイトの場合は、ユーザビリティが向上します。
クローラーは一番上のパンくずリストを重視するため、もっとも重要なリンクを含むパンくずリストを一番上に持っていくことがポイントです。

下層ページへのリンク

内部リンクを作るには、上層ページから下層ページに降りていけるような構成にする必要があります。
この時の下層ページとは、パンくずリスト階層で下層となるページのことです。
このようなリンクが共通ナビゲーションに設置してある場合でも、各ページのメインエリア内にも設置しておくとさらに効果的です。

関連リンク

関連リンクはそのページに関連性の高いページへのリンクのことです。
そのページと内容が類似したページへの内部リンクを設置することで、SEO効果の高い内部リンクとなります。
またそのようなリンクはページを閲覧しているユーザーが次に読みたくなるページである可能性が高く、ページからの離脱を防ぐなどユーザビリティ改善につながることもあります。

内部リンク設置の際の注意点

内部リンクを効果的に設置するには、アンカーテキストにキーワードを入れるようにしてください。
テキストではなく画像を用いてリンクする際は、必ずaltテキストを記述する必要があります。

なお、<button>タグによるページ遷移は内部リンクとは呼べません。
Googleは<button>タグの先のコンテンツをクロールしないため、その先のコンテンツをインデックスし、評価させたいときは必ずaタグによる内部リンクも設置するようにしましょう。

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top