SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

これからのモバイル対応はレスポンシブが強く推奨

以前まではインターネットで何かを検索するときパソコンを用いることが大半でした。
インターネットを利用するのもパソコンユーザーがメインでしたが、現在では携帯電話やスマートフォンが普及し、誰もが日常的にインターネットを利用できるようになり、モバイル端末は持っているもののパソコンを持っていない人も増えています。

モバイル対応とは読んで字のごとくモバイルに対応することですが、ここではウェブサイトをモバイルに対応させることを指しています。

現在では多くの方がスマホを使用していますし、Googleがモバイルフレンドリーアップデートと呼ばれる新たなアルゴリズム更新に踏み切ったことでモバイル対応への必要性は高まり続けています。

モバイル対応の方法

レスポンシブ

モバイル対応への方法の一つとしてレスポンシブ化が挙げられます。
レスポンシブ化とはユーザーが使用しているデバイスに関わらず画面のサイズに応じて(レスポンシブに)表示を変えられるような仕組みです。

パソコンやスマホ、タブレットなど、どの端末でアクセスされた場合でも常に同じHTMLがサーバーから返されますが、cssなどによってそれぞれのデバイスで最適な画面表示となるようコントロールする方法です。

別々のURL

パソコン用とモバイル用でそれぞれ個別のURLを使った対策です。
それぞれのHTMLファイルを用意し、URLも別々のものを使用します。

動的な配信

デバイスによらずURLは同じですが、デバイスに応じてHTMLを動的に出しわける方法です。

これからのモバイル対応はレスポンシブを推奨

以前は先述した三つの方法のうちどれを採用しても大きな問題はありませんでしたが、現在ではレスポンシブ化が強く推奨されています。
その理由としてモバイルファーストインデックスの実装を控えていることが挙げられます。

これまでGoogleは検索順位のランク付けをパソコン向けページをもとに行っていましたが、モバイルからの検索が増えた現代においてはこの方法は適切でなくなってきており、今後はモバイルファーストインデックスにてスマホページのインデックスを主体にすることを発表しています。

非レスポンシブサイトだとモバイル用ページがパソコンページと比べてコンテンツやaltテキスト、構造化データ、メタデータなどが欠けていることがあります。
このような場合、モバイルファーストインデックスが実装された時に順位に影響を与えてしまう可能性があります。
そのため、Googleはモバイル対応は上記のような心配がないレスポンシブにて行うことを推奨しています。

現在モバイル対応できていないサイトが対応方法を検討する際には、レスポンシブを採用することを強くおすすめします。

レスポンシブ化が採用できないケース

これからモバイル対応をしたいと考えている方もおられるでしょうが、レスポンシブ化が採用できないケースも考えられます。

このような場合だと次善策として動的な配信がおすすめです。
動的な配信であれば、HTMLはパソコンとモバイルで異なるものの、少なくとも同じURLを使うことができます。

ただし、この方法を採用するのならコンテンツやaltテキスト、構造化データ、メタデータなどの差異が出ないように注意する必要があります。

まとめ

今現在運営しているサイトをレスポンシブ化することが難しいというケースはあるでしょうが、新規で制作するサイトやこれからモバイル対応を行う場合はレスポンシブ化を前提としたほうが良いでしょう。
Googleがモバイルファーストインデックスを実装する時期は決まっていませんが、必ず実装されます。
実装時に順位がげらくしてしまうなど、慌てることのないようにリスクの小さい方法を採用しておくことをおすすめします。

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top