SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEOの主要なメタタグ(description等)の書き方

メタタグとは、HTMLのうち検索エンジンのクローラーなどのロボットが使用するデータのことです。
メタタグはHTMLの<head>内に記述され、そのウェブページの情報や設定などをクローラーに伝えています。
ユーザーに直接見えるものではありませんが、中にはSEO対策に重要な意味をもつものもあります。
ここでは主要なメタタグの概要や、書き方などについて紹介します。

主要メタタグの種類と書き方

主要メタタグの種類と書き方

主要なものを挙げると「meta description」「meta keyword」「meta robots」などがあり、それぞれに役割があります。
これらのメタタグをSEO対策に活用するには、正しい書き方を知っておく必要があるため、今後のためにしっかりと覚えておきましょう。

meta description

meta descriptionの役割は、クローラーとユーザーにウェブページの概要を伝えることで、以下のように記述します。
<meta name=”description” content=”これはdescriptionです”>

meta descriptionは検索順位に直接的な影響はない言われていますが、検索結果一覧画面(SERPS)にてスニペットとして表示されるため、ユーザーのクリック率に大きく影響します。
50~100文字程度を目安として、他の検索結果と比べてユーザーの興味を引くテキストを設定します。
また、検索クエリを意識してキーワードを含めておくと、一致する部分が太字になるためより目立ちやすくなるメリットがあります。

meta keyword

Webページのキーワードを指定できるメタタグで、かつてはSEO対策として高い効果がありました。
しかし、現在ではGoogleからランキング決定要因にはならないと明確に言われており、設定してもSEO効果は望めないでしょう。
わざわざ労力を割いてまで設定する必要はありませんし、設定済みのものを削除する必要もありません。

設定する場合は以下のようにキーワードをカンマ区切りで記述します。
<meta name=”keywords” content=”seo,seo対策”>

meta robots

meta robots

ウェブサイトによっては、特定のページを検索結果に表示したくない場合があります。
そのような場合にインデックスを制御するために、robotメタタグでnoindex設定を行うことができます。

また、そのページからのリンククロールを不許可にし、リンク先にリンクジュース(評価)を渡さない、新たにインデックスさせたくないといった用途に用いるnofollow設定を行うことが可能です。

noindexとnofollow設定を同時に行う場合は以下のように記述します。
<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow”>

デフォルトの状態だとクロールもインデックスも許可されている状態ですから、許可しない場合にだけそれぞれnoindexやnofollowを記述します。

効果をよく理解せずに使っていたり、サイト制作段階で入れていたnoindexを除去し忘れていたりすると、インデックスさせたいページがインデックスされなくなるなど重大な不具合が起こることがありますので、robotメタタグは特に注意すべきメタタグです。

自社サイトの現状が気になる方は無料相談会へのお申込みを!

・WEBサイトでの集客数を増やしていきたい
・うちのサイトって正直いいの?悪いの?

こんなお悩みや疑問をお持ちであれば是非無料相談会へお申込みください!
弊社のコンサルタントがご質問にお答えします!

無料相談会のお申し込みはコチラ

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top