ブログ

SEOの主要なメタタグ(description等)の書き方

メタタグとは、HTMLのうち検索エンジンのクローラーなどのロボットが使用するデータのことです。
メタタグはHTMLの<head>内に記述され、そのウェブページの情報や設定などをクローラーに伝えています。
ユーザーに直接見えるものではありませんが、中にはSEO対策に重要な意味をもつものもあります。
ここでは主要なメタタグの概要や、書き方などについて紹介します。

主要メタタグの種類と書き方

主要なものを挙げると「meta description」「meta keyword」「meta robots」などがあり、それぞれに役割があります。
これらのメタタグをSEO対策に活用するには、正しい書き方を知っておく必要があるため、今後のためにしっかりと覚えておきましょう。

meta description

meta descriptionの役割は、クローラーとユーザーにウェブページの概要を伝えることで、以下のように記述します。
<meta name=”description” content=”これはdescriptionです”>

meta descriptionは検索順位に直接的な影響はない言われていますが、検索結果一覧画面(SERPS)にてスニペットとして表示されるため、ユーザーのクリック率に大きく影響します。
50~100文字程度を目安として、他の検索結果と比べてユーザーの興味を引くテキストを設定します。
また、検索クエリを意識してキーワードを含めておくと、一致する部分が太字になるためより目立ちやすくなるメリットがあります。

meta keyword

Webページのキーワードを指定できるメタタグで、かつてはSEO対策として高い効果がありました。
しかし、現在ではGoogleからランキング決定要因にはならないと明確に言われており、設定してもSEO効果は望めないでしょう。
わざわざ労力を割いてまで設定する必要はありませんし、設定済みのものを削除する必要もありません。

設定する場合は以下のようにキーワードをカンマ区切りで記述します。
<meta name=”keywords” content=”seo,seo対策”>

meta robots

ウェブサイトによっては、特定のページを検索結果に表示したくない場合があります。
そのような場合にインデックスを制御するために、robotメタタグでnoindex設定を行うことができます。

また、そのページからのリンククロールを不許可にし、リンク先にリンクジュース(評価)を渡さない、新たにインデックスさせたくないといった用途に用いるnofollow設定を行うことが可能です。

noindexnofollow設定を同時に行う場合は以下のように記述します。
<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow“>

デフォルトの状態だとクロールもインデックスも許可されている状態ですから、許可しない場合にだけそれぞれnoindexnofollowを記述します。

効果をよく理解せずに使っていたり、サイト制作段階で入れていたnoindexを除去し忘れていたりすると、インデックスさせたいページがインデックスされなくなるなど重大な不具合が起こることがありますので、robotメタタグは特に注意すべきメタタグです。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:冨田 健嗣

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2015年株式会社ブレインネットに営業として入社。その後2017年にサクラサクマーケティング株式会社と合併。現在はSEOのコンサルタントとして、常時20サイト以上のWEB集客の強化をサポート。

大規模メディアでのコンテンツマーケティングの成功実績を多数抱えており、現在は社内のマーケティング強化にも務めている。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

    制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

    1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

      ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP