ブログ

キーワード出現率はSEO効果があるのか

キーワード出現率(含有率)とは、ページ内の単語全体における対策キーワードの割合のことです。
従来のSEO対策ではキーワードをページ内に盛り込むことが当たり前でしたし、ページ内に存在する単語の何%を対策キーワードにするかといった議論も頻繁に行われてきました。

現在のSEO対策では、キーワード出現率はどのように考えればよいのかをご紹介します。

キーワード出現率の重要性

これまでも、SEO対策にはキーワード出現率が重要と言われてきましたし、現在でも議論が交わされることもあります。
本当にSEOでキーワード出現率は重要なのでしょうか。

従来のSEOでは効果的だった

ページに盛り込むキーワードの数が、SEOに大きな効果を与えていたのは事実です。
かつてのGoogleは現在ほど精密にウェブページの内容を把握できていなかったこともあり、キーワードを盛り込むことで一定の効果を得ることができました。

現在のGoogleは進化している

oogleのアルゴリズムは年を追うごとにどんどん進化しています。
今では、ただ単純に対策キーワードをウェブページ内に盛り込むだけでは、思うほどの効果を得られなくなってきました。

以前はとにかくキーワードを盛り込んだり、出現頻度をコントロールすることで一定の成果がありました。
しかし、Googleは進化を続け、今ではページの内容をより以前よりも正確に把握できるようになったのです。

かつてのSEO対策の知識のままでキーワード出現率を調整したり、いたずらにたくさん盛り込んだりしても、効果がなく徒労に終わってしまうか、ひどい場合にはペナルティを受けてしまう可能性もあります。

キーワードだけにフォーカスを置いた施策ではもはや通じなくなりつつあります。

キーワード出現率は無視してよいのか?

ではキーワード出現率はゼロでいいかといえば、そうではありません。

出現率0は避ける

以前ほどキーワードの出現頻度は重視されなくなりましたが、ページ内で一度も使われていないキーワードでの上位表示は難しくなります。
キーワードの出現率0%は行き過ぎであり、コンテンツ作成の際に自然とキーワードが使われて、適度にキーワードが盛り込まれている状態が理想です。

これはタイトルや見出しテキストにおいても同様で、上位表示ページにはこうしたテキストにキーワードを含んでいることが多いという事実があります。

現在はキーワード出現率だけを意識した施策はほとんど意味はなくなっています。ユーザーがそのキーワードで検索する際の意図を読み取り、それに応えるコンテンツを作成することが必要になっています。
そのようなコンテンツを作成する際には、多くの場合自ずとキーワードが使用されることでしょう。





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

監修者:山口 真司

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

学生時代、広告人材会社と起業家コンサルティング会社でインターンを経て2017卒としてサクラサクマーケティングの新卒1期生として入社。
SEOコンサルタントとしてインターン時代から案件を持ち、大手ポータルサイト等大型案件を中心に常時20サイト以上のクライアント様のWebマーケティング成功に注力。

サクラサク期待のエースとして、お客様のサポートだけでなく、社内業務効率化も取り組み日々奮闘中。



SEOトレンドレポート

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

    1. 観測ワード数50倍!超大型サイトの健康状態を瞬時に把握可能になったアイスタイル様(@cosme)事例

      大規模なサイトを運営するweb担当者が抱えるミッションには、「サイトの健康状態をいかに明瞭に把握できるか」、「いかに社内共有しやすい環境を作るか」といった点が挙げられるでしょう。特にサイトの規模が大きければ、それだけ自然 […]...

      1. 2019年 新年のご挨拶

        新年、明けましておめでとうございます。 サクラサクラボを運営しております、 サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長の根岸でございます。 このブログの場を借りまして、新年のご挨拶を申し上げさせて頂きたく存じます。 皆 […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP