ブログ

MFI対応はレスポンシブが必須なのか

スマートフォンの普及により、WebサイトはPCよりもモバイルからの閲覧が主流になりました。
Googleでは導入時期は未定であるものの、MFI(モバイルファーストインデックス)の取り組みが進められています。

その中でGoogleはモバイル対応の方法としてレスポンシブによる対応方法を推奨するようになりました。
これはどういった理由なのか、レスポンシブ以外のサイトはどのように対応すればよいのかをご紹介します。

MFI(モバイルファーストインデックス)とは

MFIとは、モバイル向けのWebページをPC向けよりも優先的に評価し、インデックスするよう変更する取り組みです。
これまでは、PC向けのWebページが優先的にインデックスされ、モバイル向けのページはPC向けページの補助的な存在として扱われてきました。
そのため、PC向けとモバイル向けで内容が異なる場合や、コンテンツの充実度に差があるWebサイトが多く存在しています。

しかし、スマートフォンの普及により、PCよりもモバイルからの閲覧が主流になったことから、MFI導入へ向けた取り組みが始まっています。
MFIでは従来とは逆に、モバイル向けのページを優先的にインデックスし、PC向けのページを補助的に扱います。

Googleは、2016年にこの取り組みについて発表しましたが、2017年中の実装は難しく、現在も導入時期の目処は立っていません。

MFIではレスポンシブが推奨されている

MFIへの移行が難航している理由として、GoogleはMFI実装にあたって、実装前後での順位変化を最低限に抑える「クオリティーニュートラル」を目指していることが挙げられます。
クオリティーニュートラルを前提にした場合、PC向けページと比べるとモバイル向けページではコンテンツが少ないケースなどがあり、このままでは検索順位への影響が避けられないのだと思われます。

実際Googleの発言として、MFIにあたって以下のような要素をPC向けページとモバイル向けページで一致させることが推奨されています。

・そのページのメインとなるコンテンツ
構造化データ
・altテキスト
hreflangなどのメタタグ

このような中で、Googleはコンテンツやタグ等の際が起こらないレスポンシブを推奨するようになりました。
SEOに関して以前のGoogleは、モバイル対応(スマホ最適化)にあたって3つの方法(レスポンシブ、動的な配信、別々のURL)を同等に扱っていたことを考慮すると、実質的な方針転換と言えます。

レスポンシブ以外のモバイル最適化方法をしている場合の対応は?

では、現在存在しているPC向けWebサイトをすべてレスポンシブにしたほうがいいのかというと、そうではありません。
現時点でモバイルへの最適化が問題なくできているのであれば、必ずしもレスポンシブの必要はないでしょう。

しかし、Googleが指摘するように、PC向けページとモバイル向けページとの間でコンテンツの充実度、構造化データやaltテキストなどの差異がないかどうかを充分にチェックしておくことが必要です。

また、今後もGoogleから追加の情報が提供されると思われますので、引き続き情報収集をしておくことをおすすめいたします。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

    制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

    1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

      ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP