ブログ

キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーとはGoogleが提供する公式ツール「Google Adwords」の機能の一部で、キーワード情報を調べることができます。
本来はGoogleに広告出稿をする人が使用するためのものですが、キーワードの検索数や競合性を調べることもできるので、サイト運営者がSEO対策を行う時にも使われるようになりました。
また「Google Adwors」利用者以外でも登録を行えば、誰でも無料で利用出来るのも大きな魅力です。

ここではキーワードプランナーの使い方をご紹介します。

キーワードプランナーを使うには

Googleアカウントがあれば誰でも使うことが出来ます。
キーワードプランナーは以下から利用可能です。
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

キーワードプランナーでは、2016年半ば頃に仕様変更があり、Google Adwordsに広告を出稿しているアカウントだけが全機能を使えるようになりました。

キーワードプランナー無料表示画面

キーワードプランナー有料表示画面

広告を出稿していないアカウントがキーワードの検索数を調べると、表示される結果が「1万~10万」のように曖昧かつ広範囲で、正確な数字は分からなくなりました。
このツールはあくまでも広告主の活動をサポートする目的のためであり、リスティング広告の運用を前提に作られていることが、仕様変更の理由です。
とはいえ、知りたいキーワードの月間平均検索数が詳細に表示されなくても、SEO対策としてキーワードを選定する時にはとても役立ちます。

キーワードプランナーで調べられることと使い方

調べられること

キーワードプランナーで調べられることは、いくつかあります。
まずは、指定したキーワードの月間平均検索ボリュームとトレンドの推移です。
この際、国や言語をしていすることも可能です。
キーワードによっては季節で検索数が変動するものもあるため、こうしたワードの検索数変化を知ることができるのもメリットの1つです。

他にもキーワードに関連ワードも抽出し、検索に用いられたデバイス別の割合も算出されます。
また指定されたキーワードを分析し、競合性の高さを、高、中、低の3段階で表してくれるので、競合性が高いワードを避けることができます。
また、リスティング広告におけるキーワードの競合性、費用のシミュレーションも表示されます。

使い方

キーワードプランナーを使用するためには、まずGoogleアカウントに登録し、Gmailアドレスとパスワードを用意します。
次にGoogle Adwords用の設定を行います。
作成は、メールアドレス、国、タイムゾーン、通貨等を決めるだけで、30秒も掛かりません。
登録完了後、Google Adwordsにログインし、画面右上からキーワードプランナーを選択、自分が調べたいキーワードを入力して「候補を取得する」を押すと、結果が表示されます。

難しい操作はありませんので、まずは登録して触ってみることをおすすめします。

まとめ

キーワードプランナー以外も、SEO対策用のキーワードの検索頻度を調べるツールは存在しますが、キーワードプランナーは無料で使えて機能も充実しています。

もともとリスティング広告主のためのツールですが、SEO対策を行っている方にとっても非常に有用なツールですので、キーワードの選定や優先度設定などに活用できます。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 【速報】2020年1月コアアルゴリズムアップデートの変動事例

    2020年最初のコアアルゴリズムアップデートの予告は日本時間1月14日未明になされました。 その後同日早朝から変動率の上昇が確認されていました。 本稿執筆はそれから2日たった16日ですが、依然として変動率が高い状態が長く […]...

    1. 2020年 新年のご挨拶

      新年あけましておめでとうございます。 サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長の根岸でございます。 杓子定規のご挨拶は割愛させていただき、この場を借りまして新年のご挨拶に代えさせて頂ければと存じます。 昨年2019年 […]...

      1. Google検索で順位が下落したときの原因とSEOによる対処法

        大事に運営してきたWebサイトであっても、突然検索順位が下がってしまい、アクセスが激減することもあります。 実際当社でも、このような想定外の事態からWeb担当の方にお問い合わせいただくことも少なくありません。 検索順位が […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP