SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

簡単! FacebookとTwitterを同時投稿するための連携方法

コンテンツマーケティングなどでSNSを活用している場合、複数のSNSを並行して運用されている方も多いでしょう。最適なのは、性格の異なるSNSそれぞれに合わせたクリエイティブや運用でフォロワーとのコミュニケーションを図ることですが、時間などリソース面で叶わないこともあるかもしれません。そんなときに活用したいのが、同時投稿のサービスです。

FacebookとTwitterを同時投稿するための連携方法を紹介します。

FacebookとTwitterの自動連携のメリットとデメリット

具体的な連携方法の前に、SNSどうしを自動連携するメリットとデメリットを整理しておきましょう。

まず認識しておきたいのは、SNSによってユーザー層や好まれる投稿スタイルといった特徴が、大きく異なることです。例えば、実名登録が原則のFacebookでは「信頼性」や「つながり」に重きがおかれ、頻繁な投稿はエンゲージメント率が低下するばかりか、アルゴリズムによってリーチ数が減少する可能性もあるといわれています。反面、匿名性の高いTwitterは「タイムリーであること」が優先され、速報的・即時的な投稿やコミュニケーションが好まれる傾向にあります。

そういったことを踏まえた上でも、自動連携のメリットはたしかに存在します。投稿の性格によって、自動連携させるもの、各SNSに個別に投稿するものを分けて運用していくのがおすすめです。

FacebookとTwitterを自動連携するメリット

• 時間的な運用コストを下げられる。
• Twitterの投稿数を増やすことができる(従来のTwitterへの投稿+Facebookから自動連携された投稿)。
• ユーザー層が異なる2つのSNSを少ないリソースで同時運用できる。

FacebookとTwitterを自動連携するデメリット

• FacebookとTwitterの両方をフォローしてくれているユーザーに同じ投稿が重複して届く。
• FacebookとTwitterでは文字数制限や好まれる表現の傾向が異なるが、SNSに合わせた表現の調整がしにくい。

FacebookとTwitterは公式サービスとしては連携できない

残念なことに、2020年10月時点では、Facebook、Twitterともに、公式サービスとしては自動連携の機能が提供されていません。Facebookのポリシー変更によって、Twitter→Facebookの連携は2018年8月に、Facebook→Twitterの連携も2020年9月までに利用できなくなったためです。

そのため、同時投稿したい場合には後述するようにサードパーティーツールを使用するしかありません。

サードパーティーサービス利用したFacebookとTwitterの連携手順

現時点で可能な同時投稿の連携方法は、サードパーティのWEBサービスやアプリを利用することです。例えば、HootsuiteBufferには無料版も用意されています。

以下、Hootsuiteを例に、会員登録からFacebookとTwitterの同時投稿までの手順を紹介します。

Hootsuiteを利用したFacebookとTwitterの同時投稿手順

Hootsuiteは、WEB版ほか、スマホアプリ(iOSAndroid)も提供されています。Hootsuite無料版でできることは、主に次の3つです。

• 1つのアカウントで最大3つのSNSを管理できる
• パブリッシャー機能:複数のSNSに同時投稿できる(予約投稿も可)
• ストリーム機能:各SNSのホーム画面や自分の投稿一覧などをHootsuite上で一元管理できる

まず、Hootsuiteの会員登録を行いましょう。Hootsuiteにアクセスし、画面上部のメニュー「Plans」>「Free」をクリックします。

「Sign Up For Free Plan」をクリックします。

必要な情報を入力して、「Create my Free Account」をクリックします。

アカウント設定画面に移るので、「Facebook」をクリックして、Facebookページを連携します。

Facebookを連携できたら、続いて「Twitter」をクリックして、Twitterアカウントを連携します。

アカウント設定画面の「続ける」をクリックすると、ダッシュボード(ストリーム画面)に移ります。

ここでは「ストリーム」の使い方の紹介は割愛しますが、ストリームでは、FacebookやTwitterのタイムライン、メンション付き投稿、任意のキーワードの一覧などをカスタマイズして表示・管理することができます。

FacebookとTwitterに同時投稿を行う際は、画面左のメニュー「作成」>「投稿」をクリックします。

投稿設定を行ったのち、「Post Now」をクリックします。(「スケジュールして後で実行」をクリックすると予約投稿ができます)

• ソーシャルネットワーク:FacebookページとTwitterアカウントを選択します。
• テキスト:Twitterの140文字制限の範囲内でテキストを入力します。残文字数が右上にカウントされます。
• メディア:Twitterの写真4枚、動画1つの範囲内で選定します。

「Your 2 Posts have been scheduled!」のメッセージが表示されたら、投稿完了です。

なお、予約投稿(スケジュールして後で実行)した場合は、画面右のメニュー「パブリッシャー」でスケジュール状況を確認できます。

Hootsuiteを利用したFacebookとTwitterの連携を解除するには

運用変更でFacebookページとTwitterアカウントの連携を停止する際をはじめ、HootsuiteからのSNS連携を解除したい場合は、次の手順で解除します。

画面右のメニュー「My profile」>「Social networks and teams」をクリックします。

「プライベートソーシャルネットワーク」から連携解除したいSNSの歯車ボタン(設定ボタン)をクリックし、「Hootsuiteから除外」をクリックします。

当該SNSのHootsuite連携が解除されます。以上で作業完了です。

まとめ

コンテンツマーケティングにおいて、SEOとともにFacebookやTwitterなどのSNSは非常に効果的です。しかし、多数のチャネルを運用していれば、それだけ人手も時間もかかります。
SNSごとの特性に合わせた投稿やコミュニケーションを行いながら、並行して必要に応じて自動連携(同時投稿)も活用していくことをおすすめします。

執筆者 / 監修者

ねぎお社長 (根岸雅之)
ねぎお社長 (根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top