ブログ

meta refreshによる転送(リダイレクト)を行う方法と注意点

『いまさら聞けないリダイレクト基礎知識』を無料でダウンロードする
リダイレクトの基礎と実践の2部構成資料を公開しておりますので、ぜひご活用下さい。
https://sakurasaku.satori.site/free-document/redirect/

リダイレクトとは

リダイレクトとは向きを変えるという意味で、Webページに訪れたユーザーを別のWebページに転送することを言います。
主にWebページが移転した時や、メンテナンスの時に一時的に転送したい場合など、Webページを転送するために使われます。

リダイレクトには大きく分けて3つの方法があります。

・HTTPによるリダイレクト
・javascriptによるリダイレクト
・meta refreshによるリダイレクト

このうち、HTTPによるリダイレクト(ステータスコード301や302など)がSEO上最も推奨されている方法ですが、サーバーの都合上HTTPによるリダイレクトができない場合などではjavascriptやmeta refreshによるリダイレクトで代用することが可能です。

meta refreshによる転送方法

HTMLファイルの<head>~</head>内に専用のmetaタグを記述することでリダイレクトを実行します。
ネットサーフィンをしていたら、たまに「本サイトは移転しました。5秒後にジャンプします」などと表示されることがありませんか?
これは多くの場合meta refreshによるリダイレクトの際に表示されるものです。

meta refreshによる転送を行う場合、転送元のページの<head>内に以下のように記述します。

例えば、0秒後に、転送先URLへリダイレクトする場合
<meta http-equiv=”refresh” content=”0;URL=https://(転送先のURL)”>

5秒後に、転送先URLへリダイレクトする場合
<meta http-equiv=”refresh” content=”5;URL=https://(転送先のURL)”>

この場合、contentの数字(転送までの秒数)は、SEOを考慮すると0にしておくことがお勧めです。
秒数が0秒指定の場合に最も301リダイレクトに近い効果がある(保証されるものではない)と考えられます。
さらに、訪れたユーザーによっては、その秒数を待ちきれずに離脱してしまう可能性もあります。

Googleはmeta refreshによるリダイレクトをサポートしているものの、推奨はしておりませんので、HTTPやjavascriptによるリダイレクトが実行できなかった場合の手段として考慮することがおすすめです。

『いまさら聞けないリダイレクト基礎知識』を無料でダウンロードする
リダイレクトの基礎と実践の2部構成資料を公開しておりますので、ぜひご活用下さい。
https://sakurasaku.satori.site/free-document/redirect/

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは~上位表示を実現する為のSEOとは?Googleの本質を理解し、自社サイトを強化する





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. Google検索品質評価ガイドラインのNeeds Metとは

    Needs Metとは、Googleの検索品質評価ガイドラインにおいて、検索結果がどの程度ユーザーの役に立って満足させたか(ニーズを満たしたか)どうかを評価するものです。 検索結果がユーザーの役に立つかどうかは、ユーザー […]...

    1. 【検証!】ページスピードインサイト(Page Speed Insights)のスコア改善施策と結果を公開!使い方とまずやるべき施策を徹底解説!

      ページスピードインサイトは活用していますか? 2018年Googleはモバイル検索においてページの表示速度をランキングの要素として取り入れる、通称「スピードアップデート」を発表しました。そしてその速度をはかるツールがペー […]...

      1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年6月25日)

        6月25日のウェブマスターオフィスアワーが行われました。Googleの金谷さんとあんなさんが回答した内容をまとめます。 ※具体例がなく、明確な回答ができなかった質問は除いています。 Q.しごと検索でbaseSalaryの […]...

おすすめコンテンツ

  1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

    ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

    1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは~上位表示を実現する為のSEOとは?Googleの本質を理解し、自社サイトを強化する

      目次 1. SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは 2. SEOの現在(検索エンジン最適化≒Google最適化) 3. Google Search Consoleの活用とS […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP