ブログ

meta refreshによる転送(リダイレクト)を行う方法と注意点

『いまさら聞けないリダイレクト基礎知識』を無料でダウンロードする
リダイレクトの基礎と実践の2部構成資料を公開しておりますので、ぜひご活用下さい。
https://document.satori.site/free-document/redirect/

リダイレクトとは

リダイレクトとは向きを変えるという意味で、Webページに訪れたユーザーを別のWebページに転送することを言います。
主にWebページが移転した時や、メンテナンスの時に一時的に転送したい場合など、Webページを転送するために使われます。

リダイレクトには大きく分けて3つの方法があります。

・HTTPによるリダイレクト
・javascriptによるリダイレクト
・meta refreshによるリダイレクト

このうち、HTTPによるリダイレクト(ステータスコード301や302など)がSEO上最も推奨されている方法ですが、サーバーの都合上HTTPによるリダイレクトができない場合などではjavascriptやmeta refreshによるリダイレクトで代用することが可能です。

meta refreshによる転送方法

HTMLファイルの<head>~</head>内に専用のmetaタグを記述することでリダイレクトを実行します。
ネットサーフィンをしていたら、たまに「本サイトは移転しました。5秒後にジャンプします」などと表示されることがありませんか?
これは多くの場合meta refreshによるリダイレクトの際に表示されるものです。

meta refreshによる転送を行う場合、転送元のページの<head>内に以下のように記述します。

例えば、0秒後に、転送先URLへリダイレクトする場合
<meta http-equiv=”refresh” content=”0;URL=https://(転送先のURL)”>

5秒後に、転送先URLへリダイレクトする場合
<meta http-equiv=”refresh” content=”5;URL=https://(転送先のURL)”>

この場合、contentの数字(転送までの秒数)は、SEOを考慮すると0にしておくことがお勧めです。
秒数が0秒指定の場合に最も301リダイレクトに近い効果がある(保証されるものではない)と考えられます。
さらに、訪れたユーザーによっては、その秒数を待ちきれずに離脱してしまう可能性もあります。

Googleはmeta refreshによるリダイレクトをサポートしているものの、推奨はしておりませんので、HTTPやjavascriptによるリダイレクトが実行できなかった場合の手段として考慮することがおすすめです。

『いまさら聞けないリダイレクト基礎知識』を無料でダウンロードする
リダイレクトの基礎と実践の2部構成資料を公開しておりますので、ぜひご活用下さい。
https://document.satori.site/free-document/redirect/





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

監修者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



SEOトレンドレポート

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

    1. 観測ワード数50倍!超大型サイトの健康状態を瞬時に把握可能になったアイスタイル様(@cosme)事例

      大規模なサイトを運営するweb担当者が抱えるミッションには、「サイトの健康状態をいかに明瞭に把握できるか」、「いかに社内共有しやすい環境を作るか」といった点が挙げられるでしょう。特にサイトの規模が大きければ、それだけ自然 […]...

      1. 2019年 新年のご挨拶

        新年、明けましておめでとうございます。 サクラサクラボを運営しております、 サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長の根岸でございます。 このブログの場を借りまして、新年のご挨拶を申し上げさせて頂きたく存じます。 皆 […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP