ブログ

javascriptで転送(リダイレクト)を行う方法と注意点

リダイレクトとは

リダイレクトという言葉はリダイレクション(向きを変える)という意味で、Webページに訪れたユーザーを別のWebページに転送することを言います。
主にWebページが移転した時や、メンテナンスの時や一時的に封鎖したい場合など、Webページを転送するために使われます。
リダイレクトには大きく分けて3つの方法があります。

HTTPによるリダイレクト

HTTPによるリダイレクトは移転前のページ評価を移転後のページに最も確実に引き継ぐと言われているため、SEO上最もおすすめされているのがこの方法です。
こちらはサーバーを経由してリダイレクトを実行する方法で、一般的によく使われています。
ただし、サーバーの種類によっては実行できない可能性があります。

HTTPによるリダイレクトはサーバーのレスポンスコードに応じて301や302などに分けられます。

・301リダイレクト(恒久的な転送)
多くの方が利用するリダイレクト方法です。
恒久的な転送を目的として利用するので、家の引越しをして住所変更をしたようなイメージです。

・302リダイレクト(一時的な転送)
301リダイレクトに比べあまり使う頻度は少ないのですが、一時的にWebページを移転する時などに利用されています。
出張で一時的に家を引越ししたけど、住所はそのままの状態というイメージです。

301の代わりに誤用されているような場合であっても、Googleは理解して評価を引き継ぎますが、301リダイレクトと比べると評価が移るまでにやや時間を要することがあります。

javascriptによるリダイレクト

サーバーの関係上、HTTPによるリダイレクトが実行できない場合、JavaScriptは便利な代替策になります。
javascriptは、HTTPによるリダイレクトがサーバー上で処理される一方、javascriptはブラウザ側で実行されるものです。
Googleのクローラーもjavascriptを実行できるため、転送されていることを認識でき、またページ評価を移転後のページに引き継いでくれます。

meta refreshによるリダイレクト

こちらもHTTPによるリダイレクトが実行できない場合に利用されることが多い方法です。
URLの評価を全て引き継ぐ保証が無いので、検索順位に悪影響が出る可能性があるほか、W3C(Webで使用されるHTMLを含む技術の規格化を行っている団体)では2000年からmeta refreshの使用を推奨していません。
依然としてGoogleはサポートを続けていますが、できるだけ避けたい方法です。

※補足ですが、javascriptやmeta refreshによる転送はサーバーを経由しない方法なので、厳密にはリダイレクトではありません

javascriptによる転送方法

javascriptはブラウザ上で動くプログラムの1種です。
転送を行う際はHTMLファイルの<head>~</head>内に以下のように記述します。

<script type=”text/javascript”>
<!–
setTimeout(“link()”, 0);
function link(){
location.href=’https://(転送先のURL)’;
}
–>
</script>

この時、SEOを考慮するとsetTimeout内の数字は0がお勧めです。

javascriptによる転送時の注意点

リダイレクトが実行できない場合がある

現在では、ほとんどのブラウザでjavascriptを実行することができるものの、サポートしていないブラウザがあると、そのユーザーは転送されません。
また、javascriptをサポートするブラウザであっても、意図的にjavascriptを許可しない設定にしている場合も転送されません。

加えて、ページ移転後もjavascriptを実行させるために移転前のページを残しておく必要があるというデメリットもあります。

ただ転送するだけではアクセス解析上の問題が生じることがある

転送前のページにどのようなチャネルでたどり着いていたとしても、javascriptによって転送された後は流入チャネルがdirectとして計測されてしまう問題があります。

また、リダイレクト前にURLにアクセス解析用等パラメータを付与していた場合であっても、そのままではパラメータは保持されません。(常にjavascript内に指定された、URLパラメータのないURLに転送されてしまう)

このような点が問題になる場合はjavascriptに手を加えておく必要があります。
詳しくは以下を参考ください。
https://qiita.com/1987yama3/items/5ff58b6195fe6c3f268b




監修者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



SEOトレンドレポート

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 第8回Web&デジタル マーケティング EXPOに出展【10/24~26 幕張】

    サクラサクLABOを運営するサクラサクマーケティング株式会社は、2018年10月24日~26日の3日間、幕張メッセで開催される「第8回Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】」に出展しております。 弊社は、SEO […]...

    1. 【インタビュー】株式会社オリエンタライズ様「4ヶ月でアクセスが4倍!1年で10倍!」BtoCのコンテンツマーケティング事例

      店舗販促品ECサイトのコンテンツマーケティングの実施のお手伝いをしました。 店舗装飾関連に課題がある人の悩みを解決できるようなコンテンツの発信を行い、装飾関連のキーワードで軒並み上位表示に成功しアクセス数も急増しました。 […]...

      1. 【インタビュー】株式会社バサラホールディングス様「内製化による目標大幅達成!」BtoCのコンテンツマーケティング×SEO弊社施策成功事例紹介

        着物の着付け・レンタルサービスを各種メディアの複合的な活用によるWebマーケティング施策を展開。 店舗担当者がコンテンツを発信できる体制の構築によりSNSとWebサイトを有機的に活用したプロモーションに成功しました。 ・ […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP