SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

キーワード出現率はSEO効果があるのか

キーワード出現率(含有率)とは、ページ内の単語全体における対策キーワードの割合のことです。
従来のSEO対策ではキーワードをページ内に盛り込むことが当たり前でしたし、ページ内に存在する単語の何%を対策キーワードにするかといった議論も頻繁に行われてきました。

現在のSEO対策では、キーワード出現率はどのように考えればよいのかをご紹介します。

キーワード出現率の重要性

これまでも、SEO対策にはキーワード出現率が重要と言われてきましたし、現在でも議論が交わされることもあります。
本当にSEOでキーワード出現率は重要なのでしょうか。

従来のSEOでは効果的だった

ページに盛り込むキーワードの数が、SEOに大きな効果を与えていたのは事実です。
かつてのGoogleは現在ほど精密にウェブページの内容を把握できていなかったこともあり、キーワードを盛り込むことで一定の効果を得ることができました。

現在のGoogleは進化している

oogleのアルゴリズムは年を追うごとにどんどん進化しています。
今では、ただ単純に対策キーワードをウェブページ内に盛り込むだけでは、思うほどの効果を得られなくなってきました。

以前はとにかくキーワードを盛り込んだり、出現頻度をコントロールすることで一定の成果がありました。
しかし、Googleは進化を続け、今ではページの内容をより以前よりも正確に把握できるようになったのです。

かつてのSEO対策の知識のままでキーワード出現率を調整したり、いたずらにたくさん盛り込んだりしても、効果がなく徒労に終わってしまうか、ひどい場合にはペナルティを受けてしまう可能性もあります。

キーワードだけにフォーカスを置いた施策ではもはや通じなくなりつつあります。

キーワード出現率は無視してよいのか?

ではキーワード出現率はゼロでいいかといえば、そうではありません。

出現率0は避ける

以前ほどキーワードの出現頻度は重視されなくなりましたが、ページ内で一度も使われていないキーワードでの上位表示は難しくなります。
キーワードの出現率0%は行き過ぎであり、コンテンツ作成の際に自然とキーワードが使われて、適度にキーワードが盛り込まれている状態が理想です。

これはタイトルや見出しテキストにおいても同様で、上位表示ページにはこうしたテキストにキーワードを含んでいることが多いという事実があります。

現在はキーワード出現率だけを意識した施策はほとんど意味はなくなっています。ユーザーがそのキーワードで検索する際の意図を読み取り、それに応えるコンテンツを作成することが必要になっています。
そのようなコンテンツを作成する際には、多くの場合自ずとキーワードが使用されることでしょう。

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top