ブログ

リダイレクトとは?リダイレクトの種類と設定方法

『いまさら聞けないリダイレクト基礎知識』を無料でダウンロードする
リダイレクトの基礎と実践の2部構成資料を公開しておりますので、ぜひご活用下さい。
https://document.satori.site/free-document/redirect/

Webサイトを長く運営していると、必ずリダイレクトの問題が出てきます。
今回の記事ではリダイレクトの基礎的な知識から、実際にリダイレクトを設定するための方法や注意点について説明していきます。

リダイレクトとは

リダイレクトとは、WEBページに訪れたユーザに別のURLを自動的に見せるためのしくみです。HTTPリダイレクト、URLリダイレクト、ステータスコードが301であることから、301リダイレクトと呼ぶこともあります。

301リダイレクトを行わずにURLの移行とファイルの転送を行うと、Googleの自サイトへの評価は消去された状態となります。
当然それまで獲得していた検索評価も失われますから、検索の上位表示も消えてしまいます。
そうなるとユーザーの流入の減少と離脱が起こり、致命的なダメージを被ります。
これを防ぐために行うのが301リダイレクトです。

301リダイレクトが「完全な移行」を意味するのに対し、302リダイレクトは「一時的な移行」を意味します。
302リダイレクトの場合、前のURLの情報は新しいURLに引き継がれず、そのまま旧サイトに残ります。
一時的ではなく恒久的な移行をする場合は、必ず301リダイレクトを選ことが必要です。

リダイレクトの方法にはさまざまなものがあり、使い分けが必要です。
自身のサーバー環境や扱っているファイル形式に合わせて、最善のリダイレクト方式を選ぶことが大切です。

リダイレクトの種類と設定方法

リダイレクトの種類と設定方法について、詳しく見ていきます。

htaccessによるリダイレクト

htaccessファイルを使ったリダイレクトは、SEOにおいて最も推奨される方法の一つです。

まずテキスタエディタを使って、適当なファイル名でhtaccessファイルを作成します(たとえば sample.htaccess など)。
作成したhtaccessファイルを開き、URLの移行(リダイレクトの仕方)に合わせた記述を行い保存します。

1.ページ単位でのリダイレクト
sample1.htmlからsample2.htmlに転送させるケースでの記述

RewriteEngine on
RewriteRule ^sample1.html$ http://www.tensou.com/sample2.html [L,R=301]

2.ディレクトリ単位でのリダイレクト
sample1ディレクトリからsample2ディレクトリに転送させるケースでの記述

RewriteEngine on
RewriteRule ^sample1(.*)$ /sample2$1 [L,R=301]

ほかにもhttpからhttps へのリダイレクト、httpsからhttpへのリダイレクト、wwwありのURLからwwwなしのURLへのリダイレクトなど、転送の形に合わせて記述を変えていきます。

記述が終わって保存した .htaccessファイルをサーバーにアップすれば、リダイレクトは適用されます。
注意点としては、必ず.htaccessが使用できるサーバーでなければならないということです。
それ以外のサーバーでは.htaccessを使ったリダイレクトは不可能になります。

phpによるリダイレクト

phpによるリダイレクトは、htmlファイルの先頭にphpを記述することでリダイレクトする方法です。

sample1.phpからsample2.phpに転送させるケースでの記述

<?php
 http_response_code( 301 ) ;
 header( "Location: ./sample2.php" ) ;
 exit ;

phpによるリダイレクトはhtaccessファイルの記述では条件分岐が複雑になってしまう場合に推奨されます。

javascriptによるリダイレクト

使用しているサーバーで http のリダイレクトができない場合は、代替としてjavascriptによるリダイレクトができます。

sample2.htmlに転送させるケースでの記述

<script type=”text/javascript”>
 <!–
 setTimeout(“link()”, 0);
 function link(){
 location.href=’https://(sample2.html)’;
 }
 –>
 </script>

この方法の場合、javascriptを無効にしているブラウザでは適用されないので注意してください。
そのためjavascriptを無効化しているユーザーを逃してしまう可能性があり、なるべく避けたい方法といえます。

meta refreshによるリダイレクト

htmlのheadタグ部分に記述し、リダイレクトさせます。
たとえば「当ホームページは移転しました。10秒後にジャンプします」という表示が出て、自動的に別のURLに飛ばされることがありますが、これはheadタグ内にリダイレクトの記述があるからです。

10秒後にsample2.htmlに転送させる場合の記述方法

<meta http-equiv=”refresh” content=”10;URL=’sample2.html'” />

10の部分を5にすれば5秒後に、0にすれば即座にリダイレクトされます。
Googleではサポートされていますが、基本的には推奨されない方法です。

Googleでは301リダイレクトによる転送を推奨しています。
301リダイレクトを使用することで「サイトが完全に移転された」という情報が正確に検索エンジン(Googleのクローラー)に認識されるからです。
301リダイレクト以外の方法でリダイレクト設定を行うと、サイト移転が正確に認識されない、重複サイト(ミラーサイト)と認識される、といった危険性が出てきます。
そうなるとGoogleからの評価も下がり、検索結果の上位に入れない、最悪の場合には検索対象から外れてしまうということも起こりえます。

そのためSEOという観点からは、サイトの移転には301リダイレクトが最もお勧めです。

『いまさら聞けないリダイレクト基礎知識』を無料でダウンロードする
リダイレクトの基礎と実践の2部構成資料を公開しておりますので、ぜひご活用下さい。
https://document.satori.site/free-document/redirect/





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

監修者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



SEOトレンドレポート

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

    1. 観測ワード数50倍!超大型サイトの健康状態を瞬時に把握可能になったアイスタイル様(@cosme)事例

      大規模なサイトを運営するweb担当者が抱えるミッションには、「サイトの健康状態をいかに明瞭に把握できるか」、「いかに社内共有しやすい環境を作るか」といった点が挙げられるでしょう。特にサイトの規模が大きければ、それだけ自然 […]...

      1. 2019年 新年のご挨拶

        新年、明けましておめでとうございます。 サクラサクラボを運営しております、 サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長の根岸でございます。 このブログの場を借りまして、新年のご挨拶を申し上げさせて頂きたく存じます。 皆 […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP