SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

外部対策で重要な被リンクの獲得方法

効果的なSEO対策においては、外部対策が必要と言われています。
SEOにおける外部対策とは、サイト外部に対する対策を指します。

外部施策といえばリンク構築と言われるほど被リンクは外部施策において重要性が高いものです。

ここでは、被リンクの概要や必要性、リンクの獲得方法などについてご説明します。

SEOで被リンクが重要な理由

サイト内の内部対策を徹底的に施しても、それだけでは上位表示は望めません。
内部対策はそのサイトの情報を正確にクローラーに伝えるためのもので、効果は高いものの、それだけでは不十分なのです。

被リンクは、いわば外部サイトからの「投票」です。
つまり、被リンクが多いということはそれだけ評価の高いサイト、価値のあるコンテンツがあるとクローラーは判断します。
だからこそ外部対策が必要となってくるのです。

被リンクはSEO対策としてに効果的だからこそ、かつてはリンクスパムも横行し、それに対してGoogleも対策を行ってきました(ペンギンアップデート)。
とはいえ、未だに被リンクは検索順位を決める要素の一つであることは間違いありません。
よって、リンクスパムにあたらない施策にて被リンク数を増やしていくことが必要です。

外部リンクの獲得方法

外部リンクはウェブ担当者自身でコントロールできない部分が多いのですが、いろいろな方法で外部リンク増加を促すことは可能です。
代表的な方法をご紹介します。

自社サイトからのリンク

自社のコーポレートサイト、別サービスのサイトなどの関連サイトなどからリンクを張るのは、すぐにでも実行できる有効な方法です。

また、複数のサテライトサイトを作成して、メインサイトへリンクを張るケースも考えられます。
これがリンクスパムにあたるかどうかは、そのサテライトサイトの質によると考えられます。
サテライトサイトがメインサイトの順位を上昇させる目的で構築されており、ユーザーに役に立つ価値あるコンテンツを盛り込んだものでなければ、リンクスパムと判断されてしまいます。

ユーザーからリンクしてもらう

ユーザーから自発的にリンクしてもらえるように、質の高いコンテンツを充実させるのも有効な外部対策です。
お役立ちコンテンツや専門的なノウハウ、独自に実施したリサーチ結果、イベントレポートなどはブログやサイトからリンクしてもらえる可能性が高いです。

ユーザーに価値を与えるコンテンツを持つサイトは、それ自体が資産と言えます。
自社関連サイトのリンクでは数が限られてしまいますので、基本的にはユーザーからいかにリンクしてもらえるコンテンツをアップするか、仕組みを作るかが非常に重要です。

SNSで拡散してもらう

現在では多くの方がSNSを利用して有益なコンテンツを探したり、情報を発信したりしています。
自社のコンテンツをSNS上で拡散することができれば、より多くのユーザーにコンテンツを届けることが可能になります。

この際、FacebookやTwitterなどのリンクはnofollowがついており、SNSでの拡散それ自体にはSEO効果はありませんので注意が必要です。
あくまでSNSでの拡散の結果、より多くのユーザーがコンテンツを目にし、その結果リンクをしてもらえる数が増えるということです。

良質なコンテンツを提供することが基本

リンクを増やそうと自作自演のリンク構築を行っていればペナルティによりSEOの成果から遠ざかるリスクも高くなっています。
外部対策においても、良質なコンテンツを提供することがリンクを増やすための近道になっています。

執筆者 / 監修者

監修者:笹本 雅人
監修者:笹本 雅人
2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。
特に大規模サイトのSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top