SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

meta noindexの書き方と使用するシチュエーション

meta noindexとは

noindexとはメタタグと言われる種類の一つで、Googleが特定のWebページをインデックスしないようにするためのタグです。
例えば商品番号が違うだけの申し込みページがサイト内に多数存在するような、検索エンジンに見せる必要がないページにnoindexタグを挿入し、これらのページをインデックスさせないようにします。 インデックスさせたくないページのHTML内に以下のように設定すると検索結果に表示されなくなります。
<meta name=”robots” content=”noindex” />

noindexを使うシチュエーション

Noindexは頻繁に利用されています。
例えば、ECサイトの場合、デフォルトの状態とソートをかけた状態では、URLパラメータなどによって機械的に重複コンテンツが生まれる場合があります。
このような場合にnoindexを使うのです。
他にも、求人サイトで求人詳細ページとは別に求人申し込みページがあり、各求人ごとに同じ申し込みページが生成されてしまう場合にも、noindexを使って検索結果から除外することで、マイナス評価を回避できます。

なお、noindexは開発中のサイトにもユーザーに見られる事を避けるために使われていることがあります。
注意したいのは、noindexを設定してもURLにアクセスすればユーザーは通常通り見ることができますし、検索結果に表示されてしまう可能性は0ではありません。
検索エンジンや一般ユーザーのアクセスをブロックしたい場合はnoindexではなく、basic認証やIP制限を使うべきです。

nofollowとは

noindexとともに設定されることが多いタグとしてnofollowがあります。

nofollowは直訳すると「たどらない」という意味です。
検索エンジンのロボットがWebページ内のリンク先(aタグで指定された別のページ)を経由してたどらないように設定することを言います。

nofollowを設定すると、その先のリンクをたどらないため、ロボットに余計なリソース(クロールバジェット)を使わせないメリットがあるほか、リンク先のWebサイトが信用できない場合などにリンクを通してページ評価を受け渡さなくなります。

noindexを設定しているようなページでは、ページ評価の受け渡しは不要な場合がほとんどのため、nofollowが合わせて使用されることが多いです。

<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow”>

noindexの使用にはご注意を!

上述のとおりnoindexはクローラーに不必要なページを読み込ませないために活用するものですが、一時的な設定を解除し忘れて、いつまでたってもページが読み込まれないなどといったケースも実際にございます。
そのため正しい目的で使えているか、または使おうとしているかの判断が必要です。

もしnoindexタグの設定を考えていて、それが正しい方法なのか不安に思われた方は、無料相談会へお申し込みください!
弊社のコンサルタントが状況をお伺いし、最適な方法をご提案いたします!

無料相談会へのお申し込みはコチラ

2020年7月8日監修者:笹本 雅人

執筆者 / 監修者

監修者:笹本 雅人
監修者:笹本 雅人
2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。
特に大規模サイトのSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。

その他のブログ記事

Return Top