SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

キーワードの意図を汲んだコンテンツの作成方法

記事コンテンツ執筆マニュアル

コンテンツマーケティングの基本は、「ユーザーの求めているものを知ること」です。
それを知らなければ何を作っても人が多く集まることはないでしょうし、たとえ人が集まったとしてもコンテンツの内容が薄ければ、商品やサービスの購買につながりません。

ニーズを理解し、ユーザーが求めているものを発信できるかどうか、ユーザーの心を刺激し、感動させられるかどうか、そこがコンテンツマーケティングの成功のカギとなります。

キーワードの意図とは

なぜ人は検索をするのでしょうか?
何の理由もなく検索するということはありません。
ユーザーは必ず目的を持ってキーワードを打ち込み、検索を行います。
たとえば「~についてのノウハウを知りたい」「新しいスマホの情報を知りたい」「もっとお得なサービスを受けたい」など、それぞれが目的と理由をもって検索を行っています。
そのニーズを知らなければ、いくらキーワード設定をしても集客にはつながりません。
SEO対策をするうえで、この「ユーザーの意図」「ユーザーのニーズ」に応えるコンテンツの作成・発信が必須になります。

どのユーザー層をターゲットにするか、これが最初にすべきことです。
つまり、これから作成・発信するコンテンツの目的とターゲットを明確にするのです。
ノウハウ系コンテンツなのか、ハウツー系か、新商品を広めるものか、ニュースやまとめ系、あるいはレビュー系か。
コンテンツのあり方は様々であり、ユーザー層もユーザーの数・ニーズも大きく異なります。

どこにアプローチし、どのようなコンテンツを作成するかを第一に考えてみましょう。
そのためにはまず事前の調査・分析が必要になります。

作成にあたっての注意ポイント

実際にコンテンツを作成するにあたり、どのように事前調査・分析を行えば良いかを詳しく見ていきましょう。

競合サイトをチェックする

SEO対策をしたいキーワードを実際に検索してみて、ヒットする競合サイトがどういうコンテンツを作成しているかをチェックしてみましょう。
検索上位に表示されるサイトはそれだけ人気が高く、多くのユーザーのニーズに応えたコンテンツを発信しています。
それはそのコンテンツに対するGoogleの検索評価が高いという意味もあります。
しかし、このチェックは他社のコンテンツをそのまま真似するという意味ではありません。

より多くのニーズを把握する

ユーザーのニーズは多種多様です。
そしてニーズを把握しなければユーザーが求めるコンテンツを作ることはできません。
ニーズは社会情勢、季節、流行、テレビなどの影響で時々刻々と変わります。
ユーザーが求めるニーズ・情報をできるだけ多く、より敏感に把握して適切なコンテンツを生み出す、それが結果的に集客の成功につながるのです。

ニーズを調査して独自コンテンツを生み出す

ニーズを調査し、ターゲットが決まったら実際にコンテンツの作成に入ります。
コンテンツ作成で最も基本となるのは、「良質なオリジナルコンテンツを生み出すこと」です。
他社の真似をしたコンテンツでは、検索評価は決して高いものになりません。
なぜならGoogleは独自性の高い良質なコンテンツを評価しているからです。
ニーズを把握し、ターゲットを決めたうえで、いかに独自性に富んだコンテンツを生み出せるかどうかがポイントです。

コンテンツ作成後

コンテンツ作成後は、選定したキーワードの順位やアクセス数、サイトの検索順位などを分析・モニタリングします。
それを踏まえて見直すべきところは見直し、改善していきます。
もしなかなか集客できないようなら、目的とするターゲットを変更するという手もあります。
このように何度も繰り返し分析・モニタリングを行い、その都度適切な施策を行って好循環のサイクルを目指していきます。

この「好循環のサイクル」を作ることが、コンテンツ作成後の最も大事な点といえるでしょう。
そのためにはツールを利用した日々のモニタリングが欠かせません。

発信するコンテンツが成功するか否かの約90%は、事前のリサーチとプランニングによって決まるといわれます。
それだけユーザーのニーズの把握と、それに合った適切なキーワード選定が重要になるということです。
最初のキーワード設定が間違っていれば、多くのユーザーのアクセスは期待できません。

「自分が何を作りたいか」ではなく、「ユーザーが何を求めているか」を第一に考えることが、コンテンツマーケティングの基礎となります。

記事コンテンツ執筆マニュアル

執筆者 / 監修者

監修者:笹本 雅人
監修者:笹本 雅人
2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。
特に大規模サイトのSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。

その他のブログ記事

Return Top