SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

キーワードプランナーが使えない?検索数が出ない時の対策

「キーワードプランナー」は、無料で月間検索数やキーワードのトレンドをチェックできるツールとして有名です。SEO対策における便利なツールとして支持されていますが、段階的に仕様変更がなされたことで無料で使用する場合の機能が制限されるようになりました。
※機能が制限:月間検索数がおおよその数値(1万~2万等)で表示される。

今回はキーワードプランナーを利用する際のポイントや、使えなくなったときの対処法について説明していきます。

キーワードプランナーとは?

キーワードプランナーとは、Googleが公式に提供している広告掲載(Google AdWords広告)のツールです。無料で利用することができるので、SEOを実践している層からも幅広い支持を得ています。

もともとGoogle AdWords利用者に向けたツールでしたが、現在はGoogle AdWordsの利用者でなくとも登録するだけで簡単に使用を始めることができます。

キーワードプランナーを使用することにより月間でどのくらいキーワードが検索されたか、トレンドはどうなっているか、競合性はどうなっているか、などをを詳しく知ることができるのです。

無料で利用できますが、2016年の半ばごろから全機能を利用できるのはGoogle Adwordに広告を出しているアカウントのみ詳細機能も利用できる形となりました。無料使用の場合は一部の機能に制限がつきます。すべての機能を利用したい場合は広告を出稿する必要があります。

キーワードプランナーで調べられること

キーワードプランナーを使うと、どんなことが調べられるのか詳しく見ていきましょう。

指定キーワードの検索回数

指定したキーワードがどれだけ検索されたかを知ることが可能です。月間の平均検索数、国別の検索数、言語別の検索数などを詳細にチェックできます。

指定キーワードのトレンド推移

キーワードは季節や社会状況によって刻々と変化しています。キーワードのトレンドの推移を知ることはSEOにおいて重要です。

関連キーワードの抽出

指定したキーワードの関連ワードを抽出することができます。ロングテールキーワードや自分では気づけない新しいキーワードの発見などを調査する上で役に立ちます。

デバイス別の検索の割合

どのデバイス(パソコンなのかスマホなのか等)によって検索されたか、その割合を知ることが可能です。

キーワードの競合性の確認

指定キーワードの競合性を分析出来ます。これを知ることで競合性の高いキーワードを避けたSEOをすることができます。

費用のシミュレーション

AdWords広告における費用のシミュレーションを表示できる機能が付いています。

注意点

キーワードプランナーを利用する上で、注意しなければならないのが「無料と有料の機能の違い」です。有料では全機能を使えるだけでなく細かな数値がグラフ付きで表示されますが、無料ではグラフ表示もなく、大まかな数値でしか見ることができません。

例えば有料版における指定キーワードの月間検索数が「21,500」と表示されたとします。これが無料版になると「1万~10万」と大雑把な数値で表示されます。これでは正確な数値を把握することができません。また、グラフ表示がないと季節ごとのキーワード検索の推移を把握することもも難しくなります。

キーワードプランナーはもともとAdWords広告を運用している広告主向けのサポートツールですから、全機能を利用して正確な数値を見たい場合はAdwordsで広告出稿が必要です。

使えないときの代替案

キーワードプランナーの仕様が変わったことで、今までどおり使えなくなってしまった場合の対処法についてご紹介します。

まず一つ目は「別のグーグルアカウントで利用してみる」です。それまでのアカウントで閲覧していたものが見られなくなった場合は、別アカウントで利用してみましょう。可能性は低いですが、再び閲覧ができるようになる場合があります。

二つ目は「Google Adwordsに広告を出稿する」です。どうしても無料で利用したいという人以外は有料で利用することを検討してみてください。

三つ目は「キーワードプランナー以外のツールを探す」です。
aramakijake
http://aramakijake.jp/

Googleトレンド
https://trends.google.co.jp/trends/ 

SEMrush
https://www.semrush.com/

これらのサイトでは無料・登録なしで、月間検索数やキーワードのトレンド推移をある程度チェックすることができます。

キーワードプランナー以外にも無料のツールはいくつかありますが、正確性やデータ分析の細かさでは、やはりキーワードプランナーの方が優秀です。今後本格的なSEOを行う場合は、AdWords広告へ出稿してキーワードプランナーを有料で利用することを検討してみてください。

2020年7月16日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top